なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS AMD、TDP 45Wのモバイル向けRyzen 7と5を発表。

<<   作成日時 : 2018/09/19 17:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

AMDがモバイル向けのSKUとして、TDP/45WのRyzenを投入したようだ。4コア/8スレッドで35W〜のサーマル枠となるため、15.6インチモバイルノート辺りから使える製品となりそうだ。Intelを揺さぶる製品になるかどうかというと、まだ難しいだろうが、徐々にラインナップが充実し始めているため、そろそろ国内での採用も広がりそうだ。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1143728.html


<次のZen3Zen2への布石>

ちなみに、既にZen3Zen2のパフォーマンスモデルコア数は、12コア〜16コアになると噂されており、モバイル向けにも6コアや8コアが投入される可能性も出てきている。今回Ryzenのモバイルで上位拡充を図ったのは、主に省スペースデスクトップなどでのこのクラスの需要が高いと踏んでいるのかもしれない。

まあ、日本だと特にNEC-PCやFCCLなどのベンダーはデスクトップにIntelのCore i7を使っていることが多く、GPU性能が低い。ここに、Ryzen 7のモバイル向けHシリーズを導入すれば、ゲーミングもアドバンテージになるかも知れない。その代わり、SGX非対応なのでUHD BDは再生出来ないのは利用者によっては困るのか?いや、私でさえも困らないのに、困る人が居るとも思えない。

このラインナップの拡充はZen3Zen2への布石となるだろう。Ryzenの販売数も安定しており、数量も十分に提供できるようになった今、Zen3Zen2までにPC製造を行うベンダー側の足場を固めることが、今のAMDにとっての課題である。Ice Lakeが出てくるまでにそれをやること、さらにIntelのdGPUが投入される前に、RADEON搭載のCPUを売り込むというのもAMDが盤石になるためには重要だ。

今の市場シェアでは、Intelの牙城を崩しているとはまだ言えないのだから。


<4年経っても凄いIntelのプロセス技術も……>

しかし、Intelのプロセス技術は進んでいることが良く分かる。何せ、最初に14nmが登場したのは、2014年のBroadwell世代からであり、それもこの時期に少量のモバイル向けが投入された。あれから4年経過しても未だに最前線にある14nmを見ると、立ち上がりが悪く若干プロセス幅などの改良は加わったもののIntelのプロセス技術は他社を大きく超えていることを示している。

ただ、5年目はちょっと厳しい様相を呈している。既に7nm(Intelで言えば10nm相当)がスタートしたことで、明らかに今後は不利な方向に進むからだ。

果たしてIntelのIce Lakeは来年中に間に合うのか?そして、AMDのZen3Zen2はどれほどの製品性能とラインナップで投入されるのか?それによって市場の流れは大きく変わる年になるだろう。


今吹いているのはAMDに対する追い風であるが、今回のラインナップ拡充でどれほどのメーカーがAMDを採用してくれるかによっては、来年以降の販売も大きく増える可能性があり、もっとラインナップが増えていくという手応えにもなるだろう。

ただ、年内にモバイルを充実させるという割には、今回のラインナップ発表は少ないと感じたのも現実である。

多分Intelは、Ice Lakeでブランド名称を変えるか、モデルナンバーのナンバリングに変更を加えるはずだ。それが、予定通り来年に行われるとしたら、その時に、AMDがZen3Zen2で勝利できるかは微妙だ。ブランドが変わるだけで、評価はガラッと変わることも多いからだ。
だから、今の間にもう少しラインナップを広げて販路を拡大しておかないと、いけないだろう。今回はその一環だろうが、思ったより今回は少ないのが気に掛かる。まあ、バラバラと1ヶ月周期ぐらいで出続けるのかな?

まさか、これで終わりと言うこともないだろう。


ふしぎぐるみ様

>Intelが末尾Mを復活させるのかどうか気になるところ

AMDがcTDP35W〜50W製品群を出しましたから、可能性はあるのかな?AMDのこの製品群がどこまで市場を開拓できるかどうかで、復活させるかもしれませんけど。Intelの製品ラインナップは世代種別も含めて併売中の製品ラインナップは既に混沌としており、チップセットなどの外部委託製造まではじめましたから、よほどIce Lakeが更に遅れることがなければ、積極的には考えていないのではないでしょうか?


かるろす様

コメントありがとうございます。Zen2でした。調べるまでもない話で書き間違えていました。
ご指摘ありがとうございました。









YD2400C5FBBOX AMD AMD CPU 2400G(Ryzen 5 Raven Ridge)Radeon RX Vega 11グラフィックス搭載
Joshin web 家電とPCの大型専門店
【返品種別B】□「返品種別」について詳しくはこちら□2018年02月 発売【ご購入後のお問い合わせに


楽天市場



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Intelが末尾Mを復活させるのかどうか気になるところ
Corei5-8300Mとか今更需要は無いような
ふろしきぐるみ
2018/09/20 10:40
コメント失礼します

来年出る7nm zenはzen2です
http://ascii.jp/elem/000/001/702/1702331/index-3.html

ラインナップの予想では12nmなAPUは予定されてるようですが、14nm APU搭載ノートがやっと増えてきた時分なので来年までお預けな予感がします

かるろす
2018/09/20 17:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
AMD、TDP 45Wのモバイル向けRyzen 7と5を発表。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる