「auの学割」、25歳以下なら学生じゃなくても最大1400円引き、11月から……こういうホイホイに填まると抜け出せなくなるよ。

ケータイWatchの記事である。最近はタダ学割という只者じゃなくどう考えても景品表示法違反だろう(実際に基本料以外はお金が掛かるのでタダではない)という学割をするキャリアもあるが、何故か許されているみたいなサービスもあるが、ついには先生も安くなるとか、22歳以下とか、25歳以下で学生さんじゃ亡くてもとか……学割って何だねというサービスになってきた。


<ゴキブリホイホイの携帯版は……嫌われる>

これらの安売りの基本は、いわゆる誘引剤を使った粘着シートゴキブリホイホイの携帯版という奴だ。半年とか、2年とか割引きを掛けておけば、最初に契約するときには安さに釣られてやってくるが、2年後に解約する人は少ない。だから、やれば携帯キャリアは儲かる。しかし、この契約に填まった人は半年後に痛い目を見るだろう。1400円も月額の値段が上がるのだから……

ちなみに、これなら84ヶ月(7年)100円引き(14(100円が14回)×6ヶ月)の方が実は消費者的には後々の負担増加の感覚は少なく収まり、経済的に不満は持たなくなる。

実は、この売り方をしているから徐々にキャリアからユーザーが逃げ始めているのだと、キャリアが気が付かないと行けないのだが……いまのところ気が付いているキャリアは少ない。


<通話SIMはMVNOが妥当>

尚、今日付のケータイWatchの記事にMVNOの増加率も掲載されているが、通話SIMでは既にMVNOの方が伸びが良い状況に入っている。

特に最近は楽天モバイル(来年MNOになる予定)とmineoに二極化してきており、これにOCNモバイルが加わる状態へと寡占化も進みつつある。
(尚、大手の3社のセカンド・サードブランドであるY!mobileとUQ Mobile、BIGLOBEモバイルは除く)

まあ、MVNOで選ぶなら、mineoかOCNモバイルを選んでおけば間違いはないだろう。学生さんなら、こういうお安いSIMを選んだ方が親としては、負担を減らすことが出来る。間違っても大手キャリアを選んではいけない。確かに通信品質も高いが、割引期間が終わると、金額が倍以上高くなるのだから。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント