月曜日の現陽性は減少、但し東京都内で二重変異株検出……N501Yと同等の感染力で、今の対応水準なら90日~100日後に今の水準以上の感染も。

昨日、官房長官の会見で21人、インドで猛威を振るっている二重変異株が見つかったそうだ。そのうちの1名が、都内での市中感染だったことがわかり、またも外からの侵入を許す形となった。ちなみに、当該のウィルスはN501Yと同等かそれ以上の感染力があるとされ、ワクチンの効果も若干下がるとされるウィルスである。


尚これで日本には世界の危険性が高いとされるウィルスは全て入ってきたことになる。
まあ、こうなるのはある程度予想されていたことである。それは、これを見ると分かる。
厚労省が出している入国検疫で陽性だった渡航者の数である。日別で約1年2ヶ月ある。これまでに2600人が引っかかっているが、引っかかる人がそれだけいると言うことは、透過している人も沢山いることを意味している。

それが、今回二重変異株21人という数字で出た訳である。緊急事態宣言の全国発動も出来なければ、補償も未だ斑模様で、規模に合わせていない。さらに、水際対策と称している対策は、穴だらけで3ヶ月で既存株を置き換えるほどに広がったという実績は、このままだと次(二重変異)でも変わらないだろう。その場合は、多分、90日後から100日後に今回と同じような状況になるということを意味している。

今回抑えが上手く行くかも分からないが、それが止まらない状況だと、次はもっと猛烈かも知れない。まあ、後はワクチン次第だがワクチン計画も、感染増の懸念から一部の自治体で後ろズレが起きているのも現実である。まあ、いつかは皆接種出来るだろうが、今の政府や自治体の感染対策状況だと、予定通りに行くとは言えないだろう。


本題である。

月曜日の集計は、基本的に減少するが、昨日も確実に減少した。
ただ、減少幅はそれほど大きくない。これは、大阪が未だに増えている事が影響している。大阪はそろそろ減ってきてもよいはずだが、病床が足りない状況が続いているため、症状の改善がすぐに見込める時期を過ぎて入院する人が増えて居るのかも知れない。

そして、それを示すように重症者は今も急拡大が続いている。尚、昨日の大阪の死亡者数は15人、全体の48%にまで達したが、
こちらも少し伸びの速度が上がっているように見える。
後は、九州地方や中国・四国地方などで増加が見られることだろう。北海道も増加傾向がある。

20210426A.png20210426B.png20210426C.png20210426D.png20210426F.png

2週-画像はこちら

現在陽性の推移(2週)
 
差分増減\戻り日
当日
(処理中)
1日前2日前先週2週前
都道府県1日前
2日前
1週間前
2週間前
4月26日4月25日4月24日4月19日4月12日
全国-512 (099.06%)
793 (101.49%)
10,970 (125.56%)
22,537 (171.89%)
53,88754,39953,09442,91731,350
北海道71 (105.36%)
140 (111.15%)
365 (135.40%)
528 (160.83%)
1,3961,3251,2561,031868
青森県-27 (089.53%)
-19 (092.40%)
55 (131.25%)
109 (189.34%)
231258250176122
岩手県-2 (097.44%)
6 (108.57%)
27 (155.10%)
-22 (077.55%)
7678704998
宮城県-56 (091.88%)
-73 (089.67%)
-250 (071.72%)
-461 (057.90%)
6346907078841095
秋田県-5 (092.75%)
-7 (090.14%)
8 (114.29%)
21 (148.84%)
6469715643
山形県13 (107.14%)
13 (107.14%)
-46 (080.91%)
-75 (072.22%)
195182182241270
福島県2 (100.61%)
-7 (097.94%)
58 (121.17%)
38 (112.93%)
332330339274294
茨城県-16 (097.71%)
5 (100.74%)
119 (121.14%)
229 (150.55%)
682698677563453
栃木県-10 (095.22%)
8 (104.19%)
30 (117.75%)
-23 (089.64%)
199209191169222
群馬県2 (100.64%)
21 (107.17%)
42 (115.44%)
95 (143.38%)
314312293272219
埼玉県-119 (094.47%)
-78 (096.31%)
387 (123.51%)
550 (137.09%)
2,0332,1522,1111,6461483
千葉県10 (100.83%)
-26 (097.89%)
21 (101.77%)
211 (121.16%)
1,2081,1981,2341,187997
東京都-172 (097.15%)
-187 (096.91%)
1,077 (122.51%)
1,867 (146.73%)
5,8626,0346,0494,7853995
神奈川県-147 (094.24%)
-228 (091.33%)
255 (111.87%)
859 (155.63%)
2,4032,5502,6312,1481544
新潟県-35 (091.36%)
-3 (099.20%)
73 (124.58%)
86 (130.28%)
370405373297284
富山県-5 (096.73%)
-1 (099.33%)
12 (108.82%)
39 (135.78%)
148153149136109
石川県-5 (098.21%)
1 (100.37%)
84 (144.21%)
147 (215.75%)
274279273190127
福井県-2 (098.88%)
3 (101.73%)
72 (169.23%)
102 (237.84%)
17617817310474
山梨県-1 (098.89%)
6 (107.23%)
28 (145.90%)
43 (193.48%)
8990836146
長野県-42 (089.42%)
-58 (085.96%)
-52 (087.22%)
20 (105.97%)
355397413407335
岐阜県8 (102.15%)
20 (105.56%)
110 (140.74%)
221 (238.99%)
380372360270159
静岡県-67 (076.41%)
-44 (083.14%)
-22 (090.79%)
24 (112.44%)
217284261239193
愛知県-81 (097.13%)
-31 (098.88%)
597 (127.83%)
1,281 (187.68%)
2,7422,8232,7732,1451461
三重県9 (101.69%)
45 (109.04%)
228 (172.38%)
308 (231.06%)
543534498315235
滋賀県0 (100.00%)
-55 (089.26%)
128 (138.91%)
281 (259.66%)
457457512329176
京都府-85 (094.54%)
65 (104.62%)
471 (147.05%)
784 (213.95%)
1,4721,5571,4071,001688
大阪府416 (102.39%)
995 (105.93%)
3,690 (126.18%)
8,747 (196.77%)
17,78617,37016,79114,0969039
兵庫県-150 (096.99%)
-166 (096.68%)
605 (114.31%)
2,166 (181.18%)
4,8344,9845,0004,2292668
奈良県-67 (093.94%)
-19 (098.20%)
162 (118.49%)
343 (149.35%)
1,0381,1051,057876695
和歌山県-22 (094.29%)
-20 (094.78%)
35 (110.67%)
136 (159.91%)
363385383328227
鳥取県1 (101.41%)
-2 (097.30%)
-26 (073.47%)
-8 (090.00%)
7271749880
島根県1 (102.50%)
4 (110.81%)
32 (455.56%)
35 (683.33%)
41403796
岡山県15 (102.62%)
54 (110.13%)
185 (146.02%)
320 (219.85%)
587572533402267
広島県0 (100.00%)
7 (102.46%)
102 (153.97%)
190 (288.12%)
291291284189101
山口県-10 (095.87%)
7 (103.11%)
106 (184.13%)
194 (610.53%)
23224222512638
徳島県8 (102.12%)
15 (104.04%)
81 (126.56%)
217 (228.40%)
386378371305169
香川県0 (100.00%)
-4 (097.24%)
26 (122.61%)
2 (101.44%)
141141145115139
愛媛県-18 (095.41%)
-16 (095.90%)
30 (108.72%)
44 (113.33%)
374392390344330
高知県7 (121.88%)
12 (144.44%)
19 (195.00%)
22 (229.41%)
3932272017
福岡県83 (103.76%)
293 (114.66%)
1,219 (213.61%)
1,745 (419.01%)
2,2922,2091,9991,073547
佐賀県-8 (096.33%)
0 (100.00%)
114 (218.75%)
140 (300.00%)
2102182109670
長崎県-2 (099.28%)
22 (108.66%)
145 (210.69%)
244 (862.50%)
27627825413132
熊本県46 (113.53%)
93 (131.74%)
249 (281.75%)
358 (1378.57%)
38634029313728
大分県28 (109.93%)
89 (140.27%)
271 (794.87%)
271 (794.87%)
3102822213939
宮崎県3 (103.03%)
16 (118.60%)
42 (170.00%)
49 (192.45%)
10299866053
鹿児島県8 (108.33%)
15 (116.85%)
27 (135.06%)
18 (120.93%)
10496897786
沖縄県-89 (092.94%)
-118 (090.85%)
-21 (098.24%)
42 (103.72%)
1,1711,2601,2891,1921129

今週減るかどうかは、明日以降の発表(今日の発表で明日Blog情報ではない)分がどうなるかまで分からないが、少なくとも九州地方など西側の地方は厳しいように見える。また、北海道も減少するかは微妙だ。関西はそろそろ減るかも知れない。但し、間もなくゴールデンウィークに突入するので、この先がどうなるかは不透明である。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0