岐阜・長野で特別警報……木曽川水系飛騨川岐阜県下呂市上呂 で氾濫発生中

九州の次は中部地方・北陸地方(東海)で大雨となっている。既に下呂市上呂で氾濫が発生している。(以下-国交省防災情報より)
以下で表示される氾濫情報は、河川管理者が氾濫の発生を確認した地点であり、氾濫が既に発生して暫く時間が経過していることもあるので注意すること。

テレビ報道などでは、リアルタイムにはこの情報が得られないはずなので、現在避難指示などが出る恐れがある地域や、特別警報、大雨警報などが出ている地域では、川の防災情報サイトを活用して、早めの避難などを行って欲しい。場合によっては、学校や職場に行くのを予め連絡して避け、避難することも重要である。また、会社の上長も、危険度が高い中で出勤などを強行させてはいけない。出勤中に社員が流されたりすれば、結果的に悪い影響を被るのは自分達であることを理解して判断をして欲しい。

日本はそういう判断をしない組織も多いが、今や昔からの判断をしていたら、多くの優秀な人材を殺す恐れもあることを学んで欲しい。




尚、ダム操作の情報は以下で確認できる。ここで、大雨の時間帯に放流予定が出て実行される場合、放流時浸水想定区域では、その実行が行われる迄に川の側から離れたり、高台や高い建物に避難しなければいけない場合がある。

以下では、川の氾濫が発生する恐れが高いものが上位から順番に表示される。ここで赤で表示される場所は、氾濫危険水位に達している場所である。黒になると既に氾濫が発生し被害が出ていることになる。尚、この水位情報は水位計が設置されている場所のみで表示される物であり、それがない河川や場所では情報は出ない。

川の防災情報サイトのポータルでは上記以外にも川の災害に関する全ての統合情報が閲覧出来るので、スマホアプリでプッシュ配信を受ける場合を除いて、自分で最新の情報を求めるならYahoo!やウェザーニューズ、気象庁のサイトなどの二次情報を使うより、この情報を活用する方が早く集まるだろう。

また、警報注意報の情報は気象庁の警報サイトを利用するのが好ましい。


尚、岐阜県と長野県の雨は、この後、岐阜で1時間~2時間、長野はこれから酷くなり13時過ぎまでには抜けていくと思われ、その後は曇り空にはなり、時よりぐずついた状態にはなるが翌日の午後ぐらいまでは土砂降りほどの状況から、少し降り方が落ち着くかも知れない。(かもしれないという曖昧な理由は、当たる保証がないからである。実は昨夜から今朝の天気も予報通りにはなっておらず、全体の流れとして見ると前線の移動位置と速度が数百キロ単位で外れているので当たるとは限らない。-当たっている場所ももちろんあるが、全国比でみると少ない。)

それから、特別警報の時間は18時頃(12時間程度)まで継続されると思われ、その先でも警報級の発令は高となっている。
(上記は高山市の警報期間情報)
(上記は伊那市の警報期間情報)

また、この猛烈な雨が関東などに向かうことは今のところ予報されていない。あの辺りの山地で殆ど雨に消えるからだ。若干は北関東に残るものの、進む速度も早く、長野を抜けた辺りで、急速に湿った空気の流れ込みが弱まるため、局地的な雨が多少残る物の大きな雨雲は減って行くと思われる。むしろ、山地を通らず前線の南側に位置する静岡、愛知、神奈川の海沿いの方が雨が暫く残るだろう。

ちなみに、今夜からは南九州(鹿児島、熊本)などで再び梅雨前線が活発化する見込みとなっている。

ついでに言えば、上記に映像もリンクしているが、気象庁の会見は以下で閲覧出来る。チャンネルがあるのでこれをブックマークしておくなり、チャンネル登録しておけば、気象及び噴火地震災害に関する会見が行われる時には、迅速に気象庁からの見解に関する情報が得られるだろう。テレビでは編集された物だけしか流れないため、信用できないなどと思う人はこれを使うのが好ましい。


<報道は氾濫が起きた後に行われることを理解して>

基本的にテレビ報道やラジオ報道は、事件が起きた後に行われる。災害も同じだ。そして、今の日本の報道は電通の影響なのかそれとも、新聞社やテレビ局の売上げの影響なのかほぼ牙が抜かれているので、以前より先行情報も後からの災害情報も取材班がいまいる場所以外、流さないことがある。

今回も、九州の大雨のために映像を作っていた放送局などは、岐阜県の氾濫情報が出ていてもそれを先行するより、数日前から既に使い古した取材を編集したものを放送する時間の方が長くなっていた。本当は、今起きていることを放送するのが仕事なのにそれが出来ないぐらい杓子定規になっているとも言える。

そういう状況だから、自分の身に降りかかるかも知れない災害情報は、オンラインが使えるならオンライン情報を積極的にかつ、正確で迅速に集めることが求められる。LINEやTwitterの情報でも良いが、そこには嘘を伴うこともあるので、基本的には河川氾濫などの情報に関しては川の防災情報を使うのが一番良い。(LINEなどの情報を信じる場合は、その情報の元が気象庁など信頼の置ける情報ベースでなければ自分だけに留めて他人や友人知人と共有してはいけない。若い人でも高齢者でもこれをやる人がいるが、これはぜったいにやっちゃいけない。)
山間部などの土砂災害を警戒するなら、警報(どの地域にどんな警報が出ているか)を積極的に見て見極めて、レベル5になる前に、安全を確保して欲しい。

ネットが使えない家族や、友人、親戚が危険な地域にお住まいなら、電話などをしてでもそういう情報を積極的に共有し伝えることも大事だ。そういう行動を取ることが、自分や家族、周りの人を救う一助になるのだ。


尚、水難などではライフジャケットなどがあると助かることもあるが、ライフジャケットも国交省などが認定しているものを選ぶことが求められる。
安い物も今は増えているが、安さより、本当に緊急時に助かることが保証された物を買わないと、緊急時にそれを機能させたは良いが、沈むこともあるというのを忘れないで欲しい。また、これらの商品は定期的なメンテナンスや品質の目視確認が必要なものもある。取扱説明書がある場合は、それらをしっかり読んで利用して欲しい。(通常はライフジャケットなら説明書が付属し、使い方の説明と効果がある時間や浮力重量などが明記されている)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント