ATOK辞書-広辞苑第7版は第6版と共有出来ない仕様……でもないらしい。

ATOK2018は、単体のパッケージバージョンが廃止され、一太郎2018を買うか、ATOK2017までで我慢するか、またはATOK Passportに契約するかの3者択一へと変わった。まあ、Justsystemとしては一太郎2018か、Passportに誘導したいということだろう。

そんな、一部難民が生まれそうな問題を生み出した、ATOK2018の話である。

私はATOK辞書にずっと広辞苑を使ってきた。5版から購入を始めて、第6版(優待版ではないリテイルインストール版)、第7版(一太郎2018プレミアム/スーパープレミアム付属)と進んでいる。その中で第5版からずっと広辞苑は次の版が入ると前のバージョンに上書きされるという問題がある。

第7版はいろいろお粗末な意味を載せて問題となっているというあれだ。まあ、いつものことと言えばいつものことなのだが(過去の版でもあった)、ちょっと気になるということで第六版と共有にリベンジしようと思った訳だ。

第5版でもだめだったので予想は付いていたが、まあ本当に予想通りだった。
元々、ディクショナリーファイル(拡張子DIC)と検索ファイル(DRT)は、どちらも広辞苑(KOUJIEN.dic)であるため、古いバージョンが入っていると新しいバージョンを入れる際に上書きされる仕様になっている。これは、広辞苑に限らないはずだ。

画像


ということで、ちょっと別の場所にコピって見ればと思い試してみたわけだ。
既存のファイルがある
C:\Program Files (x86)\JustSystems\ATOK\DRT\

に一つフォルダ(KOUJIEN D6)を作り辞書をコピーして、ATOKの環境設定から登録してみたのだが……登録までは出来た。しかし、一度環境設定画面を閉じて、再び開くと広辞苑第7版が2つになり、暫く経つと消えるようだ。

これは他の辞書でも同じような傾向(新しい版の辞書があるとそれに上書きされる傾向)があるので、そういう仕様なんだろうと思われる。辞書ファイルが多くなるとメモリーも消費するので、そうなっているのか、それとも私の環境では、既に10の辞書が入っているので、11個目が登録できないのか……動きを見る限りでは前者だろう。

ということで、失敗の話であった。


まあ、試してみたい人は以下の画像にある手順を試せば、どうなるか分かるだろう。見た限りではやっても暫く経てば、辞書登録が消えるだけのようだが、不具合がある可能性も否定できないので、試す人は、自己責任でやって欲しい。
もちろん、検索候補上には広辞苑の辞書候補は第7版しか出てこないので、ただ時間の無駄である。ただし、一太郎2018の辞書引きツールパッドには、それがATOK側に登録されている間は正しく第6版が表示されることがあった。2分間ぐらいの間だけだったが……。

もしかすると、うまく行く環境もあるかもしれない。まあ、わざわざリスクを冒してまで出来ないことを試す物好きはいないと思うが……しかも過去のATOK広辞苑を持っているマニアックな話である。

画像


画像



Fukapon様

コメントありがとうございます。

出来た人がいた凄い。うちの子はどこまで変態なのだろう。

改めて確認したのですが、うちはダメでした。直下置きも試してみて、リネームもやってお手上げ。
実はこれを書いた時にも、いろいろ試してまして……実は一番最初はシンプルにリネームしていましたがダメだったのです。その結果、一番動いたように見えたのが、記事に書いた方法でしたが、今(このコメントを読んで試した時に)は、もうどの方法を使っても登録後はすぐに消えるようになりました。だから、もう言うことは聞いてくれないみたいです。何か余計な一言を言ってしまった(作業をしてしまった)パターンか、または何か環境依存があるのかもしれません。

ATOK Syncの影響なのかなど、いろいろ試したことで、レジストリーにゴミが残っているのでしょう。たぶん早い段階で何かの作業に気が付くか、ある種の条件を満たせばいけるのかな?広辞苑第5版からやろうとしたのがダメとか。

出来る方がいたというのは、OSからスッキリ入れ直して、手動でDRTの登録だけを一本道で正しくやり直せば6版はスッキリ入るのかもしれません。ここの記事ネタにもなるかもしれないので、試して見たい気持ちもありますけど。

ただ、現実には

「このパソコンはもう広辞苑と一太郎だけのものじゃないって、わかってる?愚民……」(VS)
「私はVSを常に支持する。」(Unity)
「実は僕達、セーブファイル以外にも隠しファイルが隠れているんです。」(AD/PD)
「ふっ、たかだか最上位でも3万のソフトだろう。そんなものは放っておけ。今の環境こそ大事だろう。」(MSO)
「やりたきゃやれば、でも履歴とか全部戻せるかな~。前回も苦労したよね~。」(AS)

とVisual Studioや、Unity、MS Office、Audio Direcotor(特にこいつは酷い)とPower DVDとか、Adobe製品が申して、否決されました。まあ、私自身が同一環境をもう一度再構築するのが、面倒くさいだけなんですけど。これは、バックアップで出来るものでもないですから……。

いや、でも動く環境があったということは、レジストリを虱潰しに確認すれば、いつか……必ずや。


折角良い情報を頂いたのに、申し訳ありません。
ただ、タイトルも出来る人がいたということで、修正しました。
とりあえず、PCを買い換える日が来るか、またはクリーンインストールせざるを得なくなったら、試してみます。

コメントありがとうございました。また何かあれば、教えていただけると幸いです。



一太郎2018 プレミアム 通常版
ジャストシステム
2018-02-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 一太郎2018 プレミアム 通常版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




一太郎2018 バージョンアップ版 ジャストシステム 日本語ワープロソフト【返品種別B】
Joshin web 家電とPCの大型専門店
在庫状況:入荷次第出荷□「返品種別」について詳しくはこちら□■新製品■2018年02月 発売※この商


楽天市場 by 一太郎2018 バージョンアップ版 ジャストシステム 日本語ワープロソフト【返品種別B】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

Fukapon
2018年07月26日 18:56
初めまして。同じことを考える人がいるんだなぁと思いながら書いています。
「KOUJIEN6.DRT」にリネームして、「DRT」フォルダに入れたらうまく行きませんか。手元ではそれで、6版、7版が共存できています。
電子辞典は「DRT」なので、電子辞典を使うためなら、これだけあれば間に合います。手元の環境では「日本語辞典」が15種類入っていますので、10種類で引っ掛かってると言うことはお察しの通りないのだろうと思います。動いちゃったので試していませんが、別フォルダにあるとは言え同じファイル名になっているのがまずいんじゃないかなと。ジャストシステムの情報を読む限り、DRT等フォルダ直下にファイルを置くべきのようです。

この記事へのトラックバック