「Windows 10 バージョン 1903」に新たな不具合……1909がそろそろロールアウトの時期。

窓の杜の記事である。ちなみに、我が家の120日遅れのWindows 10 ProやWindows 10 Homeのタブレット(これは遅らせてはいないが一時期更新ボタンが出ていたそれは消えてしまいそれから、来ない)に対する更新は未だやってこない。まだ、1903でさえも全端末にロールアウトされていない可能性もあり、1903が今年中にやってくるのかも不透明だ。本当に不具合が不具合を呼んでいるパターンに陥っている。



<1903はスキップもあるか?>

尚、前回の1809の不具合対応と前クライアントへのロールアウトは、1903の投入を少し遅らせた後の4月30日~5月2日頃(日本時間)に行われた。だから、1903なのにMay Updateになったわけだ。今回は1909で既にプレビューリリースが始まっているが、1903への全体更新はまだ進んでいるように見えない。むしろ、止まっている可能性すらある。

1909のビルドが、1ビルド分のアップデートがないとされているため、もしかすると1903は一部の人柱さんを除いて、キャンセル扱いとなり、一気に1909で仕切り直しを掛けるつもりかも知れない。要は、Windows10で初のRoll-Up版(機能更新を伴わない不具合更新)になるということだ。

そう考えると、今の状況は分からなくもない。実際に、私がVM上で動かすInsider Previewは20年版(2003)のテスターを既にしている訳で、1909は機能更新がほぼ無いというのは伝えられている。そうなるとこれが現実味を帯びてくる。

まあ、元々この1903の状況は怪しかった。早々にInsiderは2003に移行したことで、1903には通常のHotfixだけでは対応出来ない不具合があったのではないかという、懸念が私の中には浮かんでいたからだ。(ここで書いたこともあるかも知れない)だから、Homeさえも更新が来ても更新は暫く見送ることにした。これは、現状では当たりだったとみて良いだろう。後は、1903を適用しないと1909が当てられないため、1903の更新が先に全体に行われるのか?それとも、1909で1903を置き換え1903はなかったことにするのかそれは10月~11月には分かりそうだ。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント