オリンパス、カメラを含む映像事業を日本産業パートナーズへ譲渡へ …… SARS-CoV-2の影響もあってこれから縮小は増えるだろう。

AV Watchの記事である。オリンパスはPENやOM-Dを販売しているが、最近はカメラではパッとしない状況だった。


まあ、会計不正の後はソニーが筆頭になっていたが、その間にカメラ事業よりも元々力を持っていた内視鏡などの医療事業の方に力を注いでカメラ事業は徐々に縮小していたので、今となってはそれほど必要な事業ではなかったと言える。

そして、昨年ソニーがオリンパス株を処分したことで、この流れは水面下で決まったのかも知れないが、SARS-CoV-2の影響も譲渡交渉を早めた可能性がある。

スマホの影響で売上げが下がったのも確かだが、今回のコロナはスマホでさえも売上げを落とすほどに厳しい状況にある。カメラはもっと厳しい状況になることが予想される。そのため、かなり条件を軽くして譲渡を進めた可能性が高い。ちなみに、これは今後オリンパスに限らず、他の国内カメラメーカーでも発生する可能性があることだ。特にニコンは、カメラ事業でかなり苦戦を強いられており、度々噂が出ている。今後ニコンも事業の縮小や撤退譲渡を考える可能性は高い。

既にカメラは、特別な1台より誰でも気軽に使える1台が一番売れる時代だ。しかも、SNSやネットの評判で売れることが多く、一部のメーカーがやっているように、販売のための広告に金を掛けたメーカーが売れるという流れも、生まれている。実際の性能は大事だが、これまでの実績は評価基準にはならないことが多い。そのため、地道にやってきた老舗メーカーが生き残るのは既に難しい領域にある。

老舗は、規模が大きかっただけに縮小によって利益効率が下がっているケースが多い。そこに販促費や開発費を投じるのは難しく、陳腐化し易い。これまででもそれが既に起きていただけに、コロナ中コロナ後の世界では一気に再編が進んでもおかしくない。

尚、今回はオリンパスから事業が分離譲渡されるだけであり、完全にOM-Dなどの販売生産が終わると決まったわけではないが、ここにNIKONのカメラ譲渡や合併でもあり、産業パートナーズに組み込まれれば、再び面白い製品が出てくる可能性もある。まだ、終わった訳では無いので、そういう流れがあることを期待したいところだ。もしかするとコニカミノルタのα事業を受けたソニーのようになるかも知れないのだから。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント