「ACC」のせいというウワサも! 高速でやたら「ブレーキランプ」が連灯するクルマを見かけるワケ…… 上手い下手の話ではないけど。

WebcarTOPの記事である。


私はあまり高速道路を走らないので、ブレーキランプが高速でやたら点灯している人というのを見た経験は少ないが、そもそも走行中に渋滞などがなければブレーキを頻繁に踏むことが私の場合ない。もちろん、赤信号や、脇道の多い住宅街の道路などではブレーキを使う事の方が多いかもしれないが、少なくとも昼間の大きな道で流れがしっかりあるならブレーキを踏むのは咄嗟の時と止まるときぐらいで十分だと思っている。

まあ、こういう運転者の怖いところは年取った時にアクセルとブレーキを踏み間違える可能性があることぐらいだと思う。アクセルの方に足置きっぱなしがありそうで……。それが、一番私の心配事である。

ちなみに、ブレーキをパカパカ踏むから下手なのかというと、そういう訳ではない。これは、運転車の一部に見られる誤った認識であると私は最近思うようになった。別に平坦な道であるならばブレーキを使う事事態が悪いことという訳では無いのだ。

ただ、安全な制動確保の都合上、好ましくない場所もあるというだけで……。

<ブレーキの使い過ぎが事故の原因という例は以下>

では、何故ブレーキを使い過ぎるのを悪いかのように言うのかというと、メンテナンスコストが上がることと、下り坂などでのブレーキ応答性の低下懸念があるからだ。

長い下り坂などで排気ブレーキやエンジンブレーキではない油圧を使ったブレーキを頻回に使うとブレーキ制動が低下する現象が起きる。ブレーキオイルがブレーキパッドの摩擦熱などによって過熱気化し、フットブレーキが伝えている油圧による圧がブレーキパッドに十分届かなくなるのだ。要は、ブレーキの踏み込みが運転車の足下だけで終わりブレーキまで届かずに抜けていくのだ。

だから、長い下り坂で、停車目的でなければブレーキを可能な限り使わずに、シフトダウン(AT車ではSや2、Lなどにシフトを切り替える)で対応するのが好ましい。もっと言えば、このような運転が出来る人は下り坂で、必要な距離の車間を保つことが出来る安全運転者となる。本来は、下り坂においては傾斜角度などにもよるが、車間距離を通常より多めに確保する必要があるが、ブレーキ操作が多い人は、それをしない人が多いので気を付けた方がよいだろう。

これは、教習本には今も書かれているはずで教習所で習うことであり、基礎の基礎である。

下り坂以外でも起きるのではと思う人がいるだろうから一応書いておくと、下り坂が問題なのは、ブレーキしか使わない人は、速度を一定にするためにブレーキで速度を調整することにある。アクセルオフでもスピードが上がるから、ブレーキ踏む、そのブレーキを下り坂が続く間踏み続けていると、油圧ブレーキなら気が付かないうちに徐々に制動が落ちてくるので、無意識にブレーキペダルを少しずつ強く踏んでいくようになる。

そうやってべた踏み近くまで行き明らかに抜けた時に気が付いたら、手遅れになるというケースが昔は良くあったのだ。だから、好ましくないというより、エンジンブレーキなどで対応出来るならそれで減速比を稼ぐことが一般であるべきという話なのだ。

平坦な道だと、流石にずっと踏み続けることはないし、そもそもブレーキの効きが低下したと分かったら、走行を止めるだろう。坂道では、ブレーキがないと止まることが出来ない※。だから、停車用のブレーキは停車またはそれに相当する減速が必要な時にはなるべく使わない方が良いということなのだ。



まあ、たいていはSモードや2、一部車種である程度強いものを掛けたいならBに変更するだけでエンジンブレーキが十分にかかるので減速するし、燃費という点でも、ブレーキよりこちらの方が、オルタネーターの充電やPHEV、HV、EVの走行バッテリー充電などにおいて回生能力が上がる車種も今は多いので、効果的である。尚ブレーキでは全て摩擦熱として消えていく。

そういう意味で、減速比/加速比が変わるシフトダウンで速度を落とすというのが経済性でも安全性でも好ましいのが坂道なのである。

まあ、最近は車両性能や機材性能、利用するオイルの品質なども向上しているので、メンテなどでよほどのミスを犯しているか、または整備不良、後はよほど短時間で坂道を登ったり下ったりを繰り返したり、制限速度を大幅に超過して急発進急減速をしていないなら、完全にブレーキが効かなくなることは無いだろう。まあ、夏場は路面温度もかなり上がっているので、他のシーズンよりも気を付けた方が良いかも知れない。


これを気を付ければ、どれぐらいブレーキを使っていようが問題は無い。


<シフトの挙動は知っておけば、緊急時の手数を増やすことに繋がる>

他にあるとすれば、ブレーキを頻繁に使えばブレーキパッドなどの摩耗が早まることと、ブレーキランプの点灯回数が多いと球切れ(ランプの寿命)も若干早まるかもねということ。安全面で言えば、ブレーキを多用する人は車間距離が狭くなりがちな人が多いこともあるかもしれない。車間が凄く開いているのに、ブレーキを使う人もいるので、絶対ではない。


といったところだろう。

尚、車をあくまで移動手段として買っていて、AT限定などで使っている人の多くは、シフト切替などしなくなる人が多い。最初からしない人も多いものだ。その最大の理由は、しなくても運転は出来るからだ。そして、それが分かればいちいちシフトポジションは変えないものだ。面倒くさいし、そもそもどういう挙動になるか分からず操作をするのが怖くなっている人もいるはずだ。

そういう操作を試したい慣れたいと思う人は、時間に余裕があるときなどに、平坦な路面でシフトを切り替えて見るとアクセルオンの挙動やオフの挙動が分かるだろう。シフトを変えると、エンジンの回転数は上がるので、車体ノイズやエンジンノイズは増え、加速性能が上がる。一方で、アクセルオフの時の減速比は上がる。だから、坂道発進や、沢山の荷物や人が乗っているときに、減速ギアで発進すると通常の加速と同等かそれ以上の加速を得られる事もある。

その代わり、平時に多用すると燃費は落ちることが多い。

また、L(1速)ギアは、徐行目的の場合には使えるだろう。長い徐行指示の道路を何らかの理由で走る場合には良いだろう。
悪路走行ではLに入れることで、タイヤの空転や滑りを抑えられる場合がある。

こういう操作を覚えていくと、もしかするとアクセルとブレーキを踏み間違えたときに、シフト操作(PやNに入れるとか)で対処するという方法も思いつくかも知れない。

まあ、好きじゃ無ければやらないことであり、上手い下手というより、単純に今の車両はDポジで走行に十分な性能を発揮するから、使う機会が減っているというのが現実である。使って違いを知れば、使いたくなる人も増えるはずだ。本当は上手い下手では無く、どういう時に使うべきか、使うとどんな効果があるのかを広めていくことこそが求められることなのだろう。




※パーキングブレーキもあるが、これは停車した後にタイヤをロックするためのブレーキである。走行を止めるためではなく、停止状態を維持するためのブレーキであるので特性が違う事に注意が必要。惰性走行(エンジン走行オフ)の場合、時速5~15km前後までなら停止制動効果が望めるかもしれないが、このブレーキは最大時でもフットディスクブレーキよりブレーキ制動がなく、一方で加熱しやすい構造なので走行中に意図的に使うのは避けるべきである。通常のブレーキが故障した場合などには、速度を1速(Lowレンジ)相当まで落とした後に使うと止められる可能性がある。
このブレーキは走行中に長時間使うと火災の原因になったり停止状態を維持出来なくなる場合がある。
通常は走行中には使わない。尚、間違って一瞬使ったぐらいで壊れるものでは無い。

まあ、坂道ではパーキングブレーキを使っていても状況によって動いちゃうことがあるので、停車時間が長いなら車止めが必要とされていることも、実は多くの人が忘れがちな大事なことである。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0