Intel、USB4準拠の「Thunderbolt 4」を次期CPUに搭載 …… そもそもUSB3.1 Gen.2やTunderbolt 3がまだ期待ほど普及していないけどね。

PC WatchとASCIIの記事である。まあ、次のTiger LakeでサポートされるらしいのでホストとしてはUSB4入りがもう決まったと言えるが……これに対応したデバイスが普及するのかと言われると、何とも言い難い。PCIeデバイス、外付けGPUボックスなども期待ほどは売れていないからだ。


Appleがはじめた事なのだが、無理にインターフェースを纏めすぎてしまっていて、やらなくても良い製品でもインターフェースが一本化され、これが何のポートとして機能するのか分からない……なんて弊害が頻発し始めている。その上、速いことは良いことだが、そろそろそUSBに関しては速度を必要とするデバイスが存在しなくなり始めている。その結果、同じ端子を使うThuderboltは目的が違うのだが、そのイメージに引っ張られていく上に、その端子の形状故に速度が上がらない。正直、ライトユーザーはThunderbolt 3とDP(Display Port)をUSB4で組み込んだ段階で、十分過ぎてむしろ複雑すぎて嫌がる流れに入り。
プロユーザーは速度が上がらないのにThunderbolt4になり、アクティブケーブルじゃなくても……という仕様だけではあまり魅力を感じない流れだろう。


しかし、これは市場の流れとして良いと思ってやっているのだろうが、実はやっていることは本末転倒だ。そして、それを煽った記事書きがいたのも影響しているのだろうと思う。
スマホのように電源兼用のUSB Type-Cが1本か2本だけというPCも出はじめて、それがスタイリッシュだからブランド価値があるみたいな売り込みに同調する記者も増えた。それがUSBデバイス利用者を減らしていることも知らずに。
また、ブランド価値を端子の少なさと紹介する阿呆な記事書きのせいで、むしろ端子がない分コストダウンなのに、高くなったり……そういう結果としてむしろ、ライトユーザーが充電など以外では使わなくなり始めたのだ。

ポートが十分に割ける余裕があるなら、HDMI、DP、USB、USB Type-C(充電兼用)などちゃんとポートを分けてくれた方が使う側としては楽だし、消費者としてはそっちの方が価値があるはずなのに……。

そして、今Thunderboltはその呪縛にまんまと嵌まったといえる。これが、価値を生み出すかと言われると多分難しいだろう。

<Thuderboltが目指すものと、市場が欲しい物>

ちなみに、ASCIIの記事を見る限りIntelの談によるとThunderbolt4をサポートしたケーブルやポートは、USB4.0のデバイス、USB PDのデバイス、USB DPのディスプレイなどを繋ぐことが出来るからこれに対応しているケーブルやホストを選べば合格みたいな話のようだ。しかし、TBのケーブルは今でもお値段高めであることを考えると、どうなんだろうかと思うし、ホストは普及しても周辺デバイスの普及が3.0~3.1(Gen 1)止まりの製品が多い中で、どうなのかな~とは思う。

そもそも、周辺機器市場そのものが、Wi-Fi(無線LAN)やBT(Bluetooth)、LAN(ネットワーク)などの汎用通信に向かう中で、この需要がいつまであるかは難しい。今結構需要があるTB向けのGPU需要でさえもIntel自身がXe Graphicsを発表した今、伸びるとは言い難いのだから……。

もし、伸びが悪くなればこのIntelが述べているTB4のメリットは十分に達成されないだろう。何となく十分達成されずに、ケーブルの種類がまた増えた。何かちょっと価格が上がったというだけで終わりそうな予感がする。

というか、ここ数年利用者がそれほど多くないのに世代交代が速すぎる。初代の以前は1世代の交代で3年とか5年とか掛かっていたのが、長くて3年、短ければ1年半ぐらいで行われるから、実際には形状などが変わらないため多くの流用が出来たとしても、チープ化が早すぎて普及しない逆の流れに乗っているように見える。

尚、Type-Cの場合は見た目のケーブルが同じでもeMarkerで使える用途をケーブル内制御しているので本当に心から非対応と対応の差が見かけでは分からず、ケーブルのパッケージに書かれている内容をシールでもしていないと区別が付かなくなり、面倒くさい。常時使うことがないケーブルやデバイスを用途ごとに持っていると、このケーブルじゃ無かったということは、たまにあるはずだ。

まあ、Thuderboltの最大の問題点はPCIeを直接出力するが故の仕様として、デイジーチェーン接続(数珠つなぎ)をするということだろう。USBはスター型(階層ハブ方式)なのでその仕様差を知らないと、面倒くさいことになる。だから、USBがそれをメリットとして取り込んだのはもう仕方ないが、ThunderboltはUSBから積極的に離れた方が良いと私は思っている。その使い方を求めているユーザーが、USBとは明確に違うため、同じインターフェースに集約する理由が本当にあるのか?という点で疑問符が付くからだ。そうすれば、もっとPCIeデバイスを繋ぐという点で高速化が可能だし、USB Type-Cの限界という呪縛を超えることが出来る。

本当は、4にはそれが求められていたような気がしてならない。まあ、Type-Cに互換するならType-C2のように横に2列Type-Cを並べた端子にして1対接続(Type-C)なら通常のThunderbolt3とUSB4になり、2列1対端子接続時に倍速や4倍速化出来るとかそういう仕様にしても良かっただろうに……。

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント