なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS GeForce RTX 2060、346米ドルという価格的に微妙な存在。

<<   作成日時 : 2019/01/07 18:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

CESを前に続々と新製品が発表されている。このGeforceのラインナップ充実もその一環である。346ドル=37740.07円相当(1月7日17時の為替108.1377円=1ドルで換算)という点を考えるとこのままのお値段で日本にも入ってくるなら、きっと満足できる製品になるだろう。

ただ、為替差損を防ぐためのマージンが結構付くはずなので、4.5〜5.2万辺りになる可能性が高い。そうなると、GRAM 8GBののRTX 2070(TU106-400A、2060は300A)が射程圏内に見えてくる訳で(数量限定特別価格などが出てくると数千円差しかなくなるので)、なかなか難しい。

果たして国内ではどのくらいの価格で投入されるのかが、注目ポイントになりそうだ。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1161050.html
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1901/07/news092.html

ちなみに、私がもし買うとすれば、今後登場する予定のTU107である。
Geforce RTX 2050または2050Tiである。今が、GTX 750なのでTU107で十分である。これが、2万円台前半ぐらいなら検討したいところだが、2060がこの価格だと、なかなか難しいかも知れない。

マイニングブームは去ったはずなのに、GPUの価格は高止まりしやがった……と、昔タイの洪水でHDD価格が大幅に上がったときのようなデジャビュにため息をつくのである。


<価格競争が起きないハイエンドGPU市場>

まあ、私の気持ちと財布の中身(予算)の話はともかくとして、RTX 2060の性能は1070と同等か上回ることになるようだ。nVIDIA社のGPU進化は未だ止まることがない。

気になるのは、このところこのクラスでの新製品を出さないAMDの動きである。次世代であるNavi 1xシリーズと、Vega 2xシリーズを開発中であるというが、これらがRTXと十分に競合するのかどうかはまだ分からない。一応電力効率ではRTXを超えることを明言しているが、それは性能で上回るという意味ではない上に、昨年アナウンスしたのは、GPGPU専用(HPC)のカードだった。

AMDの不在は、nVIDIAのGPU価格が高止まりする原因になる。今年の中頃にはその製品が出てくるとされているが、CPU市場がそうであるように、GPU市場でもAMD不在は決して良いことがない。頑張ってくれないと、AMDを選択肢として検討することも出来ないから、CPUで成長している今こそ、GPUにも潤沢な投資をして、凄いといえるものを出してほしいものだ。







玄人志向(クロウトシコウ) GF-RTX2070-E8GB/DF (GFRTX2070E8GBDF)
ソフマップ楽天市場店
■玄人志向商品につきましては電話・FAX・メールでのサポートは一切ございません。詳細につきましてはメ


楽天市場



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GeForce RTX 2060、346米ドルという価格的に微妙な存在。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる