2012年7月20日は「ARROWS X F-10D」「ARROWS Z ISW13F」の発売日 …… 伝説のゲーミングスマホ!?

ケータイWatchの今日は何の日記事である。


なんか凄そう。当時だったら買いそうだと思ったあなたは、騙されやすいタイプだ。
これは、東芝のスマホ事業を完全吸収してから確か初、となる渾身の作として出た真夏の暖房器具である。かなり“アツ”い時代と書かれているのは、裏の意味があって、筐体が熱くてゲームしていると突然再起動する。再起動も出来ずに動きが止まって熱暴走するという製品でもあった。

だから、その後Tegraモデルは市場から消えた。当時のSoC性能が、大したことがなかったのに熱かったのだから……。GPUが幾ら高性能なメーカーでも、Qualcomm独自の改良を加えていたKraitコア(当時NEON SIMDはQualcommのみの技術だった)の実効性能の高さと、それに最適化されたアプリの処理効率の高さには、負けていた。もっと言えば、QualcommのAdreno GPU(元々AMD/ATiの技術)は決して極端に負けてはいなかった。これ、Qualcommが自社SDKを持っていたのも影響している。

尚、何故Tegraを採用することになったのかというと、当時Snapdragon S4がAndroidスマートフォンの売上増加で不足するようになり、代替製品を探すメーカーが増えていたからだ。元々、富士通などのドコモ系メーカーは携帯ではオリジナルのプロセッサーを使っていたが、(auはKCPプラットフォームで共通化し、商用無線方式がQualcomm 3G(CDMA2000)ベース故に、同社プラットフォームを主に採用していた)それらではコストパフォーマンスが悪いため、いろいろなメーカーを渡っていた最中だった。

その中でTegraを採用してみたのがこれだ。しかし、それは失敗だった。パフォーマンス時の発熱が大きく、バッテリーも相互加熱され、さらに防水防塵の筐体が廃熱に悪影響を与える。

ちなみに、この問題は夏場に多く、冬場は少なかったことから、開発をしていたのが冬~春だったのも影響していると考えられた。

富士通を不治痛と揶揄する人が多かったのはこれから、暫くの間である。富士通はその後も世界初の虹彩認証をサポートしたり、指紋認証でも世界初かNo2かその辺りにいたが、初を狙いすぎて、基本的な安定性を求めると出来が悪く。しかも、新しすぎる機能故に、メジャーアップデートが難しいとか、そういうのが重なり、事業は低迷することになった。

この翌年には、NECカシオモバイルコミュニケーションズ(NECモバイルコミュニケーションズ)がスマホから撤退しており、実はその頃は既に熱い時代ではなく、日本のスマホ市場はAppleを安く売っているキャリアの影響で末期的だった。何せ、記事書きもスマホと言えばiPhoneで書いていたし……。Androidの安定性や性能が弱かったこともあるが、当時海外では急速に普及していたAndroidにとって日本では冷たい時代である。

尚この機種は今では搭載されていない機能も搭載しているほど意欲的な機種である。特にFMトランスミッターとか、赤外線通信とかはその後国産Androidスマホが弱っていく中で消えていったものである。ちなみに、今では海外の有名ではないブランドのスマホが、差別化のために搭載していることがある。

日本メーカーのスマホは、ガラケー(フィーチャーフォン)と違って、通信会社との手取り足取りの開発に慣れていなかった。そのため、オープンOSへの対応の弱さがあったのは否めない(今でもその傾向は見られ、需要にマッチしないアプリ開発をするキャリアやメーカーも多い)。もう少しその辺りで上手く立ち回りが出来ていれば、こういう製品もその後の世代で安定したものが出せたかも知れないが、キャリアがApple一辺倒になっていく中で、ハードウェアメーカーは徐々に消えていくことになった。

日本には既に多機能時代に戻れるほどのメーカーの数がなく、開発する予算もない状況にある。まあ、今後もこの手のスマホが日本で日本メーカーによって戻ってくることはないだろうが、これを主導してしまった日本のキャリアや社会の失態は大きいと言える。もう今更手遅れなんだけどね。

何せ、今の主流はiPhone iPadで変わらず、ソニーやSHARPは圧倒的に差を開けられてしまい。長い時間の中で、人々の携帯電話の使い方は、AppleのサービスやGoogleのサービスに最適化されてしまったのだから。まだ、Regzaだ、Braviaだ、EXLIMだと言っていた時代の方がワクワクした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ふろしきぐるみ
2020年07月22日 10:11
auは最凶レグザフォンが、ドコモはメディアスとアローズが国産スマホイコール熱い(エクスペリアを除く)なんてイメージを植え付けてしまったから

ドコモはツートップに走ったし、auは国際スマホを取り入れ、ソフトバンクはアイフォンしか売れないからスピーカー買ったらアクオスクリスタ付けたよね。

京セラはトロクエ以外にもアルバーノとかディグノ出しても空気だったよね