エレコム、重量約10gのUSBメモリ型SSD…… 衝動買いしそうなお値段。

PC Watchの記事である。


20年前に初めて購入したUSBメモリーは8MB~16MBぐらいだったと思う。けっこうなお値段だったが、あれでも、仕事で重宝したものだ。
何せ、3.5インチの2HDフロッピーディスク10枚分ぐらい入るのだから。

あれから、個人情報保護が取扱事業者に義務づけられ、この扱いや管理も変わっていき、個人情報を扱う職場で使う作業はたいていの場合殆ど無くなったはずだ。もし、使うにしても特別な許可と会社から貸し出される専用のUSBメモリーなどを使う組織が多いはずである。だから、ある意味でUSBメモリーデバイスの市場は縮小したが、その間に入ってきたのがこの小型SSDの市場だったと言える。

最近は、もう少し大柄でNVMeのストレージをUSBブリッジで内蔵した製品も結構出回っている。ただ、そのタイプはデカく高いモデルが多いので、買うにも勇気がいるお値段が多いが、このELECOMの製品は、本当に小さく良さげだ。

ちょっと店頭で見たらかっちゃうかもと思うぐらいに……。

ただ、大容量SSDとして考えるとなかなか微妙な品ではある。小さいと紛失のリスクがあるし、持ち運ぶようなPCで使うと盗難のリスクも高まるからだ。容量が多いだけに、紛失時のリスクは大きい。

一方で、このサイズで価格もこの倍数で容量が4TBや8TBぐらいになっていけば、本格的に外付けHDDも駆逐されて行くかもしれない。NANDは蓄積型の保存にはあまり向かないが、HDDの容量が増えず、値段が下がらない時代に、家庭で使う容量として見ると、これほどコンパクトなSSDは結構魅力的だ。

個人的にこれはきっと売れると踏んでいるが、果たしてどうなるか?
そっとあんなもの合ったねと消えていくと、売れなかったということだろう。逆に、2年後ぐらいにELECOMから後継やもっと大容量の製品、または小型な品が出てくると、売れたと言うことだろう。

本当ちょっと店頭で見ると買いそうな製品だ。まあ、私は今8TB~10TBの3.5インチHDD(SATA内蔵)×2台を買うかどうかで悩んでいるので、これに予算を出すことは今のところない。そろそろ3TB(RAID1)の内蔵ストレージ容量が枯渇するピンチが迫っているが、価格がもうちょっと下がらないかな?



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

hatena
2020年11月25日 22:26
USBメモリーとの大きな違いが殆どないのになにがヒットする要因なのでしょうか?