1年ちょっとで壊れるインクジェットプリンターのぼろさ……ページプリンター(レーザープリンター)HL-L2375DW始めました。

インクジェットプリンターはいつからこれ程までにボロくなったのだろうか?

インクはクソが付くほど高くなり、筐体はどんどんチャチ(安っぽく、貧相)になっていく。まるで、素人のプラモデルような筐体をみて、これは長持ちするぞという感覚はない。そして、壊れていく……。

10年ぐらい前でもちょっと怪しかったが、15年ぐらい前までのプリンターは丈夫で長持ちだった。インクもとてもお安く、長く同じインクが使えた。
しかし、最近のプリンタはだいたい2世代から3世代で世代交代をするようになり、さらにデザインも大して変わらないのに、毎年毎年新製品が出る。インクは、大容量のビジネスインクジェット(インクをタンク補充するタイプ)じゃなければ、恐ろしく高くなった。2回全色を大容量で交換すると、本体価格に手が届くのだから、コストパフォーマンスも悪い。

そして、修理費がセンドバックで1.5万円(部品交換費含む)と型落ちで買った本体価格並になる。それで治って何ヶ月も持つのか(一応3ヶ月ぐらいは同じ場所の故障なら無料で行ってくれる)というと……

プリンターが売れなくなってきているからといって、こんな売り方していたら売れる物も売れなくなる。

という苦情をこの記事に書くのは約1年ぶりである。

今回は既に買替え済みである。インクジェットは諦めてモノクロページプリンター(レーザー)を追加した。写真やレーベル印刷用のインクジェットは別にもう一台あるので、そちらを時々使う程度に留めて、文書系は全て1.5万円で買ったA4レーザープリンター(Amazonだと1.1万円台だが、5年保証付きと急ぎがあったので店頭購入である)に任せることにした。

ちなみに、購入したプリンターはBrother HL-L2375DW(執筆時点で2000円相当のキャッシュバックキャンペーン中)である。

これのトナーは、約3000枚印刷でき純正トナー(TN-29J)は7000円台~9000円である。
ドラムユニット(DR-24J)は12000枚で消耗交換となり、だいたい新品価格が7000円台~12000円の範囲のようだ。

定着機などの故障は万単位でセンドバック対応などになるだろうから、それが起きると間違いなく買った時より高く付くだろうが、1年持てば、この1年で壊れたインクジェットプリンターより維持費は安くなると思われる。後は、外れじゃ無いことを祈りたい。もし、外れだと本当に泣くかもしれない。



ちなみに、このプリンターの評価は、値段を考えるとお買い得な製品だと思う。そして、かなりページプリンターも安くなったなと感じる。これではインクジェットの買手は減るだろうし、インクも売れなくなってくるから高くなるのだろう。まあ、買手が減っているのにインクの種類を数年で変更するなんてことをするから、余計に消費者が逃げるわけだが……。

話を戻そう。ドライバー機能性も自動両面印刷があり、無線や有線のLANもあるので、小さい割に多機能だ。複合機ではないので、コピーは出来ないが、ページプリンターとしては安くて良い品だろう。後は、紙送り機構がどのぐらい持つかといったところが気になる点だろう。このクラスの小型プリンターは特に梅雨時など湿気が増えてくると、紙を2枚吸い込んで、詰まってしまうことが結構あるのでそんなに期待はしていないが、まあ3年ぐらいは頑張って欲しいな……。
紙が湿気る時期には気を付けないといけない。

ドライバーは以下のような3タブ仕様である。特別何か凄い機能があるわけでもない。
HL_L2375DW_D1.PNGHL_L2375DW_D2.PNGHL_L2375DW_D3.PNG

ネットワークで繋いでいる場合、管理ブラウザ(ブラウザにプリンタのipアドレスまたは物理アドレスを入力して移動すると接続出来る)で、設定しておくべき点は、パスワードの変更と、トナー継続使用の「オン」「オフ」(デフォルトはオフである)の確認をしておくことだろう。

尚、管理ブラウザーへの入り方が分からない人はコントロールのデバイスとプリンターでBrother HL-L2375DW series Printerを右クリックして「プロパティ」→[Webサービス]タブのURLから入る方法もある。(Windows10の設定アプリのデバイス→プリンターとスキャナーでHL-L2375DW series Printerを選び、管理→ハードウェアのプロパティ→[全般]タブの場所がそれに該当するが、後からアドレスを変更すると、順応しないことがある。※)以下は、コントロールパネルの場合である。(※Windows10でもコントロールパネルはCortana検索すればあるのでWebアクセスはこちらの方が扱い安いかもしれない。)

HL_L2375DW_N0.PNG

パスワードの初期値はinitpassである。ブラウザ画面の上部型式の横にログインがあるので、そこに入力してログインする。
HL_L2375DW_N2Pass.PNG

管理者設定タブを選ぶと一番上のペインがログインパスワードである。これはインターネットと兼用するネットワーク内で使う場合は必ず変更しておくことを推奨する。

HL_L2375DW_N3.PNG


それから、トナー継続使用だが、

これをやっておくとトナー切れ警告で印刷が全く出来なくなることはない。
その代わり、トナーが切れたカ所から印刷ムラや印刷不能なラインが生まれるようになるので、予備トナーを予め用意しておく等しておく必要はある。掠れるまで使ってしまうと空気が入り、ヒーターや圧力室のバランスが崩れて詰まったり、破損するインクジェットとは違って、トナーを使い切って仕舞ったから壊れることはないのが、ページプリンターの良い点だ。
まあ、トナーが切れて掠れるのが困るなら、オフのままが良い。トナーをギリギリまでカートリッジを掠れてからも振って、セットして使い切りたい人は、オンにしておくと良いだろう。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント