大阪以外殆どの自治体で減少し、現陽性は900人台の減少 …… 大阪は深刻な状況が続く。

月曜日の集計では今週も現陽性の減少が確認された。900人台の減少なので、かなり大きな数字である。
月曜日は、回復が多く新規陽性が少ないので、減るとは思っていたが、思ったより多かった。

これは、増加自治体が全国的に少なかったからだ。端的にいえば、新規陽性の拡大傾向が急速には進んでいないことを意味している。
しかし、あくまで月曜日として見るとの話であり、今日以降は既に大阪が1000人超えであることを伝えているように、どうなるか分からない。

問題は、大阪だろう。
大阪の全国比重症者割合は39%に達しており、今のペースが今週一週間続き他の自治体が増加しなければ、5割ぐらいまで上がって行く可能性もある。
死亡者数の週ベースでは増加を始めており、これから暫くは増え続けると思われる。

とにかく、今週は大阪が減るのか増えるのかが重要な局面である。
大阪が増えて、さらに関東が増加したり、他の地方も今の状態でバラバラ出続けるなら、1月の最高を超える懸念が出てくるかも知れない。

ただ、昨日だけで見ると10日前分の回復がしっかり増えてきているので、全国の数字は大きく減らすことが出来たと言える。本来ならこの調子で減ればと書きたいが、大阪が今日も増えることが確定している以上、この調子ではいかないだろう。果たして、どこかで増加が止まるのか、それともこのまま増え続けるのか?それが、今週後半までには分かるだろう。

20210412A.png20210412B.png20210412C.png20210412D.png20210412F.png20210412E.png




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント