ソフトバンク、いよいよ5G開始、3月27日から……対象は東京都、千葉、石川、愛知、大阪、広島、福岡、の極一部。

ケータイWatchの記事である。ソフトバンクが5Gサービスの開始を発表した。3月27日からということだ。
NTT Docomoではなく、ソフトバンクが一番乗りとは思わなかった。ただ、対象エリアはかなり狭い。


以下のPDFにエリアがあるが、

大まかに対象となるのは、以下である。詳しくは上記のPDFを参照してほしい。
但し、千葉、愛知、東京、大阪、広島市(福山除く)の地域には31日スタートも含まれている。

都道府県
市区町村で一部でもエリアとなる場所
千葉県
成田市、柏市、富里市
東京都千代田区、中央区、文京区、台東区
石川県金沢市、白山市、野々市市
愛知県名古屋市
大阪府大阪市
広島県広島市、福山市
福岡県福岡市

エリアとしてはかなり狭い。しかも、周波数帯は3.7GHz帯域、及び28GHz帯域になるはずなので、屋内では、屋内にアクセスポイントがなければ、使える可能性は低そうだ。窓際でもよほど基地局が見通せる場所になければ使えないだろう。

だから、2年間5G料金無料(4Gの契約基本料+1000円)というのが8月31日まで設定されているようだが、それがあるのも当然かも知れない。8月31日以降は、この無料キャンペーンが終わっているなら、暫くは無理に5G対応端末を買わない方がよいぐらいだと思われる。


ちなみに、5Gをまっていた人でも、なるべく広いエリアで使いたいと思うなら、au by KDDIやNTT Docomoも、今月中か来月頃には発表するだろから、それらのエリアがこれと比べてどのぐらい広いのか、狭いのか見てから考えてもよいかも知れない。ソフトバンクを急いで選ぶ理由もないだろう。

対応したスマホも京セラ(KDDIで今年の秋までには出ると思う)が含まれていないとか、富士通が含まれていないので、その辺りも考えると、3社出そろうのを待つのも手である。

もちろん、いち早く試したい人でこのエリア内に生活しているなら、これを選んでも損は……。う~ん、実際に出てみて、それが評価されないと分からない。まあ、私の過去の経験から言えば、ジオフェンスなどを使って自動的に5Gモデムをウェイクアップする機能がないなら、3Gや2G、4G、WiMAXがそうであったように、きっと5Gモデムを有効にしていて、5G圏外だとバッテリーの消費が激しくなるという心配がある。これが、エリアが広がるまでの懸案であると言える。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント