ソニー「Xperia 1」の海外版が登場!……Dual SIMは国内で売れる。

ASCIIとAKIBA Watchの記事である。海外レビューを見る限りでは、カメラも含めて悪くないが、バッテリーが他のフラッグシップより弱いよねというのが評価全般だった。

https://ascii.jp/elem/000/001/872/1872406/?topnew=9
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1188882.html


ちなみに、GSMARENAの評価は可ぐらいである。ただ、64GBモデル(日本キャリア版が64GB)は無いよねって感じだが……。
https://www.gsmarena.com/sony_xperia_1_in_for_review-news-37330.php
https://www.gsmarena.com/sony_xperia_1_june_2019_security_patch_update-news-37434.php


これが売れているのかというと、GSMARENAでTop 10 by fansやTop 10 by daily interestを見れば分かるだろう。SONYのSの字はない。Samsungは入っているが……。この3年ほどでここまで堕ちた訳だ。

IFAではベスト商品だったXperia XZ3も売れなかった時点で終わっているが、1はブランドネームからXZを外したことも含めて失敗と言えるのかも知れない。

そもそも、MWCで製品発表時の海外ファーストインプレッションはまたハイエンドの名称変えたであり、GoogleでXperia 1を検索すると未だに、Z1やXZ1がそこそこの検索上位にヒットする。即ち、ネット時代はネット検索で情報を集める人が多いが、命名の段階で損をしているわけであり、それもXperia1と10、10Plusと同じ1が付く製品を3つも出したため、全部がその影響を受けるという始末になったのだ。


ただ、その影響が国内で出るのかというと、グローバルモデルなら出ないのだろう。
海外版の並行輸入品の数量がどれほどあるのか知らないが、ASCIIの記事を見る限りでは好調なようだ。これは、128GBのストレージやDual SIM中心ということもあるのだと思われる。


これが売れるのには、国内のキャリアモデルが64GBモデルしかないというのも大きい。

そうじゃなくても、日本ではSIMフリーなら買うという人は年々増えつつある。SIMフリーで128GBが出せるなら、それを出せば、私は買わないが(10 Plusならちょっと興味はある)、これを見る限り売れるのかもしれない。ただ、ちょっとお値段が高い。







54%OFF!【セット販売端末/ドコモ回線】ZenFone 5(ZE620KL)+通話SIMカード(契約事務手数料込み)【ASUS/エイスース】【楽天モバイル】【送料無料】【SIMフリー】【格安スマホ】
楽天モバイル楽天市場店
※上記窓口では端末に関するお問い合わせのみ受け付けております。  楽天モバイルに関するお問い合わせは


楽天市場



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック