10年半のサポートを終えたWindows 7と、10年2ヶ月の保守を終えたMicrosoft Security Essentials。

Windows 7の延長フェーズの保守が本日完全に終了した。一応、一部の企業向けユーザーに対して、有料保守が残るが、事実上全体の不具合更新は、特別危険な状態がなければ、アップデート提供されることはないと考えられる。
Windows 7は事実上終焉である。

W7_END.png

ちなみに、速やかに保守が終わったものが、もう一つある。それは、Microsoft Security Essentialsである。
これをWindows 7のセキュリティとして導入して使い続けてきたユーザーは、もし継続してWindows 7を使い続けるなら、市販のセキュリティソフトを導入しなければ、脆弱性対応どころか、セキュリティソフトの更新も行われないため、感染リスクが爆発的に上がる事になる。もし、Security Essentialsを使っていて且つ、7をもう暫く使うつもりなら、ESETなどの市販のセキュリティソフトを導入することをお勧めする。このOSは脆弱性に対するアップデートがないため、ATPに相当する統合セキュリティ機能を持たないフリーソフトは避けた方が良い。ウィルス対策だけでは、脆弱性に対する防御は出来ないからだ。

MSE_END.png

まあ、ネットを使うなら早く買い換えるか、Windows 10に更新することだ。正規版のライセンスを持っていれば、今でもWindows 10への更新は無償で出来るため、メモリー要件などを満たしているなら更新するのも手だ。もちろん、動作は遅いし結構不具合も多いかも知れないが……。

ちなみに、上記のキャプチャーを取った私のWindows 7はVMware上にあり、ネットワークを既に切り離しているので、そのまま使うことが出来る。インターネットに繋がないなら別に使い続けても問題は少ない。全くないとは言わない。

<失われるスタンドアロンPC>

尚、Windows 7は秀逸なOSであった。Windows 10の方が、慣れれば使いやすい面は多いが(例えばスタートメニューのコンテキストがWindows 7にはないが、結構右クリックしてしまうことがあるとか)、実は10にはない秀逸な点が数多くある。

そのうちの一つが、スタンドアロンとしての完成度の高さだ。
要は、インターネットを経由しない状態で、ユニバーサルプレーヤー(Windows Media Player 12)が搭載され、DVDも再生出来、Media Centerでテレビも視聴できる(別途対応したテレビチューナーが必要)、ゲームはオフラインで行うことが出来るし、画像管理もピクチャライブラリーとフォトビューアで印刷も含めてある程度充実した処理が出来た。


Windows 7はまさにオールインワンに全てのリッチ機能が統合されていく最後の世代のクライアントOSでありスタンドアロンで最高峰のOSだった。

その後のWindows 8ではネットやクラウドという技術へとシフトしていくこととなる。これは、スマートフォンを意識したものとなったからだ。
だからこそ、Windows7は未だに愛されているのだろう。

結局のことろ、この先にこれと同じコンセプトのOSは存在しなくなっているからだ。8系ではタイルインタフェースのモダンへと変わり、不評を集めたのも原因だ。

さらに、Windows 10は当初こそ期待されたが、フィーチャーアップデートを重ねるにつれて、その更新頻度の多さがネックとなり始め、今それは企業や個人の積極的な最新機能への更新を避ける動きへと変わった。凄く悪いOSという印象を持つ人こそ少ないが、決してWindows 7の頃ほどの安定性があり、アップデートの信頼性が高いOSでもなくなった。それは、マイクロソフトがWindowsに利益を求めるスタンスから、あくまでWindowsは別の利益へ誘導するためのポータルツールへと変わったからである。これは、今後も変わらないだろう。マイクロソフトがWindowsを持ち続ける限り……。

それを、Windows7を使ってきた人々は、戦々恐々として眺めてきた。だから、余計にWindows10に良い印象を持たなかったわけだが、インターネットを使い続けるなら、もうそれも終わりが始まっている。まあ、あと1年~2年ぐらいはアプリケーションソフトメーカーのサポートやセキュリティソフトメーカーのサポートが続くかも知れないが、そのうちネットを閲覧するのも難しくなっていくだろう。それなら、移行するしかないという訳だ。


まあ、後はWindows 8.1の保守が数年で終わる訳で、それが終わればWindows 10だけに集約される。その時に、セキュリティアップデートの品質などが良くなっていることを祈りたいものだ。Windows 10はアップデートサイクルが早すぎてリソースサイクルが分散傾向にある。保守が終わっていくバージョンもあるが、それでも一部のバージョンはハードウェアライフサイクルの都合上、一部の製品に対して未だ継続アップデートをしているものもあるからだ。

これが、結果的に保守品質の低下に繋がっているのは間違いない。Windows 7の終熄でそれが改善されることを期待したいものだ。


私が使うPC環境では、Windows 2000等と共に、VM上でWindows 7は生き残るが、市場ではこの先消えていくだろう。この優れたOSのような製品が、この先に出てくる事はもうないと思うが、Windows 7の方が良かったという人が、今後減っていくような進化がWindows 10やその先のOSで行われていくことを祈っている。


愛読者2さま

ご指摘ありがとうございます。10から7に修正しました。流石にタイトルミスは言い訳も出来ない……。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

大野康幸
2020年01月15日 01:38
巷では機能アップデートのたびに阿鼻叫喚の事態となっているようですが、
幸運なことに今までWindows10で致命的なバグに遭遇したことがありません。

スタンバイ復帰後に度々USB-DACを見失う時期がありましたが、
一月ほどでバグ対応が行われたようで、以降同様の問題は起こらなくなりました。


今のWindowsは小刻みに機能追加がされて、
テスト項目の洗い出しが甘いのか常にβ版ような状態にあります。

OS設定を標準から変更している人ほど
アップデートの際にトラブルに見舞われている様子から
バリデーションが不十分なのは間違いないかと思います。

以前のように長期間安定した状態を維持できないことは残念に思いますが、
反面バグ対応のレスポンスは良くなっていると感じています。

ローリングリリースのメリット・デメリットそのものの状況で、
これをどう見るかは個人の価値観によるでしょうね。

私はWindows10のやり方のほうが性に合っているようです。
何か問題が出ても、放っておけば治るというのは非常に楽です。

おそらくWindows10とは、
細部に拘りがない人間が使う分には良いOSなのでしょう。
愛読者
2020年01月15日 12:02
管理人様が以前からおっしゃっている「ローリング・リリースの頻度が多過ぎる」というのに全面賛成です。私も、以前から更新頻度が多過ぎることを不満に感じておりました。せいぜい年1回できちっと不具合つぶしをしてからリリースしていただきたい。
愛読者2
2020年01月16日 12:07
いつも拝読しております。

題名はWindows7の間違いでしょうか?