なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS オウム真理教、麻原彰晃こと松本 智津夫被告他、幹部複数で死刑執行……だけど、災害の方が重要。

<<   作成日時 : 2018/07/06 09:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

天気も心配なのだが、このニュースはたぶん今日よほどの災害が起きない限り、優先報道されるだろう。それほど、日本、いや世界にも影響を与えた事件を起こした人物の処刑である。ただ、どちらかというと、災害情報を優先してほしいものだが……

各社が記事を書いているが、最初に上げたのは毎日新聞社だった。

https://mainichi.jp/articles/20180706/k00/00e/040/163000c


この事件は、今の20代ぐらいだと知らない事件だろう。マインドコントロール(精神誘導、精神支配、制御のこと)を用いて、自分を崇拝する人物を養成した。それらを用いて宗教団体という皮を被ったテロ組織を作ったのだ。
世界初の都市部で毒ガステロを行ったのが、オウム真理教による地下鉄テロだった。東京の地下鉄で始まったこのサリン事件は、29人が死亡し、7000人近くが被害を受けた。今でも、後遺症に苦しむ人がいる。

この前には、坂本弁護士一家が殺され、さらに松本サリン事件でサリンの実験まで行われ、さらに警察庁長官狙撃事件という事件も起こした。

それだけではない。山梨県上九一色村(現在は、富士河口湖町と甲府市に分割編入)にサティアンと呼ばれる施設を作り、そこで自動小銃数千丁を製造していたことも、後の捜査で判明した。当時、AK-47カラシニコフ銃をロシアに渡ってまで研究していたほどだったという話も報道されたことがあった。
もし、この強制捜査が後数週間遅れていたら、大変な事態になっただろうという報道もあったほど、当時は恐ろしい事件だったわけだ。


そして、未だにこのオウム真理教の教祖を麻原彰晃を崇める教団があるため、しばらくは厳戒態勢になるかもしれない。


<計画された組織テロの脅威……だった>

生物化学兵器を使ったテロで、ここまでの被害者を出したケースは未だに、世界を見ても存在しない。
紛争などでは、時より起きるがそれでも、七〇〇〇名近くが被害を受ける事件は、起きていないのだ。そして、アルカイダやISIL/ISISとも違うのは、この組織は自爆テロではないというのも、凄いものだった。

だからこそ、もしも警察の家宅捜索が1ヶ月でも遅れて、銃器を使った無差別攻撃が始まっていたら、日本が崩壊することはないにしても、社会システムは今より遙かに悪い状況になっていたことだろう。

という話なのだが、既にこれも完了形である。いや、アレフなどの団体がある以上、これからもそれらの組織が破壊行動に動かないかを監視する必要があるだろうが、今、ここにある危機は雨である。

報道を災害に振っていない報道機関は、
後になって、関東で野菜価格が高騰とか、そういう報道だけするのは、止めてほしいものだ。
まあ、災害が起きても、今どこで災害が起きているかというニュースはそれより、ネタになりそうな話題があれば、そちらに切り替わる傾向がある。今ほしい情報があるなら、テレビ・ラジオにそれを求めるより、スマホに頼った方が良い時代になった訳であり、別にチューナー付きのデバイスで受け身に流れる情報に期待してはいけないのだ。


尚、我が家近辺の24時間積算雨量は152mmに達しているが、私が住んでいる町の山間の川の水位は、氾濫注意水位まであと13cm、避難判断水位まで33cmに迫っている。河川幅が広い都市部は、水防団水位には達してないが、上流にある2つのダムは放流量以上の流入で水位が上がっているので、今のまま明日まで降り続ければ、雨天下で放流し、水位が一気に上がることになりそうだ。

尚、国交省ではダムの水位情報を公開しているので、それらを確認すると良いだろう。(ただし、閲覧者が少し多いのか、時よりエラーになることがある)
http://www.river.go.jp/kawabou/schObsrv.do?init=init&gamenId=01-1201&fldCtlParty=no

また、気象庁ではレーダー・ナウキャストで現在の雨の状況を、
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

大雨警報(浸水害)の危険度分布で現時点またはこれからのリスク分布(浸水、土砂災害など)を確認できる。これらをしっかりチェックすることをおすすめする。
https://www.jma.go.jp/jp/suigaimesh/inund.html



−香菜子先生(死刑制度反対)様−

コメントありがとうございます。何故この記事に関心をもってこのコメントを書かれたのかがちょっと気になりますけど。
死生観や法概念については、人それぞれだと思いますが、一応私としての見解は書いておきます。

まず「罪を憎んで人を憎まず」という言葉について書いておきます。

この言葉は、元々、物事を判断するときに、感情的にならずに、その因果から状況を判断することを意味したはずです。端的に言えば、事件に対して、被害者が思う気持ちなどに流されず、その状況(前後関係、背景)から物事を考えることを、罪を憎んで人を憎まずという形で主に使います。○○さんが殺された、残された○○さん家族はどうだったとか、また、犯罪者に自分も同じ経験があると擁護する人はいますが、事実(客観的な証拠)を見なさいということです。孔子の言葉の方だとこちらになるはずです。

聖書の方も基本は同じです。これは2つ意味があり、1つは皆がそれを前提に少なからず悪事を犯しているという可能性(事実)というものを説いています。仏教などでもこういう教えはあります。さらに、善悪の教えにしたがった魔(悪魔)というモノと対比しています。
これで若干の例えを加えて説明しており、基本的に性善説(同じ宗教観を持つものが善かなと私は思っています)を緩やかに説いています。

その結果、
「罪を憎んで人を憎まず」は、悪魔(人の道理が通らない存在)なら裁くことが許されることも示しています。日本語だと「人でなし」ならば例外ということです。その言葉が持つ意味は、意外と残酷ですが、多くの人はそれを点で捉えていたり、全体を知っていても、解釈がそこに繋がる可能性を無意識に否定している人も多いものです。

「罪を憎んで人を憎まず」というのは、私の中では既に死語だと思っています。それは、感情的に罪の酌量を求めたり、より強い罰則を望む人が増えているのは現実にあります。それは、罪を見ている訳では無く、周りの人の心の動揺を見て同情しているに過ぎません。だから、法はもっと厳しくと、法はもっと軽くに分裂します。

私の中では、死刑制度の廃止を考えるなら、今の例えば多くの法で死刑に次ぐ、最高懲役刑扱いの無期懲役の廃止や、明確な年数化、求刑するかどうかは別として、懲役40年以上の長期刑の策定、終身刑の追加、企業の取引不正などに対しては、罰金の収益×割合による処分の制定なども合わせてやるなら評価されるかも知れないと思いますけど。

コメントで求めるモノじゃないと思いますが、先生という敬称を書かれている方でありながら、このBlogコメントに書かれた内容を見て思うのは、「諸外国から見て……。誰々という有名人も支持している」
という、そこが、死刑廃止が広がらない理由になっているのでは無いかと私は思います。

それは、「罪を憎んで人を憎まず」の観念にも実は外れているのです。何故なら、他の国ではダメなんだから、日本もすぐにと動揺させたいとか、焦らせたいということにも繋がりかねない。当該の人が言っていた言葉を聞いていないのでわかりませんが、その人は制度の見直し論点とそれに伴う弊害、今の法の不足点を語られましたか?ないなら、議論出来る状況にまだ死刑廃止を語る人々の心がないのです。死刑廃止という大枠の理想(ユートピア)があって、行けば上手く行くと信じているでは、意味が無いということです。諸外国は、理想ではなく、現実にある程度の大枠を自国の法を見て、問題点を議論し社会にも提案した上で、形にしました。

今、廃止を言われるとおりにやれば、拙速な法案が出てきかねない。
本当は、私が廃止を考えるなら……と上記したように、の言葉で人を動かすことが大事であり、1人1人がそれに対して、あそこが問題、ここは同調すると考えを示し合うことで、広がるものだと思います。


これは、香菜子先生(死刑制度反対)様の考え方そのものを否定している訳ではありません。
あくまで、誰々さんとか、諸外国で、ではなく法律なら法律の土台で、語らないといけないと私は思うのです。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
死刑制度が存在している国なんて世界中でも少数派。日本は人権後進国で世界中から孤立します。
今日のサンデーモーニングでもフォトジャーナリストの安田菜津紀さんが指摘していたとおりです。
被害者や被害者遺族が死刑を望む気持ちはあるのかもしれませんが、罪を憎んで人を憎まずという諺はもう死語になってしまったのでしょうか。
香菜子先生(死刑制度反対)
2018/07/29 13:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
オウム真理教、麻原彰晃こと松本 智津夫被告他、幹部複数で死刑執行……だけど、災害の方が重要。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる