Xperia 1は世界では厳しい?国内ではまあ売れるかな?

PC Watchの記事である。スペック表を詳しく載せるか迷っている。載せるなら、Galaxy S10の方が楽しいよなと思うぐらいに……。メモリーが多いとか少ないとかそういう話ではなく、噂通りだし、縦に長いし……イヤホンないし、ほぼXZ3までは無かったことになった。

今回私個人として残念なのは、21:9のディスプレイである。
iPhone SEまでは胸ポッケにでも収まる(走ったり屈んだりすると落ちる可能性があるものの)ほどだったが、5インチ台になると、棟どころかズボンの横ポッケに入れていても、落ちることがある程になった。そして、今回の1(Xperia 1、以下1)ほどになると間違いなく落ちるだろう。何でこれがトレンドなのか、私には実用面では全くもって分からないが、世間がそれを求めるから仕方がないし、もうそういう製品ばかりになっているから合わせるしかない。

そんなものという評価である。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1171439.html


<ソニーらしいデザインに戻っただけだが……離れた消費者は戻りにくい>

さて、この製品売れるのかというと、値段次第ではあるが結構厳しいだろう。

価格設定に失敗すれば、1については、もう一段シェアを落としてもおかしくはない。世界的に見ればという条件が付く。ただ日本はどうだろうか?イヤホン端子がないので、結局そういう需要は食えないだろうし、指紋センサーの位置もサイドに戻ったが電源とは別である。
さらに、Qi/PMAは非搭載に戻った。重量も軽くはなったが、Galaxyなども実は全機種より確か軽くなっていたはずで,差は縮んでいない。何というか、XZ1のデザインに戻って、結果的にXZ2や3で搭載した部分を戻すことになった見たいな面も多々ある。昨年1年で3歩交代して、1歩2歩進んだぐらいの印象だ。

21:9のCinemaScopeレベルのアスペクト比を喜べるような人で無ければ、痛い製品である。(尚私はCinemaScopeなら、上下帯があった方が好きなマニアである。こっちの方が映画館っぽい。)

まあ、後はカメラの性能がどの程度かで評価がまた変わるだろうが……

これを他社に追いついたとは云うには、足りない。まあ、多くの人は全体のMWCで発売される新製品の模様や登壇の模様(Youtubeなどで結構公開されている)を見ていないだろうから、日本では売れるかも知れない。海外では本当にお値段次第であるが、たぶん微妙だ。

発表登壇の映像も見たが、拍手はまばらだったのも印象的だった。


<ソニーモバイルに足りない物>

世界のフラッグシップの主流は今、折り畳みに向かっているように見えるが、それだけではない。
先週書いたが、12GBメモリー世代が投入され始め、ストレージ容量が512GB~1TB(1024GB)へと突入するなど、PCもびっくりな大容量時代へと突入した。

既にオーバースペックだが、それが6万~7万で手に入るモデルまで、OPPOやXaomiなどから投入される見込みである。日本の阿○キャリア(大手3社)がこういう製品を出すかは分からないが(出しても国内では高いはずだ)、昨年Huaweiが、高性能カメラのレビューと安価で高性能という点で売れたが、それが既に世界で起きている中国や台湾などのメーカーが出す製品が、ソニーモバイルの製品より安く、しかもスペック上は遙かに高性能な訳だ。

カメラなどの面で差はあれど、ゲーミングや動画再生などの性能を求める人から見れば、お値段が安くて、ストレージも豊富である。

それを見て、ソニーを選ぶのかというと、よほどブランド志向で無ければ選ばない。欧米では既にその流れが定着しており、米国でHuaweiは爪弾きだが、その合間に、XaomiやOPPO、ASUS、Samsungはあるし、欧州ではHuaweiの成長が著しい。

日本は幸か不幸か最強スマホを持つSamsungは韓国との政治関係上で嫌われ者、Huaweiは一時期メディアもこぞって商品を高評価していたが、今では危険な産物へと政治問題や情報対策による嫌悪がマーケティングに多大な影響を与える。お陰で、温室栽培のソニーやSHARPが海外では最初の1ヶ月ならともかく、2ヶ月3ヶ月でこの価格はないよねという程のお値段で売れるだけである。だから、ソニーは凄く見えるだけだ。


実際の数字で見れば分かり易い。ハードのスペックも3/4~1/2のメモリー(他社は8GB~12GB、ソニーは6GB)、1/4のストレージ(他社は512GBがフラッグシップ、ソニーは128GB)、Qi/PMAなしに退化(他社はありまたは他の機種への給電付きもASUSやSamsungで登場)、重さ軽くなりました(他社も軽くなってます)みたいな素晴らしい製品である。

正直、このスペックなら、Snapdragon 855ではなく、Snapdragon 7xx世代に抑えるか、敢えて845にして他社よりはっきりと安くした方が、爆発的に売れるだろう。これを見ると未だに1世代遅れているのが見え見えである。(SoC以外は1年前のフラッグシップが今のソニーである)


<1についてはお値段次第だが、ソニーが意気込みを語っている製品ではない>

という理由で、お値段次第と私は思うわけだ。

正直、日本メーカーではソニーぐらいしか世界展開をしているメーカーがないので、頑張っては欲しいが、現実を云えば撤退が近づいているような気がしてならない。また、1歩撤退に近づいたんじゃないかと思うのだ。だから、きっとこの製品も生産量はそれほど大きくしないはずで、それのお陰で品薄になるのを期待するぐらいだろう。

ただ、これは、まあ期待通りの期待なしだったが、この先を考えると、良かったという面もある。これはまだ5Gモデルとしてのフラッグシップではないと思われる点だ。(今回5G版は発表されていないが、MWCでは展示されているようだ)ソニーは5Gのためにスマホ事業を続けると言っていたからだ。

たぶん、もう1機種今年の後半~来年までにはフラッグシップを出してくるはずだ。そこで、折り畳みである必要はないとしても、少なくとも今他社のフラッグシップ機が掲げている性能を超えて、さらに半歩でも前に出てくるかどうかが、重要かも知れない。

もちろん、何度も書くが1でも価格面で他社をぶっちぎるお安さでも出してくると、きっと凄く売れるだろうが、きっとそれは無理だろう。ローミドル~ミドルレンジも発表しているから間違いなく、これは現時点でソニーのフラッグシップだ。その時点で下手に安い品には出来ないだろう。

もちろん、瞳AF搭載の3眼カメラの評価などで買う人もいると思うが、IFAで優秀だったXZ3も、実際の売れ行きは最初だけで、後はXZ1頃までとは全く比にならないほど悪い。これを打開するには、とにかく凄いインパクトが一つ必要だ。それが出せないと厳しい。それは、今のところ出せておらず、とりあえず1年前より前の原点に戻ってきたのが今だ。

そうなると、次が本命であり、きっと大きく浮上するチャンスがあるとすれば最後のチャンスになるだろう。
まあ、何かの間違いでも、1が売れればそれでも良いが……。これが外れる確率は、よほど一部のスマホマニアが浸水するDxO Markなどのカメラテストや価格面で、良いものを出さないと、MWCの他の新製品記事を見る限りでは厳しい気がする。

これが、去年のMWCで発表される新モデルなら、21:9ディスプレイはともかく、ここまで悪くは感じなかっただろう。


<他の機種はどうよ?>

ちなみに、Xperia 10や同Plusの方が、Stereo Mini端子搭載で、実は過去のXperiaユーザーからすれば良いかも知れない。ただ、SoCがSnapdragon 636/630なのでフラッグシップからの買替えだと、Snpdaragon 810世代からの買替えで無ければ、GPU性能/DSP能力などSoCの主要瀬能が前より落ちる可能性があり微妙である。(もちろん、メモリー容量の差や636の場合はストレージの差、OS差も出るだろうから日常では感じにくいだろう)

ゲーミング等特定のメディア演算が伴う買替えなら日本だとちょっと厳しいかもしれない。ソニーはミドルレンジでも、良さげなSoCスペックを外して下げすぎであったり、廉価で見ると高すぎるのが痛い。このスペックだと日本で登場するかは微妙で欧州など他の地域だとソニーブランドの価格で売ると割高になりそうだ。Snapdragon 660より上か、いっそ下げるなら400世代まで落として、バッテリーなどの容量を増やした方が良いのだろうに……。

たぶん、今のソニーモバイルは開発リソースが相当厳しいのだろう。そこで、自社の売りを最大限に売れ筋に集約しようとしているが、それが上手く世界市場の開発速度にマッチする(他社より選んでもらえそうな製品を出す)という点では追いついていないように見える。

それに、日本市場も閉塞していることで乗っかっているため、余計にソニーは厳しい状況なのかもしれない。








Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー USB急速充電器)iPhone / iPad / Xperia / Android他スマホ対応【急速充電技術PowerIQ搭載 / 折畳式プラグ搭載 / PSE認証済】 3A出力
アンカー・ダイレクト楽天市場店
・【※ご注意:Anker製品はAnkerDirectのみが正規販売店ですのでご注意ください】Anke


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック