コロナと五輪に埋め尽くされる報道が嫌なら、ニュースはここを見よう。

報道の五輪重視ムードはどんどん酷い方向に向かっている。それに合わせて人々もそっちに流れていく。
ちなみに、我が家では、五輪を生で見る人がいない状態なので、昼間も夜もテレビが点灯している時間が減ったようだ。

結果は多少見ているが、五輪はみるつもりが我が家にはない。それは話題性がないと思われるだろうが、別に、五輪を楽しんでいる人を嫌っているわけでもないし、その話を聞かないとかそういうこともない。単純に放送の仕方が嫌だから見なくなった訳で、それを人に強要する気もない。そもそも、この話題を話すにしても知らなくても良いのだ。むしろ知らなければ知らないで、話してくれる人はいる。それで十分だと私は思っているし、別に見たくもないものを見てまで合わせる気はないが、会話として聞いて楽しめる方法があるのだから、それで互いが満足できるなら十分である。

日本はそういうところもだんだん壊れて強迫観念のようになっているのが本当に心から気持ち悪い。それこそ、五輪報道が嫌な理由だ。

テレビなどでの報道が過熱する中で、
我が家始まって以来のテレビ依存からの脱却が起き続けている。まあ、無用な習慣がこれから減っていくならよいことである。

しかし、どうしてもニュースは見たいものだ。
そんな中で見ることが増えるのは、五輪があまり扱われないニュースになるわけだ。

具体的には各通信社の社会面

産経のWESTのインデックス

ブルームバーグやロイターの経済通信の記事。

流通ニュースとかも平常通りだ

日経も五輪はあまり扱っていない。



まあ、家は前回大会から極端に報道する様に嫌気が差して、みなくなった側なので、今回のコロナがどうこうはあまり関係ないが、報道がこのスタイルで良いと思っている人が多いのは残念ではある。まあ、昔のようなしっかり報道してその中に、スポーツの枠が少し長くあるというスタイルにはもう二度と戻らないだろう。その重要性に気付く人が増える時代が私が生きて居る間に来る可能性は低いだろうから、私はもうあまり気にしないことにした。


まだ、2週間ぐらい五輪はあるようだが、興味が無い人は、五輪に関係ない記事が多いサイトなどを見たり、読書などをして過ごすのが良いだろう。
YoutubeやAbemaなどでも五輪以外の映像コンテンツはある訳で、文句を言うよりいっそ他に目を向けるのも大事である。そうすれば、ストレスフリーになれるかもしれない。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス