三菱自、2期連続の最終赤字予想 パジェロ完全撤退へ …… この会社は車より度重なる不正で顧客が離れたのが痛い。

産経新聞社の記事である。予てから記事は出ていたが正式にパジェロと岐阜にあるパジェロ製造株式会社の工場を閉鎖することを決めたようだ。
現在同社主力SUV、アウトランダーの一部製造等も行っているが、昨今のコロナ危機もあり受注はあまりないはずで、厳しかったようだ。


そもそもそ、パジェロは80年代から90年代に掛けて国内のスポーツ多目的車(SUV)の中ではトップクラスの販売実績を誇っている時代があった。
ジープのような無骨なデザインが素晴らしい評価を得たわけだ。しかし、最終的に売れなくなった。何故、売れなくなったのかは実は極めて簡単な理由だ。この会社、その後何度もあった自動車会社では先駆けと言える問題を最初に起こしたからだ。しかも、凄く大事でそれに関わる事故も何度か報道されたほどだった。

それは、2000年に起きたリコール隠しである。20年以上も同社は深刻な不具合を国土交通省(運輸省)にも隠していた。その結果、当時は国内シェア4位だった同社が、凋落することとなった。それで終われば良かったが、それでは終わらず、2004年に再びリコール隠しが再燃した。たった4年で2度も起きたことで、この会社の資本は大きく毀損し、顧客を失うことになった。そして、2004年には2000年に弱った時から出資してくれていたダイムラークライスラーとの資本関係が切られた。一気にどん底へと堕ちていく。

これで、大半の旧来の顧客は他のメーカーに逃げていった。流石に4年に2度もやらかせば多くの場合は心配になり、逃げるものだ。

尚、三菱自動車工業は2016年にも不正を犯している。それは、日産と共同開発した軽自動車ek(日産名Days)での燃費不正である。これで、資金繰りが悪化し日産による支援と参加への加入が決まった。


この3度の自業自得な問題で、これからファンになったであろう人も含めて、三菱の未来は大きく衰退することになった。何せ、開発資金力も大きく削がれたからだ。だから、パジェロはともかく派生車種のミニやJr、イオなどなどの車種は殆ど十分なフルモデルチェンジなく消えていくことになった。まあ、クロスオーバー型のSUVが今は主役になっているので、特にその時代差があるのではないかとも思うかもしれないが、実際は継続的なファンを裏切ったことで、投資が減ったのが原因だ。その影響は時間が経つほど如実に出てくる訳で……。

まあ、クロスオーバーSUVが売れる時代の今でも、正直売り方を災害時代やキャンプなど自然社会に合わせて売れば、パジェロミニやパジェロのような無骨な車の方が売れる可能性もある。もちろん、欧米の燃費基準の厳しさや日本の燃費基準の厳しさがあるので、この形でそれをカバーできるのかはあるが、売るだけなら売り文句次第だ。

ただ、今の親会社であり資金源でもある日産やルノーの状況から見ると、既にこの会社がパジェロに投資できるはずもない。それが結局は全てであると言える。即ち、この会社は概ね日産と一心同体で、車種絞りに邁進している企業となっているのだ。

ちなみに、2000年と2004年のリコール問題を起こしていないなら、この会社は日産の傘下にもなく、パジェロは今もまだ世界で国内で主力SUVの息の長いブランドとして、最盛期ほどではないが売られていた可能性は高い。何度かモデルチェンジして燃費性能をある程度上げたり、今のアウトランダーのようにPHEV化をして残そうとしていた可能性はある。元々、三菱自動車工業は、EVやPHEVに熱心な企業だったし、パジェロなどの無骨な(空気抵抗の多い)車両でそれを実現するには、いわゆる専用車などである程度実績を上げた後で載せる形になっただろうから、今頃に登場するぐらいだっただろう。しかし、そうならなかったのは、一連の不祥事に対して、時代に合った燃費を得るための改良コストが見合わず、既にファンが少ないからである。

まあ、自動車アナリストの中にはパジェロだけで評価する人もいるが、三菱自工の場合は基本的に会社本体の問題がその後の全てを決めたと言ってよい。
だから、不正や不祥事というのを見つけたら、早く改善のための手を打つようにしないといけない。不正や不祥事は長くため込んだり、繰り返されたりした場合は、その時だけでは終わらなくなり、10年いや20年近く後になって大事な何かをいくつも失う体質になることもある。そういう点では、三菱グループだったこの自動車会社はまだ生き残っているのだから、パジェロから撤退しても、会社が存続しさえすれば、将来復活させることも出来るかも知れない。


あくまで、一旦潰えたのであって、未来永劫このブランドが消えるとは限らない。
これからは、それを目指して欲しいと思う。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント