なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS Windows 10 October 2018 Update(1809)の不具合は減ったり増えたり…

<<   作成日時 : 2018/11/29 14:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Windows 10 October 2018 Updateの不具合情報を更新した。iCloudが正常に動かない問題がiCloudのアップデートによって解消されたからだ。また、ネットワークドライブのの再接続が出来ない不具合に対する簡易対応策が公開されていたのでそれを追加し、解消時期が12月の初旬アップデートに変わった。

既に知っている人は知っているだろうが、これに11月の累積アップデート(ナレッジベース<KB>4467708)を適用した環境で、Windows Media Player12のシークバーが表示されない不具合の情報を追加した。

そして、 インテル製ディスプレイアダプタードライバ(24.20.100.6344, 24.20.100.6345、及びそれのOEM版)でDisplay Port経由で音声を出力した場合に音が出ない不具合を追加した。

後は、 RADEON HD 2000/4000で起きる不具合について、マイクロソフト社側も調査中だが、AMD側の保守が終わっている旨の注意事項通達を開始していることも明記した。まあ、HD 2000〜4000は昨年もW10でいくつかの不具合があり、OS側のHotfixが行われている。ここまで明記されたということは切り捨てに向かう可能性が高いだろう。

https://powerpro.at.webry.info/201810/article_6.html


iCloudの問題が解消されたのだが、11月21日にディスプレイアダプターの問題が追加され、メディアプレーヤーの不具合も入ったので、1減2増へと変わった。もう登場から2ヶ月が迫るが、ブロックが増えており一進一退だと感じる。

今回は、未だにかなりの不具合件数を誇っており、重症度が高いことが分かる。WMPやネットワークドライブなどは、その機能を使う状況に出くわさなければ、気が付きもしないのだが、ディスプレイアダプターとか、ピンポイントのハード不具合だと大変である。

実は、Windows10は11月27日(米国時間)に一斉に更新が掛かったが、今回1809は掛からなかった。たぶんここでネットワークドライブの再接続問題を直すつもりだったのだろうが、少し予定より遅れてしまったようだ。大方WMPの不具合とネットワークドライブの再接続の問題を一緒に対応するパッチに変更したのか?はたまた、Hotfixそのものに再び問題が見つかったのかどちらかだろう。

1809は、それだけ内部的に弄っているということかもしれない。そして、それが示すのは既に半期アップデートのやりかたが重荷になり始めているということだろう。


<いつになったら全開放されるのか?>

全ての環境へのインストールが正式に開始されるのは、今のところ12月中旬のどこかだと思われる。ただ、その時期は未だに明確になっていないことから、まだ不透明な部分があるのだろう。

これを見ると、機能の追加はさほど多くないのに、恐ろしく難産なFeature Update立ったことが見て取れる。ちなみに、来年は19H1というRSではない新レベルリリースになる。その準備で見た目は変わらなくとも内部を大きく弄ったと考えれば、来年は大丈夫かも知れないが、不安を抱く人は今回よりさらに多くなりそうだ。









Windows 10 Home 日本語版(Fall Creators Update 適用済) マイクロソフト ※パッケージ(USBメディア)版
Joshin web 家電とPCの大型専門店
【返品種別B】□「返品種別」について詳しくはこちら□2017年12月 発売* 本製品は、USBメディ


楽天市場



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Windows 10 October 2018 Update(1809)の不具合は減ったり増えたり… なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる