なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS エイプリルフールな日……新年度のスタート。

<<   作成日時 : 2019/04/01 08:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月1日である。今日から新年度になる。まあ、入社式などは今日または明日行われることが多い。学校の入学式や進級式は4月5日〜10日が一般的なので、まだ春休みという人も多いだろうが、企業は今日明日から新天地という人も多いだろう。

エイプリルフールだからと、冗談が言えるほど余裕もなく緊張している人も世の中には多いはずだ。
今日は新元号の発表があるので、毎年ニュース番組などで言われるような、新社会人のみなさん向けのメッセージなどは少ないようだ。

まあ、ニュース全般として毎週月曜日は、他の日よりも内容が少ないので、イベントが組まれているとこんなものだろう。今の日本は基本的に、情報媒体が自分の報道したいニュースを自分の報道したいように流す、お花畑状態だからだ。新年度なので、報道スタイルが変わる事を期待したかったが、変わるものではないということだ。


それはともかくとして、新年度でエイプリルフールである。


ZDNet Japnaがエイプリルフールのネタのような本当に商品化が予定されているか、実際に販売されている商品の特集を組んでいる。
https://japan.zdnet.com/article/35134959/

また、ファミ通はソーシャルゲームのエイプリルフールねたを届けている。
https://app.famitsu.com/20190401_1435828/

ITmediaもねとらぼで特集を組んでいる。
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1904/01/news011.html

日本の場合ネット上でのネタは、ソーシャルメディアにマッチする、アニメーションやゲームなどに多いのは昔からの特徴だが、今年は米マイクロソフト社がエイプリルフールに嘘をつくことをを禁止するなど、炎上を嫌った動きも見られるようになり、2010年代の前半頃のようにはネット上でも盛り上がりは無くなっている。

ネットでは必ず真実があると思う人が増えていることや、いわゆる冗談の範囲が、冗談じゃ済まない内容で行われてしまうことへの警戒感が出ているのだろう。実際に、冗談で言ったことが警察沙汰になったり、日本は今、統一地方選のまっただ中だが、米国等では選挙活動などに影響を与えたこともある。

今の日本で言えば、新元号関連の嘘をつけば、人は信じやすいが、そんな嘘をついて後から冗談だと言われても、人々はああエイプリルフールねとはならないこともあり得る。それが、企業や個人の自粛へと繋がる訳だ。

まあ、SNSの発達や発展と、それに伴うリアルタイム共有拡散の弊害かもしれない。
これは、BBSがハンドルネームを自由に誰でも設定出来、違う人がなりすますことも出来るという特性だったため、情報の出所を信用しない人も多かったという特性に対して、SNSはその人個人が特定されている(住んでいる場所などは分からなくても、いつも同じ人が投稿している。

または同じ組織の人間が利用していると分かっている)ため、日頃の行動から見て信用するわけだ。
結果的に、一部の人向けに発したものでも、広がってしまうことはよくあるようだ。


では、エイプリルフールの嘘とはどういうものなら良いのだろうか?

一般に好ましいのは、それがすぐに業績や社会に影響を与えないないようで、笑える内容であることだ。


例えば、オーストラリアで新種のカンガルーが見つかったらしい。雄のコアラとメスのカンガルーから生まれたコアルー発見、といった話なら、きっと多くの人はエイプリルフールのネタとして喜んでくれる。

また、夏の猛暑懸念から、夏季オリンピック開催が、春季オリンピックに変わるとか……そういう話を、仲間内だけで口答で言って、すぐにエイプリルフールだからぐらいなら、十分楽しむことが出来るだろう。

毎年やっていれば、今年はどうだったかの採点ぐらいしてくれるかもしれない。


しかし、その人に直接関係すること、例えば○○さんが、キミのことを好きなんだってとか、誰々さんが亡くなったとか、そういうのは絶対にやってはいけない。
また、すぐに社会に影響を与えそうな内容。上記したように天皇の代替わりに関する話などで嘘をつくと、それが嘘でしたと後で訂正しても、それが悪い意味で拡散する恐れがある。

ただ、現実にそれをやってしまう人は多い。これは、難しく考えなくても、今日報道されている内容などから、思いつくため簡単にネタを作れるからだ。

そこが、エイプリルフールの怖いところである。まあ、マイクロソフト社など一部で否定的に動くのは、皆がこういうエイプリルフールとして使える話題を生み出せるわけではないのに、それを奨励すると、それを生み出せない人にとっては苦痛になったり、危険な嘘を信憑性高く、しかも広い世間に流して取り返しの付かないことになることが最近は得たからだと思われる。


<冗談と嘘>

新社会人で、エイプリルフールを楽しめる余裕がある人はまだ少ないだろうが、新年度のスタートにちょっと場を和ませようと、エイプリルフールの嘘を付こうと思っている人がいるなら、嘘は付かないことだ。日本でも世界でもついて許されるのは、冗談(Joke)で済むことある。例えエイプリルフールであっても。

エイプリルフールに凝った嘘をつける人は、日頃からネタを探しているものであり、冗談が言える人である。無理はしない方がよい。


笑い転げる猫 イエロー
spacerail

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エイプリルフールな日……新年度のスタート。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる