東京五輪ハコモノ、終わっても費用・費用・費用 存続求める声は3% …… 元々全部残せるものじゃないが……

朝日新聞社の記事である。


これは以前から分かっていたことである。私は東京人ではないので国が補填さえしないなら、後は東京都の有権者の中で決めてくれと言うところだ。一応、それでは寂しいので書いておくと、そもそも五輪で作った会場はどの国でも残すのは一部である。全部じゃない。
もっと言えば、1つでも残せれば御の字だ。

だから、国によっては新設をなるべく減らして、改修で何とかすることも増えてきているわけだ。
新興国でこういう競技場などがなければ全て残しても良いのだが、先進国ではそもそも既に沢山の施設があるという国も多いのだから、当たり前のことだ。

日本は、新設を沢山したからこうなったが、これは当初から分かっていた事である。そして、費用の見積もりが甘いとか、嵩むとか書かれているが、そもそも日本は物価上昇率毎年2%以上を国と日銀が目指していた中で、2012だったか13年だったか招致したときに計画した維持費用に、物価上昇を加味した計算をしていたならば、実は費用はあまり悪化していない状況だっただろう。


何故なら、日本の物価は殆ど上がってこなかったからだ。だから予想外があっても、十分に回せた可能性がある。
まあ、2022年現在では、スタグフレーションの目前か入っているのではないかと言われるほど、資源原材料高になり賃金が上がらない中でのインフレに陥りつつあるが……。それでも、ちゃんとこれらを計算していたなら、まだ計算以上に悪化することは考えにくいはずなのだ。

ということは、単純に維持費の計算に将来の物価連動を加えておらずそもそも本来すべき計算すら満足に出来ない落第点で計画したと言うことになる。だから、民間企業も冷めた目で見ているわけだ。自治体が望む保守や、処分(売却)、共同経営や管理などを持ちかけようとしても、「いやwww、そんな額じゃ無理だから(笑)」と嘲笑されることになる。

まあ、コロナ後に世界の状況がイベント拡大でもっと海外旅行をというような状況になれば、変わるかも知れないが、これから1年2年は完全に戻る事はないだろう。いや、この先はSDGsなどの目標があるので、温室効果ガス削減もある。下手をすれば、そういうものがエネルギー消費の足かせになり、国際社会の移動そのものが伸びない恐れもある。

そこに日本は子供の減少という問題があるので、巨大な箱物を維持するには、何か大きな国際イベントを毎年でも呼ばないと維持は難しいだろう。ちなみに、2025年には大阪でも万博があるが、果たしてこれも上手く行くのだろうか?Legacyとか英語で言っておけば、その時は格好いいのか、耳辺りが良いのかしらないが英語でごまかせるのかも知れないが、そもそも遺産や遺構は本来の役割をおえたものであり、本来なら償却済みとなり得る資産だ。それを、誰かが相続して活用したり、買い取って使ったり、はたまた放棄して捨てるのが遺産である。

世界遺産(World Heritage)などがポジティブに捉えられるので、それと同じように思っている人もいるだろうが、Heritageは有形無形で残したいと思うものだ。例えば、自分の思い出の写真とか、誰かから貰った端から見ればガラクタでも、思い出の品などもこれに該当する。

それに対して、Legacyは金で変えられるような資産(遺産)を意味する。だから価値があるなら運用し残すことを考え、価値が見いだせないなら放棄したり、取り壊したりするようなものだ。Legacyとして残すなら、金として価値があるものでなければいけない。

Heritageにしたいなら、誰もがこれは取り壊すべきではない税金を使ってでも維持するような未来の世界遺産になり得るものだとでも、言わないとならない。


<選手のために残すでは残す方向には向かわない>

残すつもりがあるなら、利益が出る方法を考えるのが妥当だ。それが出来るなら継承されるLegacyになるだろう。
しかし、出来ない場合は取り壊したり縮小するしかなくなるのが、Legacyだ。場合によっては使われることも無く朽ちていくことも有り得る。
そうならないために、残したいと思う人がどうするのかが大事だ。署名活動をして残そうとかではなく、活用するそこから価値が常に生み出せる状況を維持するために、何をすべきかが求められるのである。


私は存続するなとか、取り壊せば良いとは言わない。ただ、今のままだと数年後、10年後などに選挙でこういう施設の廃止を売りにする政治家が当選し、消えていくことになるだろう。だったら最初から処分してれば赤字を垂れ流さなくても良かったのにとかいう話になる。だから、残したい人がいるなら、少なくとも赤字を最小に留めるための価値でも、示すしかない。スポーツ振興のためというなら、そういうのを売りにしている企業や資産家が自治体が取り壊しをする前に、買い取れないか打診するのが妥当である。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0