なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS Windows 10 1803累積更新でBSoDが発生する不具合…ビルドアップしなくても不具合。

<<   作成日時 : 2018/12/10 11:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

マイクロソフト社が先日公開した、11月27日の1803向けbuild 17134.441(ナレッジベース4467682)で深刻な不具合が発覚したようだ。この不具合は、Surface2を中心に起きているという話も流れている。

https://support.microsoft.com/en-gb/help/4467682/windows-10-update-kb4467682
https://japan.zdnet.com/article/35129855/

内容は、ブルースクリーンまたは黒い画面で例外スレッド(thread exception not handled.)のメッセージがエラーコードと一緒に表示されるというもののようだ。これは、米ZDNetが最初に報告した用だが……。これでは、1809などのフィーチャーアップデート(ビルドアップ)をすぐにしないユーザーも下手をするとこのドツボに填まる可能性があり、泥沼状態である。

https://www.zdnet.com/article/windows-10-blue-screen-microsoft-blocks-buggy-1803-update-to-surface-book-2s/


<保守サイクルの見直しは必須か?>

ちなみに、ITmediaはこんな記事を書いているが、今回の1803向けの累積更新におけるBSoDのバグが、国内でも報道されるようになれば、これどころでは無くなるかもしれない。年2回更新の流れはもちろん、アップデートの仕組みそのものに7時代のような選択制を求める声が再び出てくるかも知れない。

何故なら、これまではFeature Updateのトラブルだったため、アップデートを遅らせれば良かったが、今回はFeature Update以外でも深刻な不具合しかも、マイクロソフトのリファレンスPCであるSurfaceで発生したとなると、そのアップデート体制が問われるのは当然である。

既に、Insiderを1803でもするべきだという声もあるようだ。


まあ、年2回の更新はこれで崩れる可能性が高い。というか、さっさと年2の更新はやめて欲しい。
誰も既に得をしていない。機能更新は年1〜1.5年に1回もあれば十分だ。

現在これによって、当該のアップデートはブロックされているようだが……もう手遅れの端末も多いかも知れない。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Windows 10 1803累積更新でBSoDが発生する不具合…ビルドアップしなくても不具合。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる