AMD、Zen 2コア採用APU“Renoir”のデスクトップ版を国内販売 …… これがあれば、Intelは要らないと言える性能。

発表記事はPC Watchであるが、4700Gエンジニアリングサンプルの性能記事も掲載する。wccftech.com(英語)の記事である。


wccftechの記事はUnlocked版の4700GにおけるFire Strikeではスコア5100、Extremeで2700だったそうだ。
CPUを含めた性能ではES(エンジニアリングサンプル)品であることを考慮しても、良い性能を示しているようで、評価は高い。IntelとCPUで比較するとシングルスレッドで若干の負けはあれど、マルチスレッドでは処理しており、ここは製品までに改善されるかもしれないとしていた。
そもそも、4700Gは土俵が既に違う45-65WのcTDPという点が圧倒的に光る製品である。
Intel Core i9-9900KF(TDP・95W/GPUレス)やi7-10700K(95-125W)と比べることが既に難しい。熱設計が優れており、性能が同等なら4700Gの方が良いのは、明らかだ。

即ち、ついにiGPU内蔵デスクトップでもリーダーが交替する日が来ちゃったのだろう。

Xe搭載のデスクトップパフォーマンスプロセッサーであるRocket Lake-Sが出てくれば問題は無いのだろうが、CPUはRocket Lake-Sでもクロックの伸びによっては負ける恐れがあり、Intelには暫く厳しい状況が続きそうだ。まあ、デスクトップでもIce Lake-Sが存在していればこんなことにはならなかっただろうが……コアを大量に載せて、高クロック版を製造するには歩留まり※が厳しいようだ。(※製造が全く出来ない訳ではないと思われるが、高クロック版や大量のコア数の製品を作ると競争力のある販売予定価格で売れるほど、1つのウェハーから数量が取れず高止まりするということ。)
それが今のIntelにとっての5年越しの課題となっている。

今年の後半から来年にやっとサーバー向けなどの大規模製品がIce Lake-SP(Whitley)が投入されるが、これは後ろがSPと付くことから分かる様にScalable Processorであると思われ、これまでの製品を見る限りクロックは最大でも3GHz前後になると推定される。いわゆるコア数で稼いだ製品になる。やっと歩留まりはこのくらいのクロックでコア数なら元が取れるようになったのだろうが……。
それを4GHzのラインで安定させることが出来ないと、AMDが順当に不具合なくZen3やZen4へと進むならAMDには勝てない。
その辺りを見ると、噂止まりだがJim Keller氏が、外部にCPU製造を委託すべきという話を出したという噂も、嘘ではないのかもしれない。製造技術だけの問題なら、一時的でもそれが出来たのかもしれないが、やっていないことを考えると、少なくともIce Lakeまではプロセッサーの設計にもTMSCなど外部に発注するには、超えねばならない問題があるのだろう。


尚、話をRenoirに戻すと出荷量はまだそれほど多くないと思われる。これ海外でのESレビュー評価が悪くない上に、元々AMDのプロセッサーの引き合いは伸びているので、リテールではなくバルクだけになっているのだと思われる。リテールに出せるほど、数がなく店頭組み立てを扱うメーカー(ショップ)向けに供給したものについて、バラ販売するのを許すことで、何とか供給するという形になっているようだ。Zen3の発表時期にもよるが、暫くは品薄かも知れない。


AMDのZen3は今年の後半以降(遅ければ来年)発表予定である。5-10%のクロック辺りの性能向上と、10%程度の電力性能向上を目指している。
この性能向上が今後も続く場合で且つ、派生が広がっていくなら、AMDは今後もシェアを広げるだろう。次の目標は、プラットフォーム全体での省電力、低発熱化と、Y(ULV)やSULV(SmartDevice)向けのTDP/SDP換算で2W~12Wの製品を出せるかどうかだ。ここに向けた製品が出せば、Intelと全てのブランドで対抗でき、Arm製品群とも良い勝負が出来るだろう。
Intelの10nmが弱い(製造量が期待より少ない、クロックが低い)こともあり、既に、そういう製品を求めるPCメーカーの声もAMDには届いているはずだ。まあ、AMDはファブレスなので、数量を増やしにくいのがネックといえる。その点では、今年はコロナ危機でスマホ向けの需要が下がっていることもあり、AMDの製造量が増えるかも知れない。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント