テーマ:プロセッサ

インテル、製造グループを3部門に分割する計画か……10nmは非常に順調……としか言えないのか。

CNETの記事である。インテルが内部での部門分割を行うという計画があるという内容だ。この流れは、最悪の場合、子会社分割をするための準備という見方も出来るが、果たしてどうなるのか? https://japan.cnet.com/article/35127174/ <非常に順調な10nmは悲痛な4年遅れ> この記事から言え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手のひらサイズのAndroid端末「Palm」……バッテリーと色があれだけど悪くない。

CNETの記事である。この製品の特徴は3.3インチHDディスプレイ(1280×720ドット、445ppi)で、62gという軽さである。そのため、欲しいと思う人も日本だと多いだろう。 ただ、これ日本で発売予定はなく、例え発売されても多くの人はこれをメインには使えないとガッカリするだろう。 何故か? バッテリーの容量が、取り外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Core i9-9900K/Core i9-9980XE登場……次世代前の最後のプロセッサになるか?

インテルが予てから予定されていたCoffee Lake Refresh世代のプロセッサを発表した。当初予定から2ヶ月ほど遅れたのは、製造ラインがカツカツになっているからだと思われるが、それでも早い方なのかも知れない。実際、今、Intelのパフォーマンスプロセッサはいずれも値上がり傾向にあるからだ。ただし、これはプレオーダー(予約)であっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蒔いた種に苦しむIntel……移行出来ない10nmプロセスと広げすぎたラインナップ。

インテルプロセッサは先月の終わりから急速に在庫を減らし始めたようだ。元々、プロセッサは一定期間先行量産してから、販売開始されるため、販売開始後に数量不足に陥ることはないが、実は今のIntelには製造ラインの余裕がない。 そのため、過去には無い形で製造ラインを増設し強化することになった訳だ。たいていは、目的に合わせてラインを転換する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Core i9-9900Kは10月か11月かそれより後か?

各紙が9月には出てくるだろうと予想していたCore i9-9900Kの登場時期は過ぎ去ろうとしている。 これは、どうもTSMCに半導体の一部製造を委託せざる終えなくなったことも影響しているようなのだ。まあ、こうなった原因は既に稼働状態になければいけない10nmの製造(量産)が未だに始められないからでもある。 本来なら14nm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AMD、TDP 45Wのモバイル向けRyzen 7と5を発表。

AMDがモバイル向けのSKUとして、TDP/45WのRyzenを投入したようだ。4コア/8スレッドで35W~のサーマル枠となるため、15.6インチモバイルノート辺りから使える製品となりそうだ。Intelを揺さぶる製品になるかどうかというと、まだ難しいだろうが、徐々にラインナップが充実し始めているため、そろそろ国内での採用も広がりそうだ。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

HiSilicon Kirin 980のスペックは凄いのか?

9月1日にHUAWEIがKirin 980のおおよそのスペックの一端(全てではない)について公開した。Snapdragon 845を遙かに凌ぐ性能らしいが、実際にはGPUのFP32性能(Mali-G76の推定クラスタ数10)は480GFlops程度なので、メモリーなどの帯域幅と容量で差別化することと、ベンチマーク最適化、ディスプレイ最適…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AMD、年内に新Ryzen Mobile投入を示唆……ラインナップでIntelに迫れるか?

PC Watchの記事である。既にRyzen 7 2700UというIntel対抗として十分な性能を誇るプロセッサがAMDにはあるが、さらに新しいプロセッサを用意しているようだ。新しいと言ってもZEN2は来年のはずなので、たぶんブランドラインナップの充実を図るという意味だと思われる。 2700より上位と、2600などの間を出してくる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京の100倍 スパコンポスト「京」心臓部開発……ちょうど100倍ならnVIDIAよりも。

朝日新聞の記事である。この通りの内容で、nVIDIAのTuringを遙かに上回るようなテクノロジーなら凄いのだが……何故今この記事が書かれるのか、他と比べずそれで良いのかなど思うところはある。 日本は昔から専用機の発想から離れられないから、シェアを取れない。そして、商売も報道も内向きで下手なのだ。その上国内は英語が読めない人等も多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GeForce RTX 2080登場……Ray Tracing eXtentions?最初のモデル。

先日QuadroのRTXが発表されたが、Geforceも11xxではなく2000番台としてRTXを発表した。レイトレに関するリアルタイム演算回路(RTX)を内蔵しているのが特徴である。これは、おおよそRay Tracing eXtentions辺りから名付けられたか、Extended辺りからRTXとなったのだろうと思われる。 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Snapdragon 855はブランドが……Snapdragon 8150になるかもしれない?

