CPUがM1になったiPad ProとiMac……もうPadもMacもOS以外違いがないのでは?

PC Watchの記事である。



この記事を読んで気になったのは、この先iPad OSとmacOSの関係をどうしていくのかである。
Windows10のように、徐々にこの敷居を取り払って、融合していくのか?それとも、違いを維持したまま、PCとタブレットであり続けるのか?

それが、これからのiPadの未来とmacの未来を決めていくであろうことは明確だ。

今までx86とARMで大きなプラットフォーム差があった中で、これが取り払われた先にこの2つが融合する未来があるのか、それともこのままで行くのか?そこは気になる点である。価格や操作性で見ると、iPadの魅力は今後も必要になるだろうが、実際問題としてmacと大きな差のないハードウェアなら、これもmacOSのソフトウェアを利用できるような販売手法がいつか始まってもおかしくない。Surface Proのように。

そういう計画があるのかどうかが、今、私は気になるのである。
この手の情報は、例え合っても厳しく秘匿されているはずで、出る直前ぐらいにリークされるかどうかだろうが、もし次のインパクトを与えるiPad商品が出てくるとしたら、この融合がテーマになるのかもしれない。

ただそれだけの話だが、今やmacもiPadもオリジナルの半導体を使っているため、Windowsなどと単純に比較出来る要素がもうない。
そう考えると、ハードやソフトウェアとしての話題は、この先どういう新しい魅力を追求していくのかに限定されるのである。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)