瀬戸内海で震度4の地震……最近はどこでも起きる。震度3から4クラス。

気象庁は、本日(2019年11月26日)15時09分に瀬戸内海で震度4というやや強い地震があったことを発表した。
今朝7時58分にも同じ地域で地震が発生しており、震源深さは10kmで震度3だった。


そして、15時14分にも震度1ではあるものの同じ付近で地震が起きていることから、やや大きな断層の発現やズレがあったと思われる。今後大きな地震になるかは分からないが暫く注意が必要かも知れない。

最近は周防灘や伊予灘、日向灘での小規模な地震が増加傾向にある。以前は年に1度震度1でもあれば、驚きなほどだったが、福岡県西方沖地震(2005年)の頃から、徐々に西日本でも地震は増加し、熊本地震でたぶん何かが変わったように感じる。西日本は大きな地震がないと思われてきたが、そういう時代はもう終わっていることを忘れてはいけない。


今は、洪水(土砂災害)、暴風、地震、大雪、雷、高潮、津波と警戒しないといけないことは多い。どこに住んでいても、いざという時の日頃からの備えというのを忘れてはいけない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント