Tensorを搭載したPixel 6/6 Pro登場…… 仕様だけで見れば性能はSnapdragon 888をCPUではかなり、GPUでは同等か若干超える見込み。

SoCが独自設計になったGoogle Tensor SoCとTitan M2が搭載されたPixel 6が正式発表された。
SoCの仕様は、

CPUが8コア
Prime:Cortex-X1    2.80GHz Dual
Large:Cortex-A76  2.25GHz Dual
Little:Cortex-A55 1.80GHz Quad

となる。PrimeコアとしてX1が2コア搭載ということもあり、Snapdragon 888よりCPU演算速度は早いと推定される。

GPU部は
Arm Mali-G78 MP20となるようだ。
動作クロックは現時点ではまだ不明であるが、クロック周波数が750MHzオーバーでFP32換算の処理は1.8TFlopsを超えると推定され、800MHzなら2TFlopsになるだろう。これは、デスクトップ版のGeforce GTX 1050と同等であり、Adreno 660(Snapdragon 888/888+)と同等から0.4Tflops上回ると推定される。

実際にはベンチマークが出て来ないと分からないが、総合性能ではSnapdragon 888を超えることになる可能性が高い。
まあ、Snapdragon は間もなく次の世代が発表されるので、絶対的勝者として君臨できる時間は短いだろうが、コストパフォーマンス(製品価格)も考えるとかなり良い性能と言える。

Titan M2はセキュリティチップである。やることはTPM2.0の延長線上にある作業と同じである。これは以下のデータセンター向けに開発したTitanの発表Blog記事を読むと分かるだろう。Mでモバイル(スマホ)に対応したTitanのハッシュ処理の性能などを引き上げ、格納している暗号鍵の耐タンパー性の引き上げや、CPUやGPUを独自にしたことでセキュリティの適用範囲やM1までソフトウェアで行っていた一部の難読処理(暗号化)をCPUやGPUから引き継ぎ役割を広げたのだろうと推定される。


尚、TPUはPixel 4などと同じで、TensorFlow Liteを用いるEdgeTPUを利用していると思われる。多分Mali-G78の演算性能の空きを利用するのだろうと推定される。もちろん別途DSPを搭載している可能性も高いので、そちらと連携してという形だろう。
またモデムもSamsungと共同開発したオリジナルの製品が搭載されているようだ。
製造はSamsungのN5 Low-Power Early(5nm-LPE/EUVL)である。

ちなみに、ストレージホストコントローラーはUFS3.1に準拠する。
SDIOはこの製品ではスロットがなくサポートしない(SDカードスロットなしということ)が、SDIO(UHS-I)ホストは内蔵しているはずだ。


当初からスペックの予想は出ていたが、ハードの仕様としては良く纏まっており出来ているといえる。
強いて言えば、SDカードスロットがPixelシリーズにはないこと、カメラ部が飛び出ているのを嫌がる人もいると思われる。尚、GoogleはAppleと違って、カメラだけを売りにせず、Edge TPUを利用したオフラインでの売りまで加えている辺りが面白い。このスマホの市場では、Googleの方が面白いハードを投入していると言える。

ついでに言えば、Googleは今回のモデルで5年セキュリティ保守を正式に打ち出している。これまでは4年以上だったが、正式に5年(あくまで必ず保証する期限なので超える可能性もある)になったわけで、Qualcommのハードウェアドライバサポート都合による上限の壁を超える一歩を踏み出したのかもしれない。


今回のPixel 6はAndroidのブランドハイエンドスマホとしては平均的か少し安いぐらいだろう。
もちろん、中華スマホなどでもっと安い製品もあるが、Android 12の第一弾として見るとこの先のモデルは、きっと半導体価格値上がりなどの影響も加味した価格になってくるため、場合によってはさらに値上がりしている恐れもある訳で、下手をすればハイエンドでは一番安くなる恐れもある。

Snapdragonも11月12月には例年フラッグシップの新製品が出るので、この製品が888を超えたとしても、Android最強に君臨できる時間は4ヶ月~半年ぐらいであるが、とにかくGoogle Androidの新機能の全てをいち早く試したい人には良い選択肢だろう。

まあ、私の場合はPixel 5aぐらい安くないと買えないけれど……


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)