Android QはβPreview開始、8月頃にはPixelにOTAで登場かな?

Android Q(予定では10かな)が、Google Pixel向けのβプレビューとSDK(API Level 29対応)をリリースした。
https://android-developers.googleblog.com/2019/03/introducing-android-q-beta.html

Pixel 3を持っている人なら、以下URLで登録すればβテストが出来る。但し、不具合も毎回報告されているので、開発者でなければやらない方が無難である。2台3台持っているならサブなどで試して見てもよいかも知れない。
https://www.google.com/android/beta


尚、新機能はフォルダブル(折り畳み)関連の機能追加と、Vulkanへの最適化などいつも通りのパフォーマンスの改善と最適化、あとはアプリインストール時におけるユーザー側による利用承認機能をGNSS/RNSSに拡張するといった対応が多い。その他にも無線関連などで見直しなどがあるようだが、たぶん多くの人によって搭載されて喜ばしいのは、GNSS/RNSS(GPS)に関する承認機能であろう。

GPSデータを外部業者に垂れ流す不正なアプリが最近米国を中心に話題となったが、それを防ぐために、GPSのデータをアプリに通知するかどうかをユーザー側で指定できるようになる。アプリを起動しているときだけ、拒否、常に通知の3つの選択が出来るようだ。


ちなみに、Androidのアップデート状況(AOSPサポート状況)は以下の通りである。

画像


3月時点では、Android 7(7.1.0を除く)以上のバージョンが引き続き保守対象となっており3月5日に更新が始まっている※。Compatibility Test Suite(CTS)は2019年3月13日に更新されている。


※(これはGoogleからの通知であり、全ての当該製品に同時リリースされるわけでは無い。Android Oneモデルや、GoogleのNEXUS、Pixelでなければアップデートの提供はメーカー毎に変わるので注意。)



<Pieが始まったばかり……来年の今頃がQの時期……>

世間は今Android 9.0 Pieへの更新が始まったばかりだ。日本はGlobalで展開する製品をキャリアは使っていないことが多く、世界から見て2~3ヶ月ほど更新が遅いモデルが多い。遅い物だと1年ぐらい遅れて更新される。
いや、酷い物だと最初から更新が期待出来ない製品も未だあるので、Pieに更新出来るだけマシかも知れないが、Qが手に届くようになるのは、たぶん最短(買替えやPixelの更新、Oneの更新)で半年後頃から、一般的なサポートフェーズで9ヶ月~10ヶ月後以降だろう。

まだ、半年以上先のことだが、経過して見れば、あっという間な時間がこのぐらいの時間である。
このライフサイクルはこれからも続くだろうが、出来ればAppleがサポート期間を延ばしていることも踏まえて、Androidももう少し長いサポートフェーズを考えて欲しいと思う今日この頃である。







【ドコモ回線/要通信契約】SIMカード(事務手数料)【楽天モバイル】 【送料無料】【SIMフリー】【iPhone・Android対応】【格安スマホ】
楽天モバイル楽天市場店
※SIMサイズ、料金プランは通信契約のお申し込み時にご選択いただきます。 ※詳しくはご利用の流れをご


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック