シャープ、有機ELは「AQUOS OLED」に。独自パネルの「DS1」…… 自社パネルと間違えそうですがたぶん違います。LGかな?

AV Watchの記事である。


独自パネルという明記があったので、読んで見たのだが、自社パネルではなく、「独自に設計・チューニングした高輝度「S-Brightパネル」を搭載」と書かれているので、自社製造・設計したではないようだ。そのため、LGのOLEDパネルドライバーの制御を、自らで行ったのと、LGで製造しているラインの一部をSHARP専用にしてカスタマイズ工程を少し増やして放熱板とバックパネルをオリジナルにして貰ったというところのようだ。

小型パネルならともかく大型パネルにおいて自社にノウハウも十分にないOLEDを製造するのはSHARPだろうが、ソニーだろうが不可能だろうから、当たり前である。


しかし、Display HDR対応のモデルが出はじめてから、テレビの最大消費電力は上昇したような気がする。
輝度を高めているので、最大と最小の落差が激しくなっているのだろう。現在普及している大型OLEDテレビやディスプレイの場合は、RGBドットではなく、白色+カラーフィルター(RGB+W)であるため、それらの影響もあって元々のRGB OLEDなら下がるはずの電力が上がっているのも痛い点だ。

今後は、環境対応が求められるようになるため、電力要件も各国で今以上に厳しくなるだろうが、果たして今のような高機能、高輝度、高出力スピーカーなどの実装を維持出来るのかは分からないほどに、電力を下げるのは難しいかもしれない。

そういう点で考えると、OLEDもそろそろトップラインから消えてもおかしくない。エネルギー効率を考えるなら、ミニLEDや、マイクロLED方式の方が電力消費を抑えるのは容易であるし、100インチぐらいなら、MicroLEDで4K、8Kのモニターを作ることもコストさえ見合うようになれば、十分出来る領域に入りつつある。それが量産出来るようになったメーカーがこれからのディスプレイにおけるトップベンダーになるだろうことは明確である。ソニーはそれを目指してCrystal LEDを開発したのかもしれない。

後は歩留まりを達成し、どのメーカーがいち早くこの領域に入ってくるかだろう。
そういう点では、もうLGが大型で大半の市場を持つOLEDに他社が殴り込む理由はないといえる。特に、日本や欧米のメーカーが入るには遅すぎる。価格競争しても勝てないのだから。

即ち、SHARPがここに今更投資する理由は無いわけだ。ただ、他社がやっているようにLGに出来る範囲で自社の要望を受け入れて貰える体制を整えたというのが今回なんだろう。そして、もう上位モデルはOLEDでなければ付加価値を付けて売れないということでもあるのだろう。


<売りたいモデルと買いたい製品のギャップは埋まらない時代に>

尚,販売シェアでは大型化が進んでいると言われるが、実際の販売数量は、2010年~11年の比じゃないほどに減少している。
今後も、地デジ化の頃のような数量や売上げが戻ってくることは、放送が別の方式に切り替わっても日本でも、海外でもほぼないと予想される程度に、テレビ事業は言うほど成長する産業ではないだろう。何故かというと、コンテンツの中心が既にテレビでテレビ放送を見る(地上波、BS/CS放送等)という用途から、別のコンテンツも含めてテレビという大画面モニターに表示することがあるという用途に変わってきているからだ。

テレビは面白い番組もないし、だったら1台リビングにだけあれば良いとかそうなる訳だ。

それだけじゃない。
最近は、テレビ自体小型な機種ほど高く見え、大型な製品ほど種類が豊富で見た目安くなっているのも影響はしているだろうが、逆に、だったら壊れるまで買い換えないという人も増えている。買い換えても大きなモデルを買わないと当時の最先端と同等品以上の製品がないため、スペックダウンするのに対して、設置場所がないとか、電気代が上がるとかいろいろある。

以前は、日本では日本の需要を満たせるだけ、日本のメーカーが日本国内で自社製造していたが、今はテレビを1から国内で製造しているのは、SHARPだけである。(このSHARPも今は海外製造が増えている)だから、SHARPは今でもラインナップがそれなりに広いが、それでも徐々に縮小しているのが現実である。ちなみに、ソニーやパナソニックという以前は圧倒的な強さで君臨していた大手は、既にハイラインの製品以外は、ラインナップを充足させるためだけの製品になっている。

こうなったのは、既に日本の需要のために、作っても元が取れなくなったからである。そして、今後もこのギャップは広がっていく可能性が高い。


まあ、そういう点では必要なサイズのテレビがあるなら、そのサイズがある間に買っておくのが妥当かも知れない。OLEDはミニLEDのような革新的な製品が始まらない限りは、暫く主力であろうとするだろうが、それらも今後の環境性能に求められる条件によっては、機能や能力に制約が出てくる日がくるかもしれない。メーカーは日本だけのために、既に作ってくれる時代ではない。だからこそ、国際的な潮流によって、自分のライフスタイルに合った製品を探すのは難しい時代が来ることも覚悟する必要があるだろう。
























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0