「なんちゃって5G」 出遅れ日本勢の切り札に…… そんな規格あったっけ?

産経新聞社の有料記事である。

契約していないので最後まで読めないのだが、これはPre-5G(プレリリース5G、4.9G-LTE Advanced Pro)と呼んでいる技術なのか?。それとも、5G NRに定義されているのか謎だ。通信速度は4G、通信到達距離が4G、レイテンシー(応答速度)が5G、接続数が5Gというのは5G対応のNSA/SA基地局で低周波数接続した時のモードだろうと思うが……。

NTTドコモは速度がウンタラで優利誤認するとか否定していたが、今展開している5Gは元々LTE Advanced Proの技術をベースに低遅延により力を入れ、高周波数広帯域(高周波数で1つの接続辺りに使う電波幅を広げること)にすることで、接続速度を桁外れに上げる手法である。

周波数が上がったことで、電波の波が細かく小さくなる。だから、反射波の輻輳が発生しやすくなり、到達距離が短くなるという欠点があるものの、1度に発生させる振幅の回数が増えるため、対象の無線機に電波が十分に届けば速度は速くなる。その分、高周波数での通信安定に即した追加技術がいくつか加わるが、それでも通信距離は短く、不安定になりやすい。5Gの基地局はこれまでとは段違いに数を増やさないといけなくなる。

エリア普及が遅いのはそのためである。

しかし、その5G技術を4Gに取り入れれば少なくとも、自動運転などにおいて低レイテンシ(遅延)の利点は手に入るし、Massive-MIMOやCyclic Prefixなどの技術が追加されることに対するマイナスポイントはない。5Gになっても各社とも定額で無制限に最大速度が維持出来る訳ではないのだから、ドコモが言うような有利誤認という話には既にならないだろう。(どの社も少なくとも大手携帯3社は通信量が多くなれば無制限プランでも帯域制限が掛かるため、速度を求める人は今となってはそれほど多くない。)

5Gの通信基盤は

SA=Stand-alone,5G専用機材を用いて5G通信する完璧な5G、完全に独立しているのでスタンドアロン。
NSA=Non Stand-alone,4G制御系とコアで5Gの通信が出来る。4G基盤に支えられているためノンスタンドアロン。
DSS=Dynamic spectrum sharing、4Gと5Gをユーザー(携帯電話のモデム)から要求に応じて時間切替(要求を受けたらすぐに切り替わる)出来る共用機能、4Gと5Gで時間分割(切替)が出来るならDSS対応となる。

というものによって成り立つ。

たぶん、これはNSAでDSSを使えるものの記事なのではないかと思われる。だから、5Gに違いはないと思うのだが……。
逆に定義されていない4G規格なら、4Gであり、なんちゃってもでもなんでもない。
なんちゃってだとしたら、そういう規格もなく独自な仕様で作って5Gに仕立てた場合だろう。

もしも、NSAに関する記事なら、KDDIやSoftBankは、NSAの導入をある程度行っていることが元々知られていたので、たぶんその話なのだろうと思うが、NSA導入は国際的にマイナーな訳ではない。むしろ、当初からNSAの方が国際的には普及が早いだろうと言われている。NTT DocomoはSA派で消極的だからといって、それが主流な訳ではない。理由は、導入コストが安く5G環境が出来るからだ。

即ち、日本が特別という訳でもない。ただ、日本は国土の割に人口が多く、携帯4社の資本基盤も大きいので、整備が進みはじめると人口カバー率を埋めるのが早いのが特徴である。その辺りを読み違えていなければ良いが……読み違えてしまうと、特別な技術を使っているような雰囲気になるだろう。いや、もちろん、この2社が世界にない特別な技術を取り入れて推進している可能性も否定は出来ない。まあ、少なくともKDDIはQualcomm系の基盤を使って3G⇒4Gで苦しんだので、それをすることはないだろう。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント