クアルコム、新プロセッサー「Snapdragon 865 Plus」を発表 …… 毎年恒例ROG向け

CNETとPC Watchの記事である。QualcommがSnapdragon 865 Plusを発表したそうだ。


これは、毎年恒例で出てくるASUSのROG Phone向けなどに出荷されるようである。
845+(Plus)で世界で最初にROGに採用されてから、ほぼこれ専用として(855以降はROG以外にも供給されはじめた)これは供給されている.

尚、毎回Plus製品は何らかの先行サブセットを付けるが、今回はWi-Fi用のサブセットをFC6800から6900に変更出来るようにしたようだ。そのため、Wi-Fi 6EとBT5.2(Bluetooth)に対応するそうだ。ちなみに、Wi-Fi 6Eは日本では法令上の準備が行われておらずサポート出来ないので、日本では特別なメリットはない。
BT5.2はLE Audioのサポートが行われ、複数のヘッドホンへのLE Audio送信サポートや、LC3 Codecのサポートなどが行われる点が新しい。

まあ、この辺りは865 PlusでなくてもQualcommに依頼すれば出来そうではある。
ただ単に、既に次の世代の準備が始まる中で、今それを依頼するメーカーは少ないから言わないだけなのだろう。


しかし、スマホのゲームは今回のコロナでいずれもかなり厳しい状況に追い遣られているという。スマホの場合は買い切りゲームが少なく、都度課金やアイテム課金が多いからとされる。いわゆる課金すれば勝てるようなゲームが多く、やることで慣れて強くなっていくといった要素より、お金さえ出せば力は無くても時間分を取り戻せるという要素が多くなり、ゲーマーから嫌われる訳だ。
そういうゲームが多いため、ゲーム重視の高いスマホは今年は売れにくいかも知れない。まあ、経済情勢も悪い中では、こういう金で圧勝するゲームを楽しむと言う人は減る。それが、ROGの売上げやこの手のエンスージアストプロセッサーの販売に影を落とすかも知れない。

まあ、スマホでゲームをするならゲームが出来るぐらいのPCを購入した方が今の時代だと、利用出来る機会が多いかもしれない。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント