Xperia 5 IIが発表される……完成度は大幅に向上。もうちょっと縦がコンパクトならば……

PC Watchの記事である。

性能はどうでも良い。別に特別凄いとは思わないからだ。Snapdragon 865搭載で、5G対応、今流行の120Hzパネル(BFIM※:240Hz相当、ソニーではMotion blur reductionと呼ぶ)のOLED(CIE D65、ITU Recommend BT.2020準拠、DCI-P3 100%、10bit)と、3つのセンサーカメラ、Stereo Miniのイヤホン・ヘッドホン端子(360 Reality Audio対応)を搭載、Dolby Atmos認証など必要な機能は全て揃っているからだ。単体発表なので、比較表まで掲載する予定は今のところ無い。下を参照すれば、カメラのセンサーサイズなども含めた仕様は全て閲覧出来るからだ。

※Black Frame insertion Mode=フレーム間黒挿入方式で、ちらつきを抑えるためのモード。


今回重要なのは、HSパワーコントロール(HSPC)搭載という部分と、常時モードが追加されたことだろう。前者のHSPCは、Xperia 1IIから搭載された機能だが、給電中の熱を抑制する機能だ。Heat Suppression(熱抑制/低減)という。充電器に端子を繋げば、バッテリー容量が少ない場合、充電を開始するのがスマホの仕様だが、急速充電をすると電池が発熱してしまう。その結果、CPUやGPUのサーマルスロットリング(熱制御/主に電圧を落としてクロックを下げ発熱をTDPの枠内に戻す熱暴走防止の機能である)が機能し性能が低下する。

HSPCをオンにすると「充電しない」で直接本体に電力を供給するというものだ。

これが、Xperia 1 IIから搭載されているのだが、今回この機種でも引き続き搭載されるようだ。尚、これはゲームモード設定されている時のみ動作し、ゲーム以外では機能しない。ソニーのスマホでは、Xperia Actionがゲームコンテンツとして認識しているものに対して、ゲーム専用のチューニング(パフォーマンスの調整、バッテリー性能の調整)を制御している。そのゲームモードにHSPCを追加したわけだ。


これが、ゲーム以外でもバッテリーの容量消費に応じて、30~50%以上で昼間なら直接本体給電を行い、通知でオフにも出来るみたいな設定があればもっと高い評価が得られるかも知れない。何せ、リチウムイオン充電池は充電を繰り返す、完全放電をする、高温下や極低温下に置く、完全(満)充電状態をキープするといったことをすると劣化するからだ。

ただ、もう一つあり、今回このうちの1つ満充電に対する設定も追加された。それが、常時モードのようだ。
パソコン(PC)では多くの製品で当たり前になっているが、8割充電や9割充電で充電を止めて、バッテリーの摩耗を半年~1年程度延ばす機能だ。これによって、1日使っても4割ぐらいバッテリーが残る使い方の人なら、8割、9割充電を使う事でバッテリーの寿命が伸びるかも知れない。

まあ、伸びたとしてもアップデート保守は長くても2年前後(2度のメジャー更新)しかないのだが……。


<もうちょっと縦が短ければ>

個人的には、多少厚くてもよいので、もう少し縦を縮めた16:9のモデルなら、欲しいところだ。
映像とか撮影したり、見たりするには良いのだろうが、個人的には16:9で困らないからだ。どんどん筐体がデカくなり、それしか選べなくなり、今度は縦長になりどのメーカーもそれしか選べなくなる流れは、何とかならないのかなと思う。

まあ、SoCがSnapdragon 700/800系では無理なんだろう。薄くして放熱を高め、筐体の面積を広げることで、熱密度を下げないといけない訳だ。その上、バッテリー電圧も以前より高パフォーマンス時に食うだろうから……。

縦長はポケットからポロリと落ちやすい。特に、座ったときに落下しやすい。手に持てばとかカバンに入れればというのは、いつも持てるわけじゃないし、カバンに入れたら携帯にならない。あくまで、携帯端末であることにもう少し心を向けて欲しいとも思う。まあ、これを頼むのは、ソニーではなくQualcommなんだろうが、865 Low Voltageのような派生を開発すれば(700系とGPUなどの性能は離れているので)、今なら4.5インチ~5インチ前半の16:9のモデルが、結構売れると思うが、もうかれこれ数年これに似た話を書いているような気がする。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント