現陽性急減期は終了…… 反転か、減少を維持出来るかの境目に突入。

回復と死亡を合わせた数が、平均2000人台/週、新規陽性の日別発表数が全国で1000人台/週を維持していることで、平均1000人台の減少が続いてきた現陽性だが、拡縮減少速度が目に見えて衰えを見せ始めた。新規陽性は先週から横ばいだが、回復の人数がそれに伴い減り始めているからだ。基本的に回復者は10日から2週前以降の陽性確認者である。 そ…
コメント:0

続きを読むread more