5Gプランが3キャリアから出揃う…… 微妙なお値段。

KDDI(au by KDDI)が5Gの料金プランを正式発表した。



具体的に説明すると

・データMAX 5G ALL STARパック(11,150円/月、2年契約で10,980円/月)

Netflix、Youtube Premium、TELASA(ビデオパス)、Apple Musicの有料契約プラン付き(込み)、
スマホ内での国内データ通信は無制限
テザリング、データシェア、国際ローミング80GBまで対応

・データMAX 5G Netflixパック(9,650円/月、2年契約で9480円/月)

Netflix,TELASA(ビデオパス)の有料契約付き(込み)
スマホ内での国内データ通信は無制限
テザリング、データシェア、国際ローミング60GBまで対応


・データMAX 5G(8,650円/月、2年契約で8480円/月)

映像サービスなど付加なし
スマホ内での国内データ通信は無制限
テザリング、データシェア、国際ローミング30GBまで対応

・ピタットプラン 5G(4150円/月(1GB)~7150円/月(7GB)、2年契約で3980円/月~6980円/月)

国内データ通信は1GB/4GB/7GBの階段型


となっている。これに、人数割やスマートバリュー、あと機間限定割が入っている。ちなみに、お買い得は一番上のデータMAX 5G ALL STARパックで、テザリング等をするにしても80GBも付いているので、お得だが……無駄なコンテンツパックが付いていて高い。その下のNetflixパックは60GBなのでもう少しお得だが、やっぱり9480円で高い。
とはいえ、60GB~80GBあればパソコン1台×1ヶ月ぐらいならよほどPCでいろいろと作業をするのでなければ事足りる事がおおいだろうから、固定回線を契約することを考えると、コンテンツセットでこれは悪くはないかもしれない。ただ、それでも安くはない。
尚、全体の通信が2GB以下の通信量だと1480円安くなるようだ。

尚、ぴったっとプランは売る気がないことが見て取れる。


<見事に分かれた5Gのスタンス>

KDDIの戦略は一目瞭然だ。完全に有料のコンテンツセットのパッケージを売り込んでそれをセットだとお得にすること。月額料金は万超えでARPUを底上げすることに力を入れている。これは、たぶんUQ MobileやBIGLOBE Mobileとの差別化のための措置だろう。まあ、これだけはっきりしていると分かり易くて良い。

一方で、ソフトバンクは今の4Gサービスにプラス1000円で5Gは無制限というサービススタンス。

ドコモは、5G端末において、暫くは3G~5Gの通信を無制限で使い放題としており、それが終わった後も100GB/月となる。ギガホ5G(7650円/月)があり、超過速度制限は3Mbpsである。

このように見ると、4Gとは違って5Gでは各社狙っている層が完全に分かれたといえる。
ソフトバンクは5Gを無制限に通信できる付加価値として今のところ提供するつもりようだ。(未来永劫そうとは限らない)
一方でドコモは、まず囲い込んである程度消費者が食いついたら100GB制限で3Mbpsに落ちるサービスへと移行すると思われる。料金は凄く高いわけではないが、安くもない。3Mbpsだとテザリングだと少し遅いが、使えなくは無い程度だ。

auは完全にプレミアムが売りだ。優良なコンテンツパックをセットしてお高くしている。ある種、各社競争していると言えるのか、棲み分けたというべきかもしれない。

なにより微妙にかゆいところに手が届かないところに料金を設定しているのが絶妙であると言えよう。


後は、3社とも記事を書く業者が忖度しているのか知らないが、料金プランの2年限定の割引きや半年~1年限定の割引適用後の価格を表にのせるのを止めて欲しいと思う。ああいう売り方はすべきではないだろう。

これで、はっきりしたことがあるとすれば、大手キャリア3社ではとにかく通信容量が少なくても良いから安くという場合には、安くなることはもうないということだろう。5G時代なりの使い方をするなら別だが、使い方は4Gと同じでデータ量をあまり消費しない人は、他社に移ることを本格的に検討すべきかもしれない。ちなみに、現時点で3社とも5G対応エリアはとても狭いので、5Gスマホを買っても5G相応の速度では使えない人の方が多いだろう。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント