テーマ:プロセッサー

Surface Pro XはArm系プロセッサーのSQ1搭載……性能が9Tera Ops(オペレーションズ)ってA…

各紙が、Surface シリーズの新モデル主に3機種(2020年投入のSurface Neo Win10X版とDuo Android版2機種、及びPro X)の記事を書いている。ちなみに他にもSurface Laptop 3(AMD Ryzenモデル)、Surface Pro 7なども発表されている。その中で、実際に今回投入されるのはS…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

第10世代Core XはCascade Lake-Xで登場価格は大幅値下げ……エンスージアストでは最強だけれど、消…

PC Watchの記事である。Core Xシリーズの第10世代目が登場したというものだ。実際には10世代でもIce Lake/Comet Lake系のEP/EXではなく、SP系のCascade Lakeを選別した物であり、完全にパフォーマンスレンジとエンスージアストでは別物のコアといっても過言ではない。 https://pc.watc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Intel Comet Lake(14nmQP)版の第10世代Core発表……Ice Lake系(Sunny Co…

Intelが噂されていたというか、既にほぼ情報が出尽くしていて、悲観されていた14nm(++++/Quad Plus)版の10世代Coreを発表した。PC Watchの記事では、そのプロセッサーナンバーについての説明が記事になっているが、ASCIIやITmediaの記事でもこれが書かれているので、Intel側が配慮して説明したのだろう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第10世代(Ice Lake)と第8世代の基本スペックを比較する……やっぱりクロック周波数が微妙なプロセッサー。

Intelが昨日新型プロセッサーのモデルナンバーを公開し、本格的な出荷を開始した。8月末までに組み込まれた製品が発表される見込みとされている。ただ、予想通り製品のベースクロックは低く抑えられており、決して高いとは言えない。その分を、IPC性能の向上で補うとしているが、ベンチマークの場合であれば、多くの性能アップ効果はAVX-512によっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ice Lakeの型番発表……製品の出荷は8月末以降。

ASCIIの記事である。夜中に書くのは久々な気がするが、Ice Lakeの型番が正式に発表された。1068G7のクロックが2.3GHzと高めなのを除けば、総じて定格は低めだ。その一方で、定格に対して最大クロックはそれなりに高いというのは、以前に書いた通りだ。平均で動作するクロックはベースより遙かに高いと予想される。https://asc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アップル、インテルのスマートフォン向けモデム事業の大半を買収へ……但しIntelも……

CNETの記事である。Appleが本当にIntelからLTE関連事業を買収したようだ。しかも、設備込みという。但し、IntelはLTE事業や5G事業の全てを売ったわけではなく、どうもPCやIoT、自動車などに向けた事業に関わる製造開発の知財またはライセンス料を払うことなく製造設計する権利を保持していると思われる。https://japa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AMDが量販店市場でシェア68.6%。NEC PCがAMD搭載PCで躍進……量販店以外が今は多い。

PC Watchの記事である。元データはBCNのPOSデータ調査のようだ。なかなか強烈なデータとして出てきた感がある。ただ、現実の販売データを見ると、店頭販売シェアはかなり低下している。今やDellとHP、Microsoftがシェアの上位に食い込んでいるからだ。それを示すのが、ZDNETのその下の記事だ。 https://pc.wat…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3世代Ryzenが追い抜きを掛けるCPU市場……10nmを立ち上げられないIntel。

Intelがもたもたしている間に、AMDは七夕投入のRyzen(Zen2 Micro-Architecture)で攻勢を開始した。各紙のベンチを見る限り、ほぼIntelと同等以上に収まっており、前評判通りの性能となっている。弱かったAVX2(256bit SIMD)の性能が1ポート処理に対応したことで大幅に改善したことと、キャッシュの増…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Xeon PhiはGPUより速いとの主張にNVIDIAが真っ向から反論・・・最適化が重要

ちょっと前の記事で、気にはなっていたがずっと読みそびれていた。そして、今日読んで思ったことである。 結局どんなに最新のプロセッサでも、ソフトウェアプラットフォームが最新アーキテクチャに最適化されていないと、最大性能は発揮できないということだ。昔のように、古い資産でも徐々に性能が上がる時代はもうとうに終わっている訳だ。 <ハードを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米インテル、4─6月期は売上高が予想下回る PC部門低迷・・・苦しいが強い

米Intelの4-6月期の売上げは、PCが3%減少となったようだ。データセンターがその分頑張り、売上げは2.6%増えたが、予想は下回ったという。PC関連はかなり苦しい現実に直面していると思われるが、一方でクラウド関連が好調なデータセンターはどんどん増加する。そういう点では、ARMとは一線を画す。x86の強みである。 ちなみに、予想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CPUとGPUの違い、例えていえば?・・・これはちょっと。

ギズモード・ジャパンなのでこの程度なのだと思うが、MSNに載っていたので、読んだら残念だった。海外の記事だからこうなのかもしれないが・・・端折るにも、ちょっと方向が違う気がする。 http://www.gizmodo.jp/2016/06/cpugpu.html たとえて言うなら、作業の仕方だけで言えば、沢山のお猿さん(群れ)に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Snapdragon 830はOcta Coreで高速化

今年末(2016年)に量産開始(一般製品に搭載されるのは2017年)が予定されているSnapdragon 830は4+4のKryo 200へと更新される見込みのSnapdragon 830は、遂にCore i7並のメモリーバス幅(34.1GB/s)に達する。また、Adrenoはマイナーチェンジしクロックアップやクラスター数が増えると思わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kabylakeが7世代Coreを名乗るのは、何故なのだろうか?

既に、KabylakeのES(engineering sampling/技術評価>版が登場しているが、その型番がCore iの7000番台になることが決まったようだ。そのため、Cannonlakeは8000番台か、または別の名称が割り振られる可能性が高くなった。 チップセットも200シリーズになるが、このプロセッサはあくまで、Sk…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more