輸血で肝炎、女性死亡 献血者シカ生肉食べ提供……献血前に生肉は食べない方が良い。

毎日新聞の記事である。ジビエの鹿生肉を食べた人の血液を輸血した人が、E型肝炎ウィルスに感染して亡くなったというものだ。
https://mainichi.jp/articles/20180201/k00/00m/040/129000c

ちなみに、E型肝炎は誰でも劇症化するとは限らない。たいていは、症状も出ないことが多く、最終的に症状も出ずに治る。しかし、免疫力が低下している人、癌などで放射線治療や薬物療法を受けている人、免疫不全症(エイズなど)を患っている人。そして、小さな子供とお年寄りはこのウィルスが入ると劇症化しやすい。

劇症化すると今回のように死亡することもある。そのため、厚労省でもジビエ肉の生食は推奨していない。個人で食べることを禁止しているわけではないが、基本的には生では食べないことを推奨している。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/08/h0819-2a.html

しかし、地域によっては生で食べる文化が根付いている地域もあり、それ故に里山のある田舎(主に東北以北に集中している)を中心に、文化は残っている。そして、結構肝炎を発症する人はいる。実は、2016年の国立感染症研究所の調査では、年間数百件の症例がある。
https://www.niid.go.jp/niid/ja/hepatitis-e-m/hepatitis-e-iasrd/6616-437d02.html

だから、日頃食べているからと炒って、絶対に患うことがないとも言えない病気である。

今回の場合は、たぶん日頃から食べていた人か、たまたま食した人が、献血をしたのだろう。しかし、HEVウィルスが血中にあり、それが抗がん剤治療を受け、免疫抵抗力を抗がん剤で落としていた患者に輸血されてしまったため、ウィルスが強くなってしまったと考えられる。善意で行ったことが、人の命を奪ってしまったというのは、ちょっと後味の悪い話である。特定している辺りをみると、本人に患者が亡くなったことを伝えたかは別として、確認したのだろう。

これは、今でこそ検査態勢が確立されており、輸血、献血のルートも分かるため、最終的に何が原因だったか判明するが、昔はそれも不十分だったため、輸血感染は結構多かった。まあ、血液や血液製剤で肝炎ウィルスに感染したりというのは今に始まったことではないのだ。血液製剤では多くの人がHIVに感染したというミドリ十字事件が有名だ。

昔は、献血ルートまで特定されることは少なかっただろうが、今はそこまで特定するだけに、折角献血で貢献したと思っていた人にも思わぬ形で、そういう不幸を知らされるとしたら少し怖い話である。

善意のつもりで、献血した人がこれを見て苦しまないことを祈りたいものだ。


この手のニュースはある程度広まるべきニュースだが、一方で善意として行った行いが、結果的に誰かを苦しめたと貢献者が考えてしまうような世の中になれば、いざという時に、貢献してくれる人がいなくなってもおかしくない。だから、難しい問題である。
この手の問題が起きないようにするには、献血をする人は、献血前2から3週間以内に野生動物の生肉(生焼けを含む)を食べていないなど確認することも大事だろう。それは、ジビエブームにある現在においては、全国で行った法がよいのだろう。


まあ、これからもこういう血液感染は出てくるだろう。何せ、ウィルスには毎年いくつか新しいものが見つかっており、それらが何を宿主にしているか、どこにいるかなどが発覚するものもある。即ち、輸血リスクは今後も産まれ続ける訳だ。もちろん、HEVやHIVのようにリスクが高い物は既に少ないと思うが、今後もゼロとは限らない。SFTSのように新しい物が出てくるかも知れない。

そう考えたときに、献血してくれた人が、苦しむような流れは作ってはいけない。それは社会の相互扶助を考える上ではとても大事だろう。そして、こういう事件が起きたときには、過去からの流れも含めて、今後もあり得ることと、ここから同じ事を繰り返さないように、皆が学んで欲しいと伝えることが大事なのである。


黒毛和牛 A5等級 こくうま霜降り切り落とし メガ盛 800g (200g×4)
セゾンブシェ(森田商店)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黒毛和牛 A5等級 こくうま霜降り切り落とし メガ盛 800g (200g×4) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック