アマゾン/2018年の中小企業の流通総額9000億円を超える……これだけでビックカメラ以上。

流通ニュースの記事である。時事通信社なども記事にしていた。

https://www.ryutsuu.biz/ec/l062141.html


AmazonのSMB(Small to Medium Business)インパクトレポートでは日本におけるAmazonでの出品流通の売上総額が9000億円/年を超えたそうだ。

これを、一昨年(2017年度時点)の今の日本の流通企業(小売り)の規模(1社単位)で見た場合、その規模はビックカメラを大きく超え、H2O(阪急阪神百貨店、イズミヤなどの持ち株親会社)の間か、同等という規模になる。(日経売上高ランキングより

ここから言えるのは、いわゆるテナントの総売上だけで9000億円を稼いでいると言うことだ。投資はそれほど大きくないので、Amazonのマーケットプレイスが相応に魅力的であることを示している。


尚、楽天は昨年1年の売上げ高が1兆円を超えているが、個別の店舗がどれほどの利益を出しているかまでは正確には分かっていない。
https://corp.rakuten.co.jp/investors/documents/asr.html

ちなみに、Amazon本体の販売利益は、良く分からない。例えばImpressにはこういう記事もあり、
https://netshop.impress.co.jp/node/4590

それを元にJETROのデータを調べて見たが上記の記事とJETROのデータと合わせて考えると、2016年の段階で1.6兆円の売上げ総額がAmazonにあったということだが、これは入量と出量を元にした外部推計だろうから、正確値とは行かない。
https://www.jetro.go.jp/world/gtir/2017.html

今回9000億円に達したという前提でこの頃のデータが正しいと見越して総売上を考えると、2.2兆~2.8兆ぐらいの規模になっていると考えられる。

即ち、AmazonのECサイト全体でファーストリテイリング(ユニクロ、G.U)を超える市場流通規模になる。


<今後の成長>

来年の今頃に1兆円達成を発表できるかどうかは、景気の動向と出品企業次第だろうが(これは消費税増税と景気後退の兼ね合いがあるので何とも言えない)……。ただ、今後も5年10年と成長するかというと、現状を見ているとどこかで止まると見た方が良いと思われる。これは、Amazon自体の問題と言うよりは、市場の規模がここまで拡大すると、今の日本市場では少子化が進んでいるため、売上げも頭打ちに近づくからだ。

ただ、楽天は自社流通をしておらず、それぞれの事業も、Amazonほど水平垂直で繋がっていない。ヨドバシはECに外部を取り入れていない、ものたろうは、商品ジャンルが企業や大型に特化しているなど、総合ECサイトというジャンルにAmazon以外が居ない中では、これが消えることはないそれは間違いなく確かなことだ。

一方で、数字を出してきたということは、そろそろ期待値を示さないと伸びが鈍化しているということかもしれない。これは、Appleもやったことだが、成長が鈍化し始めた時に、数字を出すことで、企業を呼び寄せる効果や社会貢献度を示すという手法だ。米企業が結構行うありふれた手段である。

日本市場の場合は、これから政権が消費税も10%に上げるつもりなので、景気後退と重なると、ECサービスでさえも実は結構厳しいはずだ。小売りでの利益は10兆円単位で落ちる可能性が高いからだ。その時に、中小企業がAmazonとの契約を増やしたり、取引を増やしてくれるかは分からないが、こういう数字を出せば、税率対応の機材を入れるより、労働力コストも安く、機材コストも抑えられる。その上、9000億という市場を持つ……これが、Amazonの限定公開という戦略なのだろう。

これで、来年SMBだけで1兆円を超えれば順調に成長していると言えるが、一方でもしそこまでいかないなら、消費税の影響や景気後退の影響が大きすぎたという可能性もある。来年も公表するかは分からないが、これだけ大きくなると、そういう社会要因の影響も出てきやすくなるので、先に手を打つというのは大事なことである。


最近は公正取引に関する風当たりやGAFAへの課税に関する世界的な法的規制の見直しもあり、向かい風なAmazonだが、こうやって示すことでその規模がわかり、そして成長度が見えてくると、この先ここが停滞や減速するようなことになれば、経済の先行きも不透明になってくると言うことになる。そういう意味では、この手のデータを、Amazonは地域毎にもっとしっかり公表して欲しいものだ。

既に、日本だけでもEC&流通トップ企業になって久しいのだから。










Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック
Amazonギフト券
2010-07-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック