現陽性は微増を維持、北海道を除く、関東は以北は増加傾向 …… ワクチンにはPfizerの出荷済みワクチン回数を追加。

昨日も全国で見ると現陽性は増えたが、凄く深刻なペースで増えている訳ではない。
何故なら、北海道や沖縄、関東以外の西日本の多くで減少が続いているからだ。

深刻になってきているのは、第4波が過去最多にならなかった東京を含む関東である。
東京は、alpha株の増加が大阪に比べて遅かったが、今回のDelta株(インド変異)では、流行の最先端を進んでいるようだ。
このまま感染が増え続けていくなら、東京発の感染爆発が近いかもしれない。

今日はこれに関しては余り書くことは無い。関東で増加が起きているのは、春の増加が大阪起点で、東京は少なかったのも影響しているからだと私は思っているし、オリンピックやるんだから、動けや騒げやモードに入っているのもあるだろうから、当然と言えば当然だ。それだけのことである。そもそも、推定していた反転ポイントにほぼ合致しているので、大変だ~という状況でもない。

当然の予測が当たって当然の結果を示しただけだ。まあ、現実を見るとワクチン効果があるのだろう。人手の割には抑えられているように見える。
それだけである。
20210701A.png20210701B.png20210701C.png20210701D.png

20210701F.png20210701E.png




最後にワクチンの話だが、先月末の読売新聞社の記事を読んで何か、接種速度が落ちるかもという雰囲気の記事が書かれていた。
このBlogで実際の状況を日々見ている人は分かるだろうが、接種速度が落ちる兆しはないし、集計速度が特別おかしくないなら、そうなる見込みもないのだが、政府の方針がコロコロ変わり応対や説明が悪いのと、新聞社や記者の記事の書き方にも問題があるのか、不安ばかりを与える内容になっていた。


政府が対策をマズっているのは確かだが、少なくとも高齢者接種などに関しては、既に必要数量は出荷されている訳で、既に初回接種を受けている人が影響を受ける事はない。接種を受けていない人で職域接種などの予定に入っている場合は、接種計画がずれ込む可能性があるだろうが、この場合でも既に予約済みでというケースはまだ少ないだろう。一部自治体の接種では取り消し騒ぎがあるようだが……。これは何故そうなったのかの経緯が不純で良く分からない。

尚、今の接種速度を前提に言えば少なくとも今月いっぱいから来月いっぱいは、今あるワクチンをちゃんと回せば接種に問題が生じることはないはずだ。理論上は……。そういう点を含めた集計を加えたのが以下である。


20210701V2.png


大事なのはワクチンの供給数の項目にあるPfizer(Modernaは現在の出荷量が分からないので、含めていないが9月末までに5000万回分である)、週間接種数から計算した接種完了見込みの数字だ。7月30日の段階で接種対象人口の33%で今の状況だと接種完了し、8月27日に47%に達する見込みなのだが、今週までの政府から供給されているPfizerのワクチンだけで、実は39.05%~40.47%のワクチンが全国に供給されている。
今月末までにさらに8%~9%ほどの人口をカバーするだけのPfizerワクチンが供給される見込みなのだ。

今Pfizerだけで残っているワクチンは、推定残数に書かれている数字になる。大体残っているのはこれまでの接種数から見ると1ヶ月分を切るぐらい残っている。即ち、Pfizerの供給が減るから、今月末までに接種が出来なくなるとかそういうことも本来はないはずなのだが、一部の自治体で十分に貰えていないという声が聞かれるわけだ。実際には、Pfizerの供給量は下記の通りに出荷していれば、何も変わっていないと思われる。


これ以上求められても、計画数量以上は供給できないのは当然だ。ただ、今ある分がまだ残っているなら、少なくとも全国の必要な場所に分配すれば、7月いっぱいは支障が無い程度に供給できるだろう。問題は、この十分にあるはずのワクチンを自治体同士で取り合っているから問題なのだ。政府も含めて信用されていないし、自治体同士も信用して融通し合う気がないのかもしれない。

大阪府知事が大阪が優先だといったのもそれと同じだが、人口が多いから接種に携われる医者の数、場所も多いかというとそうではない。
今日接種出来る現場が全国のどこかにあるけど、ワクチンがないという場所があり、且つ人々は接種を望んでいるというところがあるなら、そこにワクチンがあることが望ましい。しかし今は皆打算で動いている。ワクチンだけを確保していたいと思っているような感じだったり、ワクチンがないから予定通り進まないじゃないかと言ってみたりするわけだ。

でも、どんなに頑張っても供給量以上にはワクチンは接種出来ないのだ。だから、ある分を、円滑に回すしかない。ため込まずに欲しいところに回せということだ。

本来は、そういう記事が書かれなければならないのだが、ただ不安を煽るだけ煽った記事になっている。
こうやって本当に問題になっている部分を書かずに少ないかも知れない事を書いているのだから。実際には今月のPfizerから供給があれば、1.5ヶ月分ぐらいワクチン残っていることになる。

そういうのをまず伝えないといけない。

続いてModernaの話である。読売などの記事の問題点は殆どがこれである。

Modernaは契約上は5000万回分を9月末までの供給で契約しているようだが、いつどれだけ供給されているのか供給内訳は分かっていない。今打ったと判明している数は115,2174回(7月1日時点の情報)である。既に9月末までの出荷だとすると、3000万回分ぐらい届いていると思われる中で、115万回しか接種に使っていないのだ。

だから、Modernaを広域の集団接種会場向けに振り向けることにした訳だ。
そこまでは、良かったが……それに職域接種も加えたのが不味かった。

そこで申請した事業者の数は、6月20日頃で3600を超えている。問題は、希望する数量だ。20日頃で1500万人弱のワクチンを希望していた。それが、10日で3600万を超えている。何が問題なのかというと、これ6月20日の段階で1会場で4166人接種する計算なのである。3600の事業者に産業医がそれほどいるのか?一日に何人接種する計画でこれを出しているのかという疑問符が付く内容である。

その結果、本来自治体の大規模接種会場で医者や看護師を数名用意して行う接種が出来なくなる恐れが出たため、見直しが掛かっているというのが今の現状だ。しかも、これの一番問題なのは、大規模接種会場の方の供給が滞る恐れがあることだ。職域はある企業などに限定しているため、公平性がある訳では無い。だから、職域は自治体の大規模接種会場などの接種をしても残る分を回さなければいけないはずだが、それが出来ていないことを本来は問題視しなければいけない。

何より問題なのは、接種にブレーキが掛かっている訳では無い。単純に接種をしたい事業者を増やすことに対して申請受付を止めて精査が掛かっただけだ。これが、見直されたからと言って、今の段階で接種数が急減することはないと思われる。
問題ない事業者は、若干時間を置いても申請が通るはずなのだから。

だが、そういうのを各社のワクチン関連のコラム記事はちゃんとそこに言及せず、各地の不満だけを集めてコラムにまとめている。
結果、新聞を読む人などが、やり場のない不安と不満を感じること二なり、好き勝手に考えるようになるだろう。

確かに真面目に申請した事業者側から見て政府の対応を問題視するのは当たり前だが、予定より多くの申請が来れば止めるのも、精査をし直すのも当たり前である。その点を整理して、何が起きたからどうなっていて、誰に不都合が有り得るのかを書かないと、結局不安を煽るだけである。

はっきり言うが、今の段階では当初の予定より別に、全体の接種が遅くなるわけではないと考えて良い。
Modernaのワクチンが職域で偏って分配されている可能性はあるので、それが見えたから今見直しを掛けた状態にあるのだ。これをそのまま許せば、本当に遅くなることも有り得る。だから止めたのだ。そう考えると、申請したらすぐ接種出来ると甘い見通しで見ていた企業組織は、その願い通りにはならない、本来やるべき審査をする状況に戻るだけである。

これは、行政として当たり前の行動であり、ここを非難するような文面になってはいけない。
まあ、最初にこのような事が起きることを予想して、準備せず混乱させた事に関しては政府が悪い。このぐらい考えて置けば良かったというならその限りではないだろう。


要は、ワクチン接種は当初の予定より進んでいるということだ。
その中で、想定したよりも求める数が多くなりすぎて、精査が必要になったのだ。要は、制限速度50kmの道路を100kmで走る勢いなのに、そこでブレーキを踏むのを問題だと言っているのと同じだ。もちろん、既に60km~70kmぐらいまで加速している状況(一部の集団接種会場でワクチンの目地が立たないという話もある)ので、そこを問題(遅すぎたこと)だと言うなら正しい、しかし、早すぎて危険な速度を抑えることが問題かのように書いてはいけない。


20210701V1.png



政権が良いかどうかは別の話として、報道側における日本のコラムは年々腐ってきている。

何がかというと、僕から見た、私から見た悪い所自慢みたいな記事が多いのだ。記者って言うのはそれが仕事だが、コラム(論説)の場合は少し違うのだ。
どこに問題があって、何をするべきか、我々はどう考えるべきかを説明するのが論説(コラム)である。

僕から見て、あれは悪い。だって、匿名のあの人もこう言っているとかいう記事も年々増えているが、名前も出せない相手に取材して載せるなよというのも増えている。

何がいけないかも書いておくと、ななしさんが言う言葉は、所詮ナナしでありいないも同然だ。特に政治や組織などの現場では……何故なのか?
自分が最前面に出て戦う気がないからだ。即ち、ななしさんはは、表で人を持ち上げて、裏であいつ嫌いと言っているだけの人と変わらないのだ。

そんな人を、あなたは持ち上げたいと思うだろうか?たいていの人は、その人は器じゃないと思うだろう。
即ち、そういう人に取材しても意味がないのだ。しかし、そればかりになっていくのは、結局、本当の意味でジャーナリストでも記者でもないからだろう。

だから、コラムも抽象的な内容になっていくのかもしれない。
どんどん国民もそれを読んで、じゃあどうなるのかが分からないままになる。不安になるのだ。少なくとも名前出しのコラムは、ぼやぁ~とした雰囲気で、不安を煽ってはいけない。それが良い結果になるとか、悪い結果になる可能性があるという根拠もなく気持ちだけで煽動してもいけない。ある程度、現在存在する情報から、事実を分析してそこから問題提起なり、理想なりに導くのが、コラムである。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた