来年デビュー「N700S」 普通車全席にコンセント……着実に進化を続ける東海道新幹線。

朝日新聞社の記事である。2020年に新型のN700Sがお目見えするそうだ。ただ、最初から東海道山陽区間に出てくるのか、それとも新大阪-東京間の東海道区間だけでスタートするのかは、示されていないので、次のダイヤ改正が発表されるまでは分からない。

ちなみに、N700Sの記事は鉄道新聞の昨年の記事の方が詳しく書かれている。

これの良い点は、パソコンでもスマホでも充電しながら使えることである。
一方で悪い点は、電池が切れたからメールが受け取れなかったとか、クラウドサービスに届いたメッセージを確認できなかったとか、そういう話は出来なくなることだ。仕事人間と完全に遊びにいくには良いが、仕事の息抜きをする場として、新幹線を使うのはさらに難しくなるだろう。


<最大速度は据え置きかな?>

尚、車両設計上の最高速度も上がっている可能性が高い。しかし、営業上の最大速度アップはたぶんないだろう。一応トンネル進入時の音などを軽減するための技術が強化されているので、平均速度を若干上げることで時間短縮を数分果たすぐらいだろうか?
本来なら、東北-北海道のように大きく速度アップしたいところだろうが、東海道区間はカーブも多く町中を抜けているのが厳しい点である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント