テーマ:災害

岐阜・長野で特別警報……木曽川水系飛騨川岐阜県下呂市上呂 で氾濫発生中

九州の次は中部地方・北陸地方(東海)で大雨となっている。既に下呂市上呂で氾濫が発生している。(以下-国交省防災情報より)以下で表示される氾濫情報は、河川管理者が氾濫の発生を確認した地点であり、氾濫が既に発生して暫く時間が経過していることもあるので注意すること。https://www.river.go.jp/kawabou/ipKozui…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あめあめふれふれ……とは歌えない時代。雨は九州だけで降っているわけではないことを忘れないで!

九州北部の大雨は、雨が今のペースで少しずつ落ち着いていけば、特別警報を解除できる方向に向かっているようだ。しかし、今後もまだ今まで降ったぐらいの雨が最大で見込まれるようで、本当に解除できるのかどうかや、解除しても再指定されない保証はない。何より、既に九州や中国四国の一部の人々は、十分に警戒している人の方が多いため(これで警戒しない人はど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州北部に大雨特別警報発令……これは、災害が既に起きている可能性もあるということです。雲は北東方向に中国地方も今夜…

7月6日16:30に福岡県、長崎県、佐賀県で大雨特別警報が発令された。https://www.jma.go.jp/jp/warn/ 尚、この情報は今後他の地域にも拡大する可能性がある。また、特別警報はレベル区分として、「災害がすでに発生していることを示す警戒レベル5」である。即ち、避難を開始ではなく、その場でも避難所でも確実に安全だと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡県、山口県で氾濫危険水位が増加……福岡で英彦山川が氾濫等……避難は夜が来る前に。

今、九州山口地域では恐ろしい数の氾濫警戒水位超えが出ているのだが、13時頃~今までの時間だけでもかなり情報が変わっていきている。この状況は、広島の安佐南や朝倉で大雨が洪水が起きたときなどの状況に似ているように見えるため、これから夜に掛けてどこかで熊本のような災害が起きる可能性が否定できない。 その辺りにお住まいの人は警戒を緩めず、特に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉で震度5、長崎では記録的短時間大雨情報、コロナ下で必要となる災害対応準備……

今朝千葉県で震度5弱の地震があった。午前4時47分、震源は千葉県東方沖、深度36kmでM6.1の逆断層地震だったようだ。尚、東日本大震災の余震ということになっているが、果たして今もそう言い続けてよいのかは分からない。 https://www.jma.go.jp/jp/quake/20200624195035392-25044751.h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島で震度4、岐阜県で震度4のやや強い地震……震源は福島沖の太平洋と飛騨高山。

気象庁の情報である。福島県沖で地震が発生したようだ。M5.3の中規模地震で、震源の深さは50kmと深いものだったようだ。さらに、岐阜でもM5.3、震度4の地震があった。 http://www.jma.go.jp/jp/quake/20200519032107393-19121722.htmlhttp://www.jma.go.jp/j…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全国で多い中規模地震…… 長野で震度4(Mw5.5)の地震

気象庁の情報である。長野でM5.5の地震があったようだ。最大震度が松本市の4である。 https://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_singendo_index.html この一週間で国内では、震度4級の地震が3度起きている。 4月18日に小笠原諸島(M6.9)で、4月20日に宮城や岩手県(M6.1)で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暖かい冬、山火事の夏 …… 日本は暖冬、豪州は山火事が収まらず。

ASCIIのMITテクノロジーからの転載(リンク)記事である。この記事が事実であるなら、今年の夏はさらに暑くなり、梅雨はもちろんだが、台風がもしもやってくれば、大きな台風になるかもしれない。 https://ascii.jp/elem/000/002/006/2006851/ <今年の冬は誰がどう見ても暖冬で……大変な事態> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NZ火山噴火で初の捜索、6遺体収容 死者14人に …… 観光立国は災害も事件も観光客を巻き込まないようにする対策が…

時事通信社の記事である。日本の火山噴火では高い山での噴火が多く、街にも近いが故に行方不明のままになるようなことも多いが、今回は火砕サージ(波動)に巻き込まれたようなので、海に転落していたりせず、火山灰の下深くに埋もれない限りは見つかると信じているが、見つかって欲しいなと思う。 https://www.jiji.com/jc/artic…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南国で深海魚捕獲 「日本では大地震の前兆」と騒動に……あっちは去年も今年も起きているから大変。

朝日新聞社の記事である。日本でも昔はリュウグウノツカイが揚がってくると(厳密には捕れるという意味ではない)、天変地異など異変の兆候だと言われていた。 https://www.asahi.com/articles/ASMDB4WRJMDBUHBI01Y.html?iref=comtop_rnavi_arank_nr01 別に地震に限っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NZホワイト島の火山噴火、付近に観光客約50人 1人死亡?行方不明が数十人……ホワイト島とは?

AFPBBの記事であり、速報のニュースである。ニュージーランドのホワイト島で噴火が発生したようだ。1人が重体→その後死亡に変わったという話だが、突然の噴火だったようで被害者はまだ増加するかも知れない。観光客が巻き込まれたようで心配な話である。 日本でも御岳山の噴火や本白根山の噴火などで多くの人が亡くなったり怪我をしたのが記憶に新しい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内海で震度4の地震……最近はどこでも起きる。震度3から4クラス。

気象庁は、本日(2019年11月26日)15時09分に瀬戸内海で震度4というやや強い地震があったことを発表した。今朝7時58分にも同じ地域で地震が発生しており、震源深さは10kmで震度3だった。 https://www.jma.go.jp/jp/quake/20191126061333493-26150916.htm そして、15時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最盛期を維持する台風19号……予想より強いまま北上中。

東海より東にお住まいの方々は、既に対策を始めておられるだろか?台風19号対策を……。この台風は、ここ10年で接近してきた台風では、災厄(最悪)の台風となるかもしれない。今年来た他の台風と同じような目で見ない方がよいだろう。もう2ランクぐらい上に見た方が良い。 以下は、気象庁の台風予想進路である。https://www.jma.go.j…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道でひょうを観測 山では雪で初冠雪も……そして、24時間以内に台風発生 三連休は沖縄や西日本・北日本で大荒れの…

WNI(ウェザーニューズ)の記事である。北海道で表を観測し、今週末の今月2度目の三連休は大荒れ予想というものだ。未だに、関東では被害の全容が分からないと言われているが、これから初動の遅さを今更取り戻そうと報道するより、淡々とこういう情報も出して行かないと、また同じようなことが起きかねないだろう。何せ、次の三連休で旅行(怖いのはこの時期の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉停電から学ぶべきこと。

千葉県の停電は、未だ20万世帯規模で続いているという、関東広域圏は人口密度が他の地方より高いこともあり、基幹線がやられると回復まで多くの住人や企業が、その影響を受けるというのが良く見て取れる。一方で、報道において全国への発信がまちまちなのは、洪水被害等とは違って扱い難いからなのだろう。まあ、関東では初でも、5日~1週間なら西日本では決し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

繰り返される大雨被害……増える線状降水帯。変わる西日本の気候。崩れる防災システムの常識。

九州北部地方(山口県含む)の大雨被害は今年も名前が残るものになりそうだ。ちなみに、記録に残るほど大規模な九州北部地方の大雨被害は、 2009年の九州北部・山口広島豪雨(山口県で老人ホームが土砂に飲まれた被害)、2012年の九州北部豪雨(熊本、大分で多くの人が亡くなった)、2013年島根県と山口県北部豪雨(過去最多の雨量を更新する豪雨と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月の世界気温、観測史上最高を更新 海氷面積は過去最少に……加速し始めた温暖化。

CNNの記事である。過去5年間の気温がベスト5に入っているとなると、寒冷化説は完全に否定されるだろう。もし、太陽活動が低下して、寒冷化している中で、このレベルなんてことになったらむしろ、元の状態に戻ったときに人類や地表の生き物は多くが死に絶える恐れがある。それほど、不味い状況になっている。https://www.cnn.co.jp/wo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風9号が直撃した中国東部、死者32人に……今年の台風は恐ろしい。今の速度コースだと10号は本当に危険だが……。

AFPBBの記事である。台風9号が中国東部で猛威を振るい、家屋の倒壊などから死者がかなり出ているという。台風9号の軌跡(きせき、通った道、轍のこと)を見ると、9号は12日06時現在も黄海の内湾にあたる渤海を980hpaで北東方向に進んでいる。ここまで、奥まで台風としての勢力を保ったのは、台風の中心の辿ったコースが中国東沿岸域で且つ台風そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日向灘(九州南東部)でM6.3の大きな地震……震度5弱を観測

日向灘でそこそこ大きな地震が起きたようだ。今朝からM5.6(07時43分/最大震度3)、M6.3(08時48分/最大震度5弱)、M4.9(09時07分/最大震度3)と連続して起きており、ちょっとこれまでの九州南東部で起きる地震とは、雰囲気が違うように見える。 気象庁の観測では震度5弱を観測したのは宮崎市松橋、宮崎市高岡町内山、都城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「フローレンス」ハリケーン通過後の米国で大規模洪水の爪痕

アメリカ東部のウィルミントンなど、ハリケーンが通過した場所は大洪水に見舞われているようだ。 あちらは、日本のように急角度で海に一気に流れ込む川は少ないため、鉄砲水のような洪水が起きにくい一方で、洪水が起きると水嵩が下がりにくいという特徴がある訳だが、今年は場所は全て違うものの米国では何回目かの洪水である。 日本だけで土砂災害や洪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚真町、新たな活断層が存在か……大地震が起きる場所は……

共同通信47NEWSの記事である。北海道厚真町(あつまちょう)で起きた地震の震源についての話である。ただ、これ今更専門家が言い始めているのであれば、そりゃあ予測出来ないだろうと思う。 https://www.47news.jp/national/science-environment/2750601.html <大きな地震が起き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の停電は電力バランスの崩壊が原因……発電所で火災と漏水も発生か。

朝日新聞社の記事である。どうも停電の原因は電力バランスにあったようだ。これまでこういう事態が日本で起きたことがあったとしたら、戦後にあったかどうか、戦前かも知れない。東日本大震災後の電力危機の時も心配されたが起きていなかった。近い事態が起きたのは、87年の関東ぐらいだ、あれは電力管内全ての停電には陥らなかった。 今回は、北海道電力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近畿地方で台風被害の次は北海道地震……都会も田舎も自然に翻弄。

午前3時台に地震が起きると、私は目が覚めることも無い気がする。いや、緊急地震速報のあのトラウマになりそうな嫌な音がなれば目覚めるだろうが、逃げる余裕があるかは分からない。 北海道地震は、震度6強(推定M6.7-最終は変更されると思われる)で海洋地震ではなく内陸地震だった。震源は胆振地方中東部(北緯42.7度、東経142.0度)で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風20号の脅威、日本海側はフェーン現象で猛暑も、その後が心配……今年は異常気象。

今年の夏は本当に極端な気象状況が続いている。西日本でも九州北部や中国地方の多くは雨量が8月に入って少ないところが多いのだが、恵みとは言えないかも知れない。 また、四国と北海道、東北北部は今年の夏、あまりよい天候状況ではない。四国は6月~8月で下手をすれば総雨量が3500ミリを超えるかも知れない。何せ、場所によっては6月と7月の始め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乾く大地を上空から眺める、豪州襲う干ばつ被害……どの国も食料難になりかねない。

ロイターの記事である。オーストラリア(豪州)の干魃について書いているブログ記事である。 https://jp.reuters.com/article/australia-drought-idJPKBN1KO0M9 <日本も異常に極端な気象現象が続いている> 昨年、日本は中国地方より西の地方で、カラカラ(記録的小雨)にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終わらぬ猛暑「30年に1度もない異常気象」……気象庁は何年続いたら暑さを忘れなくなるのか?

読売新聞の記事である。この手の言葉は大雨でも使われてきたが、最近の大雨では使わなくなった。特別警報の登場を機に50年に一度などの言葉を使っても、あまり警戒に効果がないからだ。何十年に1度とないことを、乗り越えればそれはある意味で英雄のようなものだ。 本来、良い意味で何十年に一度とない救世主や栄冠という使い方をするならよいが、災害や…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

消防庁熱中症患者数(平成30年7月22日迄)を分析する。搬送患者割合が多い県はどこか?

消防庁の熱中症搬送者数が昨日更新された。先週の推計患者数が出たのだが、22,647人という凄い患者数となった。これには、地域別のデータが伴っているので、どの地域で熱中症のリスクが高いのかを計算してみることにした。 http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList9_2.html まず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more