阿蘇山中岳第一火口でやや大きな噴火…… 一次噴煙は3500mまで上昇し、火砕流は1km以上まで到達。

大きな噴火は、12時30分現在では、11:43の1回のみのようでここから永遠大きな噴火や噴煙が出ている訳では無いようだ。
尚、阿蘇山は今月にはいって活動が強まっており、直近で先週も小規模な噴火で噴石が飛んでいる。

そのため、今後活動が強まる可能性もあるので、付近の人はもちろん警戒するだろうが、これで終わりとは思わない方がよいだろう。
尚、噴火のサイクルは、何分何時間という周期とは限らない。数日、数週間を掛けて大きくも小さくもなることがある。この辺りは、気象庁などが設置している観測機材によってある程度予測出来るため、今後を知りたい場合は気象庁の阿蘇山に関する情報を定期的に確認するのが好ましい。

尚、現在、降灰予測が気象庁より既に出ており、熊本県の蘇市、高森町、南阿蘇村、山都町と
宮崎県の延岡市、高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町、門川町、諸塚村、日向市、美郷町で降灰予想が出ている。
これらの地域にお住まいの方は、車の運転や洗濯物を外に干している場合は、室内に取り込むなどの対応が必要かも知れない。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0