ヒグマ相次ぎ市街地に 保護策で警戒心薄れ―被害最多、駆除強化へ・北海道……駆除だけでは人が怖いと学習しない。

時事通信社の記事である。


この問題は、北海道だけの問題ではない。そもそも、野生動物が人間の生活圏にやってくる最大の理由は、餌があるからということの他に、人間が怖いという認識どころか、人間より自分の方が強いと彼らに思わせる行動をしているからだ。

元々は、人の世界であるなら、人は逃げるのではなく、野生動物と戦わないといけないと言うことだ。その上で、追い払うことが大事なのだ。絶対にやってはならないことは、追い立てて森に一定数は戻すことであり、全頭処分してしまうと、彼らはいつまで経っても人の世界に降り続けることを止めないという点だ。何故か?理由は簡単だ。

Aさんが新天地を目指して旅立ったとしよう。Aさんが帰って来ない場合、人はどういう行動をするかというと、Aさんを探しに行くというのと同じだ。Aさんが命からがら帰ってきて、こんな怖い目にあったぞと言えば、多分侵略戦争でもするような民族でなければ、そこに向かうのは避けるようになる。

そういう継続的な野生動物の教育(脅し)もわすれてはいけない。やらないと不幸だけが増えるだろう。
これは、猿とか鹿でも、ツキノワグマなどでも言えることだ。特に若い雄や雌の熊であれば、そういう対処をすると、里に下りて来なくなる可能性がある。

まあ、全ての個体をそうしろとは言わないが、追っ払える範囲にいるなら、多少の痛みを与えたうえで追っ払う個体もある程度用意することである。
熊避けの鈴などが効果があるというのは、この手の追い払う手をしっかりしていれば、熊は人を早めに察知して逃げるからだ。その効果も既に熊世界では世代交代(観光客の餌やりなども含む)でなくなっているのだろう。


日本は今、子供が減り高齢者が増える状況にあり、人の生活圏を増やして行くことが難しくなってきている。むしろ、現在進行形で里山が荒廃するなかで、猟友会も高齢になり、存続不能で解散しているところも多い。そのため、町の手前で、止めてくれる人がいないという事態になっていくと同時に、人々も怯えから、徐々にただ殺せばよいという発想になっていく。本来は、町の手前で追い払える人がある程度必要であり、その中で危険なものを処分出来る人が求められるのに……。

そういう部分をこれから、どのように若い人から育てていくのかが求められるだろう。

本来は、そういう部分も含めて、報道してこそ未来の安全や共生に繋がるのだが、今のままでは、減らすことすら満足に出来ずに、徐々に彼らの生息地が町に増えていくだけになるかも知れない。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い