Snapdragon 855(SDM855)は、今年の末までに発表され、来年製品に組みこまれる見込みとなっているが、このSnapdragon 855に新たな噂があるようだ。どうも、Qualcommはこの855というSoCになる予定だったSnapdragonを4桁型番の8150にするのではないかという話が突如として一部海外ソース(hoth…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

nVIDIAの新型GPU「Turing GPU」は凄いのか?

GPU市場に新しい光がやって来たかのように結構取り上げられているが、空気として見ると昔のような熱狂がある訳でも無い。ただ、凄そうだという印象が広がっているように見える。まあ、それもそのはず、Turingは今の所Quadro向けにしか発表されていないのもあるだろう。 まあ、Geforce 1100シリーズは今月中に発表されるだろうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソニーのIMX586(4800万画素)のお話。

昨日、ソニーが第5世代のExmorシリーズIMX586を発表した。第4世代(IMX400シリーズ)ではDRAM積層でフォーカルプレーンを解消したが、第5世代では、第2世代の産業用(4/3インチ-IMX294CJK)で低照度撮影に革命を与えたQuad Bayerを採用するとのことである。 https://www.sony.co.jp/S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Surface GoのGPUはi5のSurface Pro 3より上……面白いので本当か比較する。

ITmediaの記事である。何となく当たり前っぽく見えるのだが、実はそうじゃない。 スペック表だけで見ると、実は第4世代i5の方がGPUの最大性能が高いのである。 少しこの点が気になったため、表を作ることにした。 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/16/news011.html…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Microsoft、10型で399ドルの「Surface Go」……法人向けでも5万円以上。

予想に反して、Kabylakeコアだった。廉価モデルは4GBメモリー、ストレージ64GB(eMMC)で399ドル(日本円で4万4000円台、実売で安くても4万6000円ぐらいだろうか)という価格。お安いかどうかは人それぞれだろう。Type Coverは別売りで99ドルである。Surface Penは100ドルである。これらが、全てセット…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Apple、MediaTekの5Gモデムチップを前倒し搭載?……そこよりも大事なこと。

ITmediaの記事だが、本当に噂の元としてはかなり信憑性が低いので、実際にそうなるかは分からない。元々これの大元となる記事を捕捉してるいるのは、こちらの記事である。Home Pod向けのWi-Fiを受注したという記事で、ここからAppleにラブコールを送っているというもののようだ。 http://www.itmedia.co.jp/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GPUを強化したSnapdragon 450登場Snapdragon 439/429他比較表。

今度は、Snapdragon 450が登場した。Snapdragon 439や429などと一緒に久々の表を公開する。 画像解像度は、1456×2023なので、適当に拡大して見て欲しい。 前回も書いたがchaos(混沌)状態である。 435の後継が450である。 427の後継は429となり、 439は430の後継とな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Snapdragon 632、439、429とミッドレンジを充実させるQualcommだが……

Snapdragonの新版が発表されたようだが、型番からどれがどの後継かは徐々に分かり難くなってきている。 Snapdragon 439は435の後継では無く、430の後継ということのようだ。ただ、GPUやCPUは性能が上がっているが、LTEモデムの性能は下がっている。 これは、結局高速な商用モデムの需要がないからだろう。各社通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まぢか?インテルのCPUに新たな脆弱性「TLBleed」……HyperThreadingの脆弱性?

CNETの記事である。どうもこの問題でOpenBSD側ではハイパースレッディングを無効にすると既に発表しているようだ。 https://japan.cnet.com/article/35121511/ そして、詳細な記事が売りのThe Registerの記事を読むと、オランダの研究チームが発見したようだ。、Intel Sky…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RISC-Vに切り替えるWestern Digital(WD)……ARMにとって笑えない話。

これは、先週のPC Watchの記事である。WDがファームコントローラーのMPUにRISC-Vを使うと発表したというものだ。 このRISC-Vは、オープンソースのRISCプロセッサを開発するプロジェクトである。元々はOpenRISC系のプロジェクトで、RISC-Vはその中の一つである。GoogleやOracle、 Hewlett …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Coreプロセッサにサイドチャネル攻撃の脆弱性……攻撃は難しいが止まらない。

PC Watchの記事だが、SpectreとMeltdownの後からずっと1ヶ月間隔ぐらいで新しいCPU脆弱性が発覚し続けているCoreプロセッサである。今、Core系のプロセッサを買うのは本当に得策ではないのだなと良く理解出来る。 https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1127769.ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Intel、2020年にdGPU投入?……何か掻き立てるのか?

PC Watchのやじうま記事なので、流動性があり実際にどうなるかは分からない記事だが、今になって出てくるというのが面白い。まあ、基本はデータセンター向けで検討しているようだが、クライアントが含まれているというのが、気に掛かる。むしろ、クライアントの本命だったりして。 https://pc.watch.impress.co.jp/do…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

W10 ProとフルHD液晶搭載で約35,000円の14型ノート……大量導入する企業向けではないよ。

PC Watchの記事だが、最近は低価格PCのお値段が上がっているのが良く分かる。Windows 10 ProではなくHomeとはいえ、CLIDE W10Aの頃は最安値2万5000円ぐらいで購入できた2 in 1の10.1型ノートもあったが、今は3.5万円である。Atomブランドが無くなった弊害は大きい。 https://pc.wat…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第2世代Ryzen Treadripperは32コア/64スレッド……Intelも追うか?

AMDが第2世代のRyzen Treadripperはこれまでの2倍のコア数へと増えるようだ。何というか、もう笑うしかない。AMDは物量で攻め続けるつもりのようだ。それに対して、Intelは28コア(TDP300W)を計画しているという話だったが、これまでの流れで言えば、無理をしてでも32コア以上をぶつけてくるかもしれない。28コアでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8086プロセッサ登場40周年記念に思う-ライバルの貴重さ。

PC WatchやITmediaの記事でIntelで公式に限定販売されるプロセッサの話だ。Intel Core i7-8086K Limited Editionというプロセッサ、4GHzで駆動しTB時に5GHzで動作可能となる。もちろんUNLOCK版なので、もっと高い周波数でも動くかも知れないが、公式に出る一般向けプロセッサではInte…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Qualcomm Snapdragon 850は845のPC向け選別かな、それよりもSHARP

QualcommがSnapdragon 850を発表したのだが、今回は表を出す予定がない。 この製品は、単純にSnapdragon 845の高クロック版だからである。だから私自身が興味を持っていない。 実は、この高クロック版はSnapdragon 835でも投入された。PC向けの製品は、スマホとは異なり、150MHzほど高いクロック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Cortex-A76がCPU市場の天下統一を果たすのか?……気になるのは発熱と消費電力。

というのを、登場した直後から考えている。以下のPC Watchの記事を読むとまるで欠点がない素晴らしいプロセッサに見えるが、正直、x86並に性能を上げて、発熱や消費電力が上がらないはずはないからだ。これは、物理的、論理的に考えるとクロック周波数を下げない限り無理な話だ。 https://pc.watch.impress.co.jp/d…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ついにNV(不揮発)DIMM誕生「Optane DC」……ただしデータセンター向け。

PC Watchの記事である。ついにOptaneによるNVDIMMが一部への出荷(テストサンプル向け)を始めたようだ。来年には本格的に販売する話となっているが、これはデータセンター向けであり、PC向けではない。 https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1124844.html https:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに登場したSnapdragon 710は凄いのか?

Snapdragon 710が発表されたようだ。そこで、毎回恒例のスペック表を公開した。一部のデータは推計値で算出している。今回からメモリバスのビット幅も入れているが、KirinやHelioの幅はちょっと、本当に正しいのかが分からない。他のGPUなどのベンチマークなどを見る限り、間違っていないと思うが、ハーフ帯域の可能性もあるので、注意…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more