Windows 10 October 2018 Update開始……今回の機能更新は過去最少!?

Windows10 Octorber 2018 Updateが開始された。ちなみに不具合情報は、こちらである。

Updateの名称は、
Windows 10、バージョン 1809 の機能更新プログラム
である。

更新前には通知画面が表示されるようになっているので、更新を暫く見送りたい人は再通知をクリックすると良いだろう。
画像


但し、シャットダウンメニューには更新してシャットダウンや更新して再起動が表示されるので、更新したくない人は気をつけて欲しい。

画像





標準でWindows10がインストールされている環境なら、設定アプリの更新とセキュリティにあるWindows Updateから更新を掛ければ、すぐに更新が掛かるだろう。 古いOSからアップグレードした環境だと、まだ通知は来ないはずだ。まあ、敢えてやる人は少ないと思う。今回はSetsの更新も見送られ新機能と言える部分は、スマホ関連の同期とエクスプローラーのダークテーマなどを除いて存在しない。

ただ、今回は2ヶ月近くInsider Previewでバグ潰しが行われていたので、不具合は前回よりは少なくなるはずだ。
まあ、多分更新を始めればいくつか不具合が見つかるだろう。

画像


尚、OSのバージョンは17763(以下はInsider Previewの画面、製品版もビルドバージョンは17763.1)となる。

画像



今回追加される機能は、Windows HD Color(Display HDR)の追加詳細画面(ゲーム&一般アプリ向け)が追加される。

画像


メモ帳(Notepad)ではCRLFのみしか改行(折り返し)コードをサポートしていなかったが、UNIX/Linuxで主に使われるLFとCR改行もサポートするようになる。また、Bingで検索という項目が編集メニューに追加されている。

画像



また、HEIF画像のプラグインが標準で搭載されており、HEIF画像の閲覧が他のアプリなしにできるようになった。

画像



他に同期電話(Your Phone)アプリが追加されている。AndroidやiOSと連携するには良いだろうが、クラウドに情報を握られる面もあるので、ビジネスでは便利でも、使う必要があるかどうかはそれぞれの目的に合わせて考えた方が良いだろう。

画像


後は、Snipping Toolが完全に廃止される※。その代わりにスケッチを使うか、画面領域の切り取りを使うことになるわけだが、Snipping Toolなら常時表示しておいて切り取りをその都度行うことができたが、これらのツールは毎回ツールを起動しないといけないので使い勝手は悪くなる。まあ、タッチ操作などで直接文字を書き入れるのは楽になるかも知れないが……場合によっては「Alt」+「PrintScreen」(アクティブウィンドウの切り取り)やPrintScreen(画面の切り取り)ショートカットを使った方がよいだろう。



画像



※Insider Previewでは原則廃止されていたが、製品版では残っています。但し、起動後の画面に切り取りとスケッチへのリンク説明が表示されます。(以下参照)
画像




他にもBTデバイスの管理や再生照度(画面の明るさ調整)の自動化、アップデートタイミングの細かな見直しなどぱっと見では見えない部分の改良や改善は続いている。そのため、使って見ると極端な変化はないが、便利になったと思うことは多いかも知れない。まあ、Snipping Toolを多用しない人ならばだが、Snipping Toolを使いまくっていた人は、ちょっと使い勝手が悪くなるシーンもあるので、自分流の使い方を考える必要に迫られるだろう。







Windows 10 Home 日本語版(Fall Creators Update 適用済) マイクロソフト ※パッケージ(USBメディア)版
Joshin web 家電とPCの大型専門店
【返品種別B】□「返品種別」について詳しくはこちら□2017年12月 発売* 本製品は、USBメディ


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック