米誌信頼度、マツダが初の首位 トヨタ2位、日本上位独占 …… この信頼評価なら、前年より落ちた事業者の方が気になる。

産経新聞社の記事である。ブランド調査だから良いのかなとも思うが……この調査で日本が上というのは本当なのだろうか?


まず、ブランド別に信頼度を調査する場合、例えば、キャデラックとハマーはGMなのか、独立ブランドなのか?という話になるだろう。
と言うことで以下が記事である。

トヨタとレクサスが一緒だとしても、ランクは2位だと思われるが、ビュイック(GM)とGMC、キャデラック(GM)などを計算すると……会社全体として見て何位なのかは良く分からない。何というか、親会社の下にブランドが沢山ある米国の自動車業界は信頼性で語れないような個性的な車両も沢山ある訳で……。


そもそも、日本でこの評価を鵜呑みにして素晴らしいと言うべきかは微妙だ。この信頼性ランキングの中身を見る限り、日本じゃあまり意味を持たない(当たり前の)ものだろう。米国は、保守車検制度や整備士の資格制度の有無も州によって違う国で、総じて日本よりザルだ。日本は世界でもトップクラスの厳しさがあるので、総じて品質評価が高くなりやすい。

北米専用車もメーカーによってはあるので、それも日本でも同じと決める話にはならない。

そして、車両として売れるのかというと、必ずしもそうでもない。質が良いものを選ぶ傾向があるのは確かだが、その分値段が高くなったり、足回りやデザインの仕様は大雑把な基準のお陰で自由度がある車両も外車にはある訳で、この信頼性=凄いとは限らない訳だ。

そう考えると、日本メーカーが上位なのは、当たり前なんじゃないとは思う。一方で、中間辺りに落ちている日産やスバルは何があったのか?と思う。
人気度や販売店のサポート体制のような評価基準で落ちたのか、それともリコールや不良があったのか?何か理由があるのだろうが、基本的に1つ1つの評価の詳細は、どうも有料会員専用のサービスのようなので……分からない。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント