橋下氏が突如表明した都構想 反対多数、松井氏は引退へ …… 燃え尽きる大阪。

朝日新聞社の記事である。各局伝えているニュースだが……大阪の有権者が下した判断とは言え、残念だなとは思う。
ビジョンもない反対派と、二重行政を長い目線で見て見直したいとする賛成派では賛成派の方が長い目で見ればプラスだと思ったが……。


<大阪府は数年を失った>

この記事は元々選挙前に掲載しようかなと思っていた記事だが、掲載しなかった。理由は、私自身は大阪には住んでいないからだ。外から何かをいう話じゃないし、そもそも大阪に住んでいる人なら、大阪の各支持陣営が、果たしてどういうビジョンで進んでいるかの現実を確認する方ぐらい知っているだろうと思ったからだ。

大阪都の構想は元々以下を読めばどういうビジョンなのかが見える内容である。会議の概要が本質だ。あれをある程度読み込めば、自民と共産は反対だけして、対案を出さないのが分かる。これは、国政で言われる野党の与党の対立に似ている。

私は大阪府民ではないので、投票は出来なかったが、決して悪いものではなかった。中長期で見ると今人口が減ってきて閉塞している大阪府や大阪市にとって、行政を10年後や20年後に効率化し改革できる可能性があったからだ。

しかし、一部の週刊誌が否定的に記事を書いたことで流れが変わり始め、市長の松井氏などの発言もあって急速に状況が悪化したと思われる。短期ではなく中長期的に見れば、都構想はありだったのだから、そういう指針をちゃんと明確にしていつ頃までにどうなるかで示すべきだった。多分、維新の会もある意味では、都構想の本質を上手に理解出来ていなかったのかも知れない。いつしか橋下徹時代のレガシーになっていたのだ。


<大都市の問題は10年以上先に待っている>

その昔、平成の大合併というのがあった。もうその昔になるほど、時間が経過したのだから、時の流れは早い。平成の大合併では地方都市に村落や町が吸収、併合され大きな自治体へと集約された。一部は単独で残ったところもあるが、それらの自治体でも、交付金が得られないため、行政のスリム化が進んだのである。

これが、何故行われたのかというと、いわゆる人口減少時代に入り、村や町の機能が低下しはじめることが確実だったからだ。だから、10年20年後に単独で予算財源が確保しにくい村や町、市を広域に統一し、統廃合を進めることにしたのだ。もちろん、広くなる市域や町域において、行政拠点を全て中心地に集めて廃止するわけにはいかない。だから、支所制度を採用し、旧、市町村庁を支所や支部へと落として基本サービスはある程度受けられるように再編した。

これによって、少なくとも財政破綻が起きる自治体が出るのを防いだのが、大合併だった。
あれをやらなければ、たぶん今、財政再建団体に落ちている自治体が凄い数あっただろう。

しかし、実はこれに大都市圏は入っていない。
全く入っていないわけではなく、周辺の弱い自治自体を吸収した自治体は確かにあるが、東京都にしても大阪府(大阪市)にしても、平成の大合併の前後で人口減少を見据えて大きく、区割りなどを見直したことはない。そのため、実は10年後20年後の大都市圏の人口が大幅減少に転じる時期に、これらの地域は他の地方自治体より大きくサービス低下が始まる恐れがある。平成の大合併が20年後を見据えていたが、大都市圏は今から20年後を見据えてそういう施策を考えないと大変拙いことになる可能性もあるのだ。

大規模自治体は予算がデカい一方で、サービスを受ける人口も桁外れに多く、公共サービスで得ている収支も実はデカい。黒字の公共サービスも結構あり、それが他の財源になっていることもある。
それが、これから10年20年先には赤字転落する可能性があるわけだ。その時に、備えて平成の大合併を地方自治体がしたように、大都市も行政のスリム化と改善をしなければいけないわけだが……それの効率的な手段として示した案が、大阪では大阪都構想だった。
まあ、否決されたので今後それに変わる行政の見直しが必要になるだろうが……。結構大変だろう。共産も自民もビジョンなく短期的な目線だけでサービスが低下するとか、そういう売り込みをしてしまっていたからだ。

そういう意味で、この反対に投じた人々の年齢層がどうだったのかが私は気になった。
若い人が、反対に多く回ったなら、それだけ閉塞しているから仕方ないのだろうが……多分、そういう若い世代ばかりの社会なら、先に日本国が発展することもないだろう。たぶん、善し悪しの判断が既に付かないぐらい興味が無い人、テレビや新聞などの情報で流れている時勢に惑わされている人も多いということだと思われる。

一方で、もし年齢が一定以上の年齢層ばかりが反対に回っていたなら、若い層の投票参加率が低すぎたか、高齢化してお先が短い人が増えてしまい。これから、新しい社会を作りたい層の邪魔をしているということだろう。いわゆる老害国家に転落しているわけだ。


<変化しない選択をするなら……>

本来、変化をしない選択を望むなら、相手の欠点だけを言ってはいけない。例えば、行政サービスの2重化に限らず、これから社会人口の減少に対して、府と市のサービスをどのように安定させる方策があるのかを、語らないといけない。

行政の二重化は、府側が行っているサービスを、大阪市に対しては委譲するとかそういう話をするべきであり、そういう議論の昇華が進んでいくことが、社会の発展に貢献するわけだ。しかし、結局それが進まない状況になっている。これは、大阪以外の地方自治体でも顕著に出てきている。反対すると決めたらただ反対するだけに向かう自治体は多く、いわゆる議論ではなく、過激な宗派のようになってしまっているのだ。

年々反対と賛成の溝は本来の政治的な議論から離れて、是が非でも反対、是が非でも賛成へと広がっているのが分かる。そして、街頭議論でお互いの未来のビジョンを出す人はほぼいなくなっているのが分かる。

本来の政治家というよりは、右左のコメンテーターが何かの間違いで政治屋になったような雰囲気だ。それに対して、報道もビジョンを聞き出そうとはしなくなっている。質問ではビジョンを聞いているのに、政治家はビジョンではない別のことを喋っていることも多いが、それに対してビジョンをお聞きしたいと再度質問をし直すようなアナウンサーや記者もいない時代だ。

それがある種、こういうどっちから見ても徒労だったというような雰囲気を生むのかもしれない。

拮抗している形ではあるが、概ね失われた○○年になっている訳だ。やらなくても良かったことをやったという雰囲気になる訳だ。
だから、反対は正しかったという情けない人もいるが、そもそもやらなくても良かった議論にした時点で、反対派も酷いことを理解して欲しいし、やるのだと示した側が、十分にそれを示せず2度もやって否決されたことについては、本当に大阪市民特に支持してくれた人にしっかり説明し、都にしなくても、安定した行政運営が出来る体制を考える努力をしなければいけないだろう。

ちなみに、自民党と共産党は反対してやった勝ったぞというのは、言うべきではない。これから都構想を凌ぐような行政サービスの見直し、刷新を図らないといけないのだ。何年かの流れで見ると、サービスが落ちないではなく、ずっと先を見て東京に匹敵するような二大都市(昭和の頃は商業では大阪が東京を抜いていた)の看板に戻れるように貢献する必要があるだろう。

もう一度、都構想をというのはもう無理というか、そういう議論を今後10年~20年ぐらいはすべきではない。

2度も否決されたのだから、やらずに都に匹敵する何かを模索するしかない。そこでは、共産と自民がよりしっかり、これからの計画を出していかないといけない。それを、維新も求める必要があるだろう。
最悪なのは、維新がもしも第一党から外れ、自民が勝利した後に都構想が再び出てくる事だろう。そういう政治になった時には、本格的に大阪府は沈んで行くだろう。それは、即ち、今すべき議論をせずに、党利党略だけで否定していた政党と言うことになるのだから。

本来なら政治というのは、そういう代替ビジョンを見て判断しなければいけないが、点や面だけで判断されることが今は増えていて、ただ好き嫌いとか、以前は賛成だった反対だったという目線が多いから厳しい。本来なら、議論の結果として妥協が得られるか、納得がいく内容(問題の指摘や見直し)なら賛成になり得るし、議論の結果、望まないものを受け入れた(むしろ悪い内容に変化した)と思うなら、反対に転じることはある。

そこを、見極められる人が減っていて、何となく良さげ、悪そうという発想になっている人が増えているのは間違いないだろう。

まあ、大阪などはまだニュースになるから良い。私の住む町などは議会便りや市の広報などを見ない限り、自治がどうなっているかなど分からないのだから……。そりゃあ、地方議会選挙や市長選に立候補したり、票を投じにいく人は減って行くわけだ。


反対票を投じた大阪市在住の愛読者さま

コメントありがとうございます。反対票を投じた人からコメントを頂けるとは、心からありがとうございます。

>「ビジョンもない反対派」などという紋切りのレッテルを貼られるとは思っていませんでした。

という点は、評価として端から見ればそう判断せざる終えないと私は思って書きました。
反対票をこういう世の中にして行くのだ。してくれるのだと思って投じている1人1人の人にお前は悪だとか、そういうつもりはありませんし、そう読み取れてしまったことは申し訳なく思います。ここで謝罪させて頂きます。申し訳ありませんでした。

この記事を書いた理由は、
政治として見た時に、直接自分に影響がないという前提で距離を置いて見ている私からして見れば、現地でどのように扱われていたのかまでは知りませんが、少なくとも全国で流れる情報を見る中では、何で長い目線でのビジョンがはっきりと出て来ないのに反対できるのだろうかと思っただけです。

ただ、投票行動に対して外の人間がどうこういう話じゃないので、投票前の段階ではこの記事は出しませんでした。
下手に外野が言うことじゃないですから。終わったから私は結果を見てこう思っただけです。

そして、一番書きたかったのは
二度否決した今、もう3度目に同じ事はしちゃいけないと言うことです。絶対にやってはダメです。
3度目に同じような議論を始めるような政治を選び続けると、それは只の停滞であり元々、反対したことに意味が無かったという見方をされても仕方がない。

私は、何年も計画を重ねて、結果的に時期を逸した政治をした町に住んでいますから……。そういう点で、3度目や4度目はあっちゃいけない。
どうしてもそれがやりたいなら、今ある構想よりも次元(階段を上るとかそんなレベルではなく、府県を跨ぐような革新的な何かや、今までとは見る目線を変えた何かを示すこと)を全く変えて高い場所を目指す必要があります。

なのに、もう3度目はないのだという決意の中で、否定に回ったのだという雰囲気は報道などが悪いのかもしれませんけど、ないように見えました。
それが、残念でこの記事はこういうものになりました。

実際に反対に回った人の声がここに書かれて、私はそんなんじゃない。侵害だと言われたことは本当にうれしくもあり、このBlogを選んで書いていただいたことに感謝いたします。そして、この選択をした大阪の方々が都構想などしなくても10年20年後にやらなくても良かったぞと誇れる大阪に向けて、提言や社会作りが進むことを祈っています。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

反対票を投じた大阪市在住の愛読者
2020年11月02日 21:43
予想はしていましたが、まさかこのブログでまで「ビジョンもない反対派」などという紋切りのレッテルを貼られるとは思っていませんでした。一口に反対と言っても、考え方や立場に相違があると思います。反対派の中には、むしろ、おっしゃられているような反対陣営のスタンスを見るにつけ「こいつらと同じ括りになるくらいなら賛成票を投じてやる」と考えた人もいたと推察されるくらい、反対陣営の街宣は浅はかだと感じました(「都構想よりコロナ対策」などと言い出した時には思わず失笑しました)。

少なくとも私は、両方の意見を見た上で、自分なりに考えた上での判断として反対を投じたと確信しておりますが、どうやらその判断は「先を見通せない愚か者の決断」だと映ったようですね。