Huawei Android 新商品発表もGoogle Mobile Serviceには非対応…… 低下するアプリケーションの魅力。

昨日Huaweiが新型のスマホやタブレットなどを一斉発表した。ただ、昨年までの発表と違ってネットメディアの扱いも少なくなった。
理由は、昨今の社会事情が影響している。昨年は販促コストをHuawei自身が相当支払って、広告を仕掛けたり、NTT Docomoなどファーストパーティのキャリアでも採用されたこともあり、評価が伸びたが、流石に米中摩擦が進む状況で且つ、Google Playが使えないようでは厳しいようだ。

今後、日本に限らず欧米全体でHuaweiスマホの販売供給は厳しくなるだろう。

ちなみに、以下はASCIIの記事である。Impressの記事ではGoogle Mobile Service非対応の明記がないので、こちらの方が良いと判断した。

尚、アプリケーションのインストール窓口は、Huawei Mobile Serviceベースとなり、Huawei独自のアプリ審査に通ったアプリのみがラインナップされる。当然だが、中華系のアプリが多く、YoutubeなどのGoogleアプリは中華系アプリで代用することになるようだ。これは、米国がHuaweiに対する制裁措置として米連邦政府で米国内取引している企業全てに自国製品及び自国関連製品のHuaweiへの供給を原則禁止していることが影響している。

Google Androidは一応そのまま利用しているが、GMSから除外されたことで事実上AOSP(Android Open Sorce Project)の対象ではない。いわゆるAmazon KindleやFire HDに似た形態となる。

ついでにいえば、Microsoft Windows については今もHuaweiは利用している。これは、制裁に抜け道があるからということもあるのだろうが、Windowsの場合は、ちゃんとライセンスを得て正規品を入れていれば、クラッキング(ハッキング)は難しいというのがあるのだろう。CPUもIntel製やAMD製であるし、UEFIやME Firmwareで不正をすることは出来るだろうが、Always On(LTEに直接繋ぐ)サービスがまだPCでは浸透しておらず、それをやればバレるというのもあると思われる。

それでも、昨今の社会情勢だとこの流れも変わっていくかもしれないので、予断は許さない。

実際に大手ファウンドリーのTMSCはHuawei向けの半導体製造契約を停止することを先月(2020年5月)に発表している。これは、米国での制裁が1年延長されたことが影響しているのかもしれない。(またはSamsungにHiSilicon側が鞍替えしただけという可能性もあるにはあるが多分薄いだろう。)

この先がどうなるかは不透明だが、Huaweiにとっては今年コロナショックよりさらに厳しい状況が続くことだろう。

尚、HMS準拠のHuawei製品を買うなら、Amazonのモバイルサービスの方が、安心感は強いだろう。Amazonサービスや動画サービス以外の実用で使えるアプリが多いかと言われると微妙だが……一方で、じゃあAndroidで良いタブレットがあるのかと言われると、Huaweiの旧モデル(Android 9.0 Pie)ぐらいしかない。何というか、中国メーカーが安い製品で駆逐してしまったのと、Appleが上位機を全て喰らっているので、タブレットでは既にアジアの安かろう系とHuaweiぐらいしかAndroidを扱わなくなったのだ。高性能なタブレットが欲しいなら、AppleのiPadが良いだろう。動画再生などエンターテイメントだけで良いなら、Fireが良いと思われる。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント