日向灘(九州南東部)でM6.3の大きな地震……震度5弱を観測

日向灘でそこそこ大きな地震が起きたようだ。今朝からM5.6(07時43分/最大震度3)、M6.3(08時48分/最大震度5弱)、M4.9(09時07分/最大震度3)と連続して起きており、ちょっとこれまでの九州南東部で起きる地震とは、雰囲気が違うように見える。

気象庁の観測では震度5弱を観測したのは宮崎市松橋、宮崎市高岡町内山、都城市高崎町大牟田、都城市山之口町花木となっている。まあ、震度5弱なら倒壊などが起きることはないだろうが(震度5強から6になるとちょっと危ない住宅もあるが、5弱なら被害が少ないはず)、短時間での地震回数と規模を見ると予断を許さない。

https://www.jma.go.jp/jp/quake/20190509235307495-10084852.html

震源の深さは約20kmのようだ。
この地震回数を見る限り、これは暫く同程度かそれ以上の地震が起きる可能性がある。宮崎や高知県ではもう少し大きな揺れや津波が来る可能性も考えて今一度、地震の備えを確認しておいた方が良いだろう。何も起きないならそれにこしたことはないが、確認するのとしないのでは、万が一の備えは大事である。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